FC2ブログ

女の告白、短小包茎早漏の旦那の代わりに - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



女の告白、短小包茎早漏の旦那の代わりに

fe005.jpg 

  私は42歳の専業主婦です、


旦那は45歳で会社の代表取締役です、


家計や人柄は問題無いのですがアッチのほうが問題有りです、



短小包茎早漏の三拍子なんです、


私も数人の男性と関係しましたがその中でも一番小さいほうです、


じゃなんで結婚したのかってそれは旦那の財産ですよ、


元々資産家で多くの土地を所有してるし


裕福な家庭でしたので玉の輿に成りたくて結婚したのです、


でも夫婦生活にはかかせないセックスでは


物足りなくて困っていました、

そこで三人いる子供の中で次男に目をつけたのです、


次男はおとなしく内気で人見知りする子で


小さい頃から私の後ばかり付いて来る子でした、


今17歳の高校生で体格も立派に育ちましたが


性格は小さい頃と変わらず内気です、
多分彼女も居ないと思います、


その次男が通学の途中自転車で転んで捻挫して


学校を休んでいました、


下着と服の着替えをもって次男の部屋に行き


「孝弘これに着替えなさい」


と言って着替えをべットの枕元に置きました、



「お母さんも手伝ってよ」


来ました来ましたチャンス到来です、


「ちょっと待っててね」
「何処に行くんだよ」


「タオルを濡らして来るわね体も拭きたいでしょ」


これで次男のペニスを見れると思うと嬉しくなりました、


タオルを濡らして次男の背中を拭き胸も綺麗に拭いて


「足も拭く?」
「うん」


ズボンを下げて脱がし足を拭きペニスを指差して


「ここはどうする」
「そこは自分で拭くからいいよ」


「どうせ拭くならお母さんが拭いてあげるよ」


と言ってパンツを脱がせました、
少し抵抗しましたが強引に脱がせたのです、


やはり思った通り立派に育っていました、

>
皮も剥けていて亀頭が出ています昔見たペニスです、


ペニスを優しく掴んでタオルで拭いていると
やはり硬く勃起してきました、


予定通りです、
「あら孝弘起きて来たわね」


「お母さんが触るからだよ」
「じゃついでだから出しちャう」


「出すって擦ってくれるのかよ」
「ええそうよ」


今回は手で出すだけにして


次の時に私の中に入れようと思います、

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.