FC2ブログ

女の告白、甥っ子との止められない関係 - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



女の告白、甥っ子との止められない関係

1607-0410.jpg 

  私は43歳の子供のいない主婦です。
今25歳の甥っ子との関係を止められません。
始まりは、甥っ子が13歳の時でした。
甥っ子がうちに泊まりにきたのです。
その時は夫が長期の海外出張していた時でした。
もちろん始めは普通に叔母と甥っ子という関係でした。
当時私の家の浴室の窓は曇りガラスになっていたのですが、少し窓が大きかったので、防水のロールカーテンを取付けていました。
先に甥っ子が入り、家事を終えた私が後から入ると、違和感はあったものの、
それが何かは分かりませんでした。
そして、気づかないまま私が裸のまま、お風呂掃除を始めた時に、ロールカーテンの向こうの窓が少し開いていた事に気付きました。

普段は閉めたままだし、開けるのは、私がお風呂から上がって、パジャマを着てからという習慣になっていたので、
お風呂を沸かした時には開いていなかった窓が開いているのはおかしかったのです。
甥っ子が暑くて開けたのかもな~くらいに思っていました。
リビングに戻ると、甥っ子の顔は赤く、良く観察してみたら、ジャージのズボンがテントを張っているように見えました。
当時30を超えたばかりの私は注意をするよりも、甥っ子をからかう方を選んでしまいました。
いわゆる下ネタの質問を甥っ子にすると、初心だった甥っ子の顔はさらに赤くなっていました。
そして、「叔母さん、1人で寝るの怖いから、一緒に寝てくれない?」と私の方からベッドに誘いました。
戸惑う甥っ子の手を引くように私たちの寝室へと連れて行くと、
ベッドに寝て、私は甥っ子の頭を抱きかかえるようにしながら、
「こうやって寝てあげる」と甥っ子の荒い鼻息がパジャマのボタンの隙間から胸に当たっていました。
夫がしばらく不在にしていたせいか、その鼻息のせいかは分かりませんが、
さらに私は甥っ子をからかう様に、パジャマの上着のボタンを上から2つほど外しました。
甥っ子の鼻息が直接掛かり、私も少し興奮し始めていました。
「ボタン、外したかったら、全部外しても良いのよ?」と甥っ子の耳元で囁くと、
間があったものの、甥っ子が震える手で不器用に私のボタンを外しました。
外し終えた甥っ子は私の上着の裾を背中の方に回してしまっていました。
甥っ子の鼻先が私の乳首に当たるくらいの距離感になっていました。
落ち着いていた振りをしていましたが、私も乳首が固くなっていくのは分かりました。
とうとう甥っ子の鼻先が私の乳首に触れてしまうと、甥っ子もタガが外れた様に、
私の乳首を舐め始めました。
私は舐めやすいように頭を抱えていた腕の力を弱めていました。
「たくさん甘えて良いのよ。」と私は甥っ子に言いながら、仰向けになり、上着を脱がされ、上半身を舐め回されていました。
そのうち、甥っ子の手が私のズボンの中にも入ってきました。
初めてのぎこちなさが余計に私を気持ち良くさせていたのか、私は自分からズボンを脱いでいました。
パンツ一枚の姿とは言いながらも、すでにたくさん甥っ子に触られていたので、パンツは横にずれて毛がはみ出しているはしたない姿になっているのに気付きながらも、私の足の指先まで甥っ子が舐め回してくれるので、放っておきました。
そして、パンツをさらにずらされて、私は直接アソコを舐められていました。
甥っ子はまだパジャマ姿のままです。
叔母が一人で全裸に近い恰好になり、からかうはずの甥っ子に良いようにされ、声まで上げていたのです。
甥っ子は私のパンツを脱がすと、そのままお尻を突き出すような姿勢になった私のお尻の穴まで舐めていました。
甥っ子の舌が這わなかった所がないくらいまで舐められました。
甥っ子は鼻息を荒くしていたものの、言葉は発さずにいました。
そんな甥っ子のズボンとパンツを私が下げて、少し手でしごいてあげた後、咥えてあげると、甥っ子は30秒もしないうちに私の口の中で果てました。
私はからかうつもりで、咥えたままでいると、すぐに復活しました。
それには少し驚きましたが、甥っ子はまた私が咥えたままでしたが、69のような体勢に自分からなって、私のアソコを舐め始めました。
そして、我慢できなくなった私が上になって、甥っ子の童貞を奪ってしまいました。
ところが、さらに驚いたのは、大きさとかではなく、すごく私にフィットしたのです。
どこにあっても、ピンポイントに近い状態で、私の一番気持ち良い所に触れられているような感覚になりました。
私は初体験の甥っ子相手に、イッテしまったのです。
しばらく抱かれていなかったせいか、年齢的な性欲かは分かりませんが、
私はその後も求めました。
その晩、合計3回しました。
甥っ子は呆然とした表情でベッドに寝ていました。
私は急に恥ずかしくなって、背中を向けて、そのまま寝ました。
だけど、翌朝、サル化した甥っ子は朝を利用して、私を求めてきました。
その求めに私も応じてしまいました。
それから甥っ子は学校帰りなどに私の家に来るようになりました。
ちょうど学校と甥っ子の家の中間の位置に私の家があったので、姉には気づかれていません。
甥っ子は私を満足させようと、必死にHしてくれました。
キスや愛撫もものすごく濃厚だし、挿入行為もあれこれと考えながら腰を動かしているのも分かりました。
私はそういうHにはまっていました。
夫が出張から帰ってきて、抱かれたのですが、夫本位なHでは気持ち良くならずにいました。
その不満を甥っ子にぶつけるようにHするようになっていました。
実家で親戚の集まりがあった時も、顔を合わせているのに、2人きりになるチャンスがなかなかありませんでした。
私は途中の買い物を利用して、甥っ子を連れだして、その道中の車の中で甥っ子を襲っていました。
高校生になった甥っ子は、体つきも大人になり、私をさらに満足させてくれるようになっていました。
私一人が甥っ子の愛撫だけで汗だくになってしまうくらいになっていました。
何も用事が無いのに、甥っ子の学校まで車で外から様子を見に行ってしまうくらい私は甥っ子にはまりました。
甥っ子に彼女が出来た時にも、予行演習をしてあげました。
大学生になり、1人暮らしを始めた甥っ子の部屋と私の家を行き来しました。
同世代の彼女ともHしていることは黙認していました。
私は彼女以上に甥っ子を満足させようと必死になっていました。
夫とレスだったわけではなく、甥っ子に試そうとしていたことを、夫で試すようにもなっていました。
夫も喜んでくれていました。
ところが、甥っ子が就職してから、なかなか会えないでいると、私たち夫婦もいつの間にかレスになっていました。
そして、たまに甥っ子に会った時に、私は発散するように弾けるくらいになっていました。
そんな関係が今でも続いてしまっています。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.