(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

夜の公園での野外プレイ中出しが最高に気持ちいい

サイキ

11236-0002.jpg  

  僕と彼女は、野外プレイや露出が大好きです。
昼間は普通にデートをしているのですが、
居酒屋で夕食を取る頃から怪しくなってきます。
カウンターに並んで座って、お酒を飲みながら・・・。
股間に手をのばしてきたのは、亜紀(仮名)が先でした。
彼女は僕の右側に座っているので、
左手をそっと延ばしてくるだけで触れるのです。
けれど、僕が彼女を触ろうとすれば右手を使わないといけません。
だから、食事をしながら触るのは辛いのです。
「ねえ、ほらほらあ」
亜紀は僕の右手をつかんで太腿の付け根に導きます。
前にボタンのあるジーンズのミニスカートですから、
ボタンさえ外せば触り放題。
むろんカウンターの下ですから、誰にもわかりません。
亜紀はもう濡れ濡れで、おまんこに指が吸い込まれていきます。
その途端、半立ちだった僕のものもビンビンに。
それをまた亜紀が上手に刺激してくるのです。
でも、僕たちはまだ食事中です。
もうパンツの中はじゅるじゅるなんだけど…
で、食事を終えた僕たちはいつもの夜の公園へ。
そこには沢山のカップルがいますから、
当然いろんなことをしているのが目に入ります。
その中で僕たちは、まあ過激な方だと思います。
まず亜紀のパンティーを脱がせました。
僕とデートをするときはいつも、
そのまま出来る穴開きパンティーか、
すぐに脱がす事の出来るひも結びパンティーです。
この時は紐だったので、スカートの中に手を突っ込んで紐をほどき、
それを掌の中に丸めて剥ぎ取りました。
その手の動きや布の擦れなどが微妙な動きだったのでしょう。
亜紀は既にのけぞっています。
人の目のある場所だという自覚がまだあるのでしょう、
出そうになる声を必死で我慢していました。
クリトリスを弄んだり、ヴァギナに指を入れたりしているうちに、
亜紀もだんだん大胆になってきます。
自分がどこにいて何をしているのかが
だんだん麻痺して来るんだそうです。
亜紀は僕のズボンのファスナーに手を伸ばして下げ、
中から僕のものを引っ張り出します。
僕は彼女とデートするときからこうなるのはわかっているので、
パンツをはいていません。
ファスナーが下がると、
さっそく開いた天窓からちんぽがそそり立ちます。
「ほら、回りに見えるだろ。はやく咥えろよ」
根元を両手でいつくしむようにつかんだ亜紀は口にほうばります。
舌先を絡ませるようにしてねっとりとしゃぶってくれる亜紀。
僕も亜紀のスカートの中を指でこねくり回します。
その度に彼女の舌の動きが止まり、
そのかわりに激しくバキューム。
口壁にへばりついたちんぽが最高に気持ちいいって言ってます。
こうして一回目のフィニッシュ。
亜紀はとりあえず僕が一回イクととても安心します。
そして、今度は自分の快感にふけるのです。
もうこうなると彼女は場所なんてわきまえません。
彼女のスカートのボタンはすべて開いていて、
腰のホックだけでとまっている状態なのです。
そして足を思いっきり広げて、
左足を隣に座る僕のひざの上にまで乗せてきます。
彼女はノーパンなので通行人からは丸見えです。
もっとも暗いから見えないでしょうけれど、
アソコそのものが見えなくてもどういう状態かは
一発でわかるはずです。
もっと丸見えなのは僕のちんぽ。
一度イカされたとはいえ、まだまだしぼみません。
彼女と付き合っているうちに
すっかりタフになってしまいました。
亜紀はスカートを脱いで、僕の上に座ります。
そして、その上から一枚の布になったスカートをかけて
結合部分を隠します。
けれど、何をやってるかは一目瞭然。
「あぁ、はあん、あん、いいん、ああ~ん、もっとぉ、ああん」
人目をはばからず亜紀は声を出し、僕も腰を突き上げます。
キスをしたり軽く服の上から触ったり、
服を脱がさずに手だけを差し込んでいたりした周りのカップルも、
僕たちに影響されて行為が激しくなります。
斜め向かいのベンチでは女の子がオッパイを放り出して、
ゆさゆさとゆれています。
僕は亜紀の乳首は触りません。
なぜなら、彼女の一番感じるところだからです。
イク寸前に集中的にいじめてやると、ものすごく亜紀は感じます。
そして、そのまま膣をキューって絞めて僕を導き、
同時にイクことができるのです。
だから、その瞬間までおあずけなのです。
そして、とうとうその瞬間がやってきました。
「あう、ああ~~、ぅぅぅぅぅ」
小刻みな痙攣が彼女を襲い始めます。
こうなるともう完全に亜紀は理性がなくなり、
僕のオモチャです。
彼女のTシャツを捲り上げると、
ノーブラなので乳房がプルンと踊り出ます。
腰の動きに合わせてゆさゆさゆれる彼女の胸。
僕は乳房を親指と人差し指でつまんで固定します。
すると乳房がゆれるたびに激しく乳首がひっぱられるのです。
スカートはとっくに振動で下に落ちて、僕たちのアソコは丸見えです。
「アキャ、イ、イ、ああだめ、もうダメ、
ああーん、い、いくうううぅぅぅぅぅ」
亜紀の声が静まり返った夜の公園に響きます。同時に激しい締め付け!
ぐちゅぐちゅに濡れた彼女の中で、
僕のちんぽはまるで攪拌されたようになります。
まるで彼女の中をミミズが這いずり回っているみたいな。
僕は2回目の放出をしました。
今度は亜紀の中です。もちろん生です。
これまで僕たちはずっと中出しをしてきました。
どちらに原因があるのかわかりませんが、
危険日にやっても妊娠したことがありません。
これからもずっと僕たちは中出しです。

アブノーマル体験に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報