(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

近親相姦、義父に逝かされメロメロに

サイキ

11234-0483.jpg 

  24歳、昨年見合いで結婚させられました。
それと言うのは、兄が結婚して、私のいる部屋が隣同士で兄嫁の喘ぎ声などが聞こえるので、、両親達が私の結婚を早めたのです。
主人は4歳年上で、勤め先は遠くで週末の金曜日に帰ってきて日曜日に出かける日々でした、家には52歳になる義父が居て近くの農協の役員をしており、主人の母は数年前にがんで亡くなってました。
結婚して半年ほど過ぎた頃、よる寝ていて何か上に載られている感じがし、主人かと錯覚をしましたが気づいて、逃れようとしても義父に抑え込まれ、胸を揉まれ続けられました。首すじに舌を這わされ、脚の間に義父の膝が絡められいくらもがいても逃れませんでした。
私は「お父さんやめてください、お願いです」と懇願しましたが義父は圭子が雅彦にオマンコをしてもらいながら、嫁に来てから次第によがり声やあえぎ声が激しくなるのを聞いているとたまらなくなるうだ」言いながら膝を陰部に押しつけて擦られ、私も生理前で体が疼いていたので、感じてしまい、陰部か濡れていました。
逃れることを諦め義父のされるままになっていると、義父は腿の所から指を差し込んできて「こんなに触れてるじゃないか」と言って陰部を執拗に愛撫され、脚を開くようになっていました。
義父に手をつかまれ義父のペニスを握らされました。
義父のは太くたくましく硬く勃起していて、握っている私は思わず扱いていました。
しばらく愛撫を続けてましたが、義父は私から離れると、自分の部屋に行ってしまいました。
私は置き去りにされた気分で浴室に入ってシャワーで洗っていると、ドアが開けられ、裸の義父が入ってきました。
主人のとは違って立派なのを勃起させ、私を立たせると抱きしめて、硬いものを股間に押しつけ擦られ、私の前にしゃがむと私の左足を持ち上げ肩に乗せ、陰部を舌でなめながら指を中に淹れてこねるようにされ、主人にはない快感を感じてました。
私は思わず義父の頭をつかんで「お父さんいいわ、いいわ」と叫んでしまいました。
義父は立ち上がると私を後ろ向きにさせ、腰を抱えるようにして後ろから挿入してきました。奥深く突かれる度快感が頭のてっぺんを貫かれるような感触でした。
浅く出し入れを繰り返してるといきなり深く突きたてられ、私は気が変になり、義父が「けいこのオマンコいいぞ、よく締まるな」と言われるので私も「お父さんの大きくて凄いです、もっといじめてください」と叫んでしまいました。
浴室から出て体にバスタオルを巻いて義父の部屋に入り義父はバスタオルを取り除いて私の体を眺め、全身をくまなく舌を這わせ、陰部をを執拗に攻めてるので私は堪え切れず「お父さん、イクイク」と言って果てました。
義父は少しの間ゆっくりと胸などを愛撫しながら、陰部に舌を這わすので私は次第に感じてしまい、「「アアーー、イイイー」と声を漏らすと義父は指で中を責めながらクリトリスを舐めまわしたり責めるので気が狂いそうななりました。
義父のが入れられ、長い時間、いろいろ体位を変えて責められて義父は「けいこ、生理前と言っていたので中に出すぞ」と言われ、私が「お父さん、もう駄目、へんになります、いく~」と叫ぶと義父は「俺もイキそうだ、一緒に行こう」と言って突きまくられ、義父がドクドクと射精した後も私は変になり止まらなくなり腰を震わせていました。
すると、義父が「けいこ凄いな、ほらまた勃起してきたと言い、そのままつづけられました。
行為の後、私が熱いタオルを絞って義父のを拭いていると義父は「圭子、久しぶりにいい思いをさせてもらったよ、雅彦には悪いが、時々圭子を求めるからな」と言うのでわたしは「悪いお父さん、でも好きです」と話すと義父に抱き寄せられ、その夜は二度三度と責められ、義父の精液を受け入れました。

近親相姦に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報