FC2ブログ

近親相姦、姉が運転中の弟のジッパーを下ろし - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



近親相姦、姉が運転中の弟のジッパーを下ろし

123-2706.jpg 

  あれは私(34歳)の時です、姉(37歳既婚)と親戚の法事に行く為に姉の家に姉を迎えにに行きました。
姉を車に乗せると「尚、ごめんパンスト買うからコンビニ寄って」と姉、姉は買ってきたコーヒーを私に渡すと「これ飲んで」と言うと助手席でパンストを履きだしました
スカートを捲り上げた時に小さなベージュのパンティが見えてしまいました前面がレースのパンティから微かにヘアが透けていました。
姉は「見えた?姉ちゃんのパンツじゃ興奮しないよね」とクスクスと笑っていました、
私も最初は意識していませんでしたがしだいに運転しながら先程目にしたベージュのパンティのことばかり考えていました。
それから姉に対するやらしい想像は止まりません、姉は他にどんなパンティを履いているのだろうか?
旦那さんはあのパンティの中に手を入れているんだ!パンティを脱がされた姉は脚を開き旦那に激しく突かれているんだ!
旦那の勃起したモノに舌を絡ませ喉の奥までくわえているんだ!
私の想像は止まりません…。

法事も終わり姉を送る途中思いがけない姉の言葉に驚きました。
「尚、尚は浮気したことある?あのね…トシ(旦那)が浮気したのよ~、
でもいいの!私も浮気するの(笑)」姉の言葉に私は無言で運転を続けました。
すると姉の手がゆっくりと私の股間に…運転しながら姉と一瞬見つめ合いました、そのまま近くのスーパーの立体駐車場の奥に車を停めました。
舌を絡ませ激しくキスをしながら姉は私のズボンのベルトを緩め私は姉の喪服のスカートを捲り上げパンスト越しに愛撫しながら背中のファスナーを下ろしていました。
姉のパンストを破りパンティの横から指を入れるともうヌルヌルになっていました、姉は「尚ちゃん、尚ちゃんのチンポ美味しいよ、姉ちゃんは尚ちゃんが大好きなんよ」と口走りながら激しくフェラチオをしてくれました。
ワゴン車の後ろの席に移った二人はほぼ全裸、シートに手をついて四つん這いになった姉の後ろから突っ込みました。
姉は「尚ちゃん気持ちいいよ~、尚ちゃんのチンポ気持ちいいよ~、もっと突いて尚ちゃん」姉は身体を反り返らしながら喘ぎ続きました。
私は姉の中にあっという間に果ててしまいました、姉は物足りなかったのか少ししぼみかけたチンポを口に含むとネットリと舌を這わせフェラチオをしてきました
姉は私を寝かせると自ら上になりゆっくり腰を沈めてきました「ウッ」と声を漏らし次に激しく腰を振りながら「幸恵(姉)は尚ちゃんに犯されに来たのよ、
姉ちゃんを犯して、姉ちゃんを無理矢理犯して、姉ちゃんをオモチャにして」姉はやらしい言葉を発しながら激しく腰を振り続けました。
それを機に今でも月に数回関係を続けています、因に姉は疑似レ◯プがお気に入りです。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.