(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

女の告白、夫の上司の巨根で逝かされて

サイキ

1232-0759.jpg 

  41歳の主婦です。
最近体重が増えてきたので近所のテニスサークルに入りました。
そこは主人の上司がいました。
入って5日目で急な運動でお尻がつってしまい主人の上司が休憩室へ肩を貸してくれました。
そしてマッサージをしてくれましたが つった場所がお尻なのでお尻を揉まれました。
「ちょっとジャージのゴムが邪魔だな」とジャージのズボンを下げようとするので「いいです もう大丈夫ですから」と言うと
「なんも変なことをするつもりじゃないから なんだよ」と
怒り気味に言われ 主人の上司ということもあり
「すみません これ以上は申し訳ないんで」と言うと
「なんも遠慮しないでいいから ほら」と言われ
私はうつぶせでされるままにズボンをおろされました。
そしてお尻を揉み始めましたが明らかにさっきよりも
揉み方がいやらしくなってました。
内モモのギリギリのところを揉まれ私の身体も反応してきました。
「この辺を集中してマッサージしようか」と内モモとお尻のギリギリを触り 開いたりされ次第に開いたりされるとクチョクチョと恥ずかしい音が聞こえました。
私は恥ずかしくなり
「もう大丈夫です ありがとうございました」と言うと
「恥ずかしがることはないよ 女性はみんなマッサージしたらこうなるんだから ここの休憩室はこの時間誰も来ないしキミも旦那も悪いようにはしないから」と言われ
この時間誰も来ないと言う言葉に火照った身体が反応し「主人にバレたら」と言うと「もちろん二人の秘密だよ ほらお尻を高く突き出してくれるか?」と四つん這いの格好になった私はパンティを脱がされました。
そして主人もほとんどしてくれないクンニをされました。
お尻をがっちりと抑えられねっとりと舐められあっという間にイキました。
「キミは敏感だね 可愛いよ」と言うと 今度は四つん這いの私のお尻の穴を舐め出し指でクリをいじられ全身が性感帯のなったような感じでした。
「もう我慢できないだろ 入れるかな」と言われ「はい」と答えると入り口におちんちんが当たりニュルっと入ってきた途端苦しいほどの広がりをしました。
「濡れてるからスムーズに入りそうだな」と入ってきました。
メリメリと中を広げて入り 奥も主人とするときよりもはるかに奥まで入ってきました。
「私のデカチン 美味しいだろ ほら動いてやろう」と動き出すと感じすぎるほどでした。
「出そうだ いいかい?」と聞かれ
「はい」と答えると激しいピストン運動にイキまくりになり彼も私の中でさらに大きくなるとピクンピクンとなりました。
それからテニスサークルで会っても普通にテニスをします。
でも男性メンバーと楽しく話をしてると休憩室に呼ばれてエッチをされちゃいます。
私がしたいときはわざと男性メンバーと仲良くし呼び出されるようにします。

女の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報