FC2ブログ

告白、大学の教授にメロメロにされ - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



告白、大学の教授にメロメロにされ

11236-0001.jpg 

 入学して2年目の夏、高校時代の友人3人と湘南に出かけました。
海の家を拠点にして、楽しんでいると、大学の教授が散歩してるのに出会いました。
教授は40代でイケンメンで魅力的なので、学友の話のタネになっていました。
あいさつすると教授の別荘が近くにあり休みになってからきていると話し「よかたら、お友達と遊びにいらっしゃい」と言われ、3人でお伺いをすると、歓迎され料理を取り寄せてご馳走になりました。
私が取り組んでいる科目で、休み明けにスペインで発表するのに教授に指導を受けたい課題があったので二人だけになった際、相談すると「休み中に解決するには時間がないな、2,3日泊まりがけでここへ来たらできるんじゃないかな」と言われ、私は差し迫ったこともあり、お伺いする日を決めて皆と帰りました。

 3日後に資料をもってお伺いし、教授にいろいろ訂正されたり、新たにこうしなさいと指導され、一段落して「今日は終わりにしよう」と言われ、夕方になっていたので、車で海に面したレストランに連れて行かれました。
イタリアンレストランで、ワインを戴きながらお話をしていて、教授は2年前に奥さんが亡くなられ、子供ができなかったので、都内で母と二人暮らしをしており、この別荘は父が残したものだ」と言ってました。
教授は「母は今、船旅で1カ月ばかりいないのでこちらで静養がてら来てる」と話してました。
教授から「彼は居るの」と聞かれ私は「今はいません、高校を卒業する前に好きだった同級生と付き合い、大学に入っても3カ月くらいお付き合いをしましたが、別れてしまいました」と正直に答えました。
家に戻り、私の休む部屋を案内され、教授が入浴した後、私もお風呂をいただき休む部屋にいると教授が「こちらに来て話をしないか」と言われ私がもう着替えてますから」と言うと「僕もこのような姿だよ」言ってドアを開けパジャマ姿でした。
私も、その気になりパジャマ姿で居間に行き、ソファーに腰掛けると、教授はカクテルを作り、グラスを持ったまま私の横に座りグラスを渡し、乾杯をする動作で飲みました。
ぶるーの甘い飲みやすく、たちまち空けてしまいました。
私が「美味しい」と言うと「もう一杯飲みますかでも、酔うかな」言われましたが私は「欲しいです」と話すと立ち上がってご自分の一緒に作ってくれました。
二杯目も飲んで、先生の教室のことなど聞いてるうちによいが回ってフワアーとした気持ちになり先生に寄りかかってしまいました。
気がつくとパジャマの前のボタンを外され、ブラジャをしない胸を両手で包み込むようにし、乳首を指先で擦りながら揉まれました。
そして、私の手が先生のパンツの中で大きく硬くなっているのを握らされていました。
恥ずかしさと、なんとなく期待感が混ぜ合って、酔いもあり、胸を揉まれ、首筋に舌を這わされて、快感を感じていたので、握っている先生のを扱くようにしました。
先生の愛撫にぼんやりしながらされていると、陰部から溢れ出て下着を濡らしてました。
先生が片手をお腹のところからして下着の中に手を差し込んで陰部に指先が触れると「こんなにおつゆを溢れさせて」と言いながらクリちゃんを擦るので私は「ああーん」と声を漏らしてしまいました。
先生のペニスは同級生のものと違って大きく反っていて凄い感じでした。
先生は私の膝に足を絡ませ脚を開かせ、指で中をいじられたりクリを擦られたりされ私は体を痙攣させて果ててしまいました。先生に悪いような気持でペニスを扱きながら「先生の大きくて硬いですね」と囁くと
「元彼のはどうだった」と聞くので、こんなに大きくはなかったですし、先生のは反ってる感じ」と呟くと「君のおっぱいが弾力があって小さな乳首と揉んでて勃起力が高まるよ、
ほら小粒のお豆がかたくなってる」と言いながら指が中に出し入れされ、ピチャピチャと音を立てられて愛撫され私は再び果てました。
先生の部屋に連れて行かれ、ベットの前で裸にされ、先生も裸になり、抱きしめられ口づけを交わしながら先生が陰部をいじるので私もペニスを握って扱きました。
ベットの端に腰掛けると私の足を開いて顔を埋めおつゆを吸ったりクリを舌の先を硬くしてつつくようにされ、ながら指を浅く出しれしたり深く入れて指先を動かされ、私は夢中になり先生の頭を抱え悶えました。
先生が立ち上がってベットに腰掛け「君もやってくれ」と言うので先生のを口に含みました、これは初めての経験でした。
せんせいは「顔を動かして」と言い手胸を揉み、指で陰部を擦られていました。
ベットに上がって体を密着させ口づけを交わし、陰部を硬いペニスで擦られ、開かされた脚の間に体を入れられ、
ペニスの先でクリをこすったり割れ目をなぞったりし、浅く出し入れをされるので思わず腰を反らすと奥深く突きたてられ抜いては突かれ抜いては突かれ頭のてっぺんまで響くようでした。
先生は横になり後ろから挿入して抽出を繰り返しながら胸やクリを愛撫し、起き上って、私におおいかぶさるようにして行為を続けてました。
同級生は入ってすぐ終わるのでこんなにされるのは初めてでした。いろいろな体位で責められ、私は何度も果てた後先生は私を浴室に連れて行き、シャワーをし、シャボンを両手に付けて私の全身を眺めながら洗うようにされ私にもシャボンをつけさせてそそり立っているペニスや玉玉を洗わせ、私の左足を持ち上げて肩に乗せ、深く入れて突かれるのでたまらない気もちでした。
後ろ向きでされお尻を突き出した格好で後ろからズボズボと突かれていましたが「イクイク」と言って、抜くとドクドクと射精しました。
先生って本当に凄いと思いました。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.