(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

近親相姦、弟の包茎を手術させて始まったセックス

サイキ

918-2-0762.jpg 

  両親を亡くして5歳下の弟と生きてきた。
私も結婚もせず今年で30歳になっていた。
まだ弟が一人立ちするまで二人で頑張るつもりでした。
それが弟に彼女が出来ていっちょ前にセックスしようとしてペニスを彼女に見られて笑われたそうで落ち込んで帰ってきた。
そんな落ち込む弟に
「ねえどうして笑われたの」
「僕包茎なんだよ」
「包茎ってどのくらいなの」
「口で言うより見てよ」
と言ってペニスを出しました。確かに皮に覆われていました。
「皮は全然捲れないの」
「うん無理に捲ると痛いんだよ」
「じゃ一人エッチする時はどうしてるの」
「このまま皮の上から擦るんだけど」
「そう・・・・」
これは姉の私が何とかしないと思い
「病院に行って手術してもらいなさい」
「病院ってどこの病院に行けばいいの」
「整形外科か泌尿器科と思うけどお姉ちゃんもよく知らないのよ」
「うんわかった調べて行くよ」
「その時にね先生と相談して小さいようだったらついでに大きくしてもらいなさい」
包茎が7~8万円で増大が15~8万円だと弟が聞いてきた。
可愛い弟の為にお金を用意した。
あれから3ヶ月が過ぎて
「なあどうなんやあんたのペニスは」
「おかげ様でこうなったよ」とズボンを下げて見せてくれた。
おおっ立派なペニスになっていた。
「これなら女の子にも自慢できるね」
「そうだけど初めてはお姉ちゃんと決めてるんだ」
「それは嬉しいけど姉弟やからセックスは出来ないよ」
「それは僕もそう思うけど許されるならお姉ちゃんとしたい」
「そこまで言われると考えちゃうわね」
「お姉ちゃんって処女なん」
「違うわよ」
「じゃ僕に教えてよ」
「う~ん迷うわね」
「なあいいだろう」
「コンドームもってるの」
「もってないけど薬局で買ってくる」
「そこまでしたいのなら仕方ないか」
「今ゴム無いけど出る時は外に出すから」
これが弟との近親相姦の始まりでした。

近親相姦に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報