(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

3P体験、バーでゲットした、痩せ&デブおばさん2人とヤリまくり

サイキ

11234-0395.jpg 

  以前、よく通ってたバーに行くと、背の低いムチムチなおばさんと色気のない痩せたおばさんがふたりで呑んでた。薄暗いから、よくわからなかったけど30後半から40半ばぐらい? 終電もない時間で、客はこのふたりだけだった。
  
店もヒマなのか、店員がひとりでカウンターに立っていた。俺もそこそこ呑んでたので、酔っ払ったおばさんたちと打ち解けた。
色気のないおばさんは見た目によらず、けっこう下ネタOKで、貧乳に触っても全然OKで、カラオケでデュエットしながらかなり生地の薄いワンピースの上から尻を揉みまくった。手に伝わるのは生尻の感触でたぶんTバック。
このおばさんはヤレそうだと思い、ウィスキーを奢りながらもうひとりのおばさんには聞こえないように「お姐さんとヤリたい」と誘った。普段はこんなナンパはしないけど、誘ったら本当にヤれそうだというぐらいノリのいいおばさんだった。
だけど意外とこのおばさんガードが固く、チュッとキスしたりしてくる割にのらりくらりと躱してて、なかなかセックスに持ち込めそうになかった。
もうムラムラしてて収まりがつかなかった俺は、小太りのおばさんに目をつけた。身長は150ぐらい?体重は70には行ってないぐらい?グレーのスーツ姿で、痩せたおばさんより少し歳上に見えた。
痩せおばさんがトイレに立ったときに、横に座っていろいろ話してると、だいぶ飲んでるっぽかったけど明るくて楽しい人だった。
「もう一杯イケるでしょ?◯◯さん、このお姐さんにも一杯出して」店員にオーダーしながらストッキングを履いた太ももに手を置くと、おばさんがビクっとした。
太ももを触ってる手に手を重ねてきたけど、抵抗が弱かったのでそのままサワサワを触り続けた。
痩せおばさんが戻ってきて、おばさんたちに挟まれた。痩せおばさんと旦那の性生活を聞いて、「満足できてないんじゃない?」なんてチャチャと入れながら、時々ウィスキーをあおり、反対側に座るデブおばさんのスカートの奥まで手を入れてた。
デブおばさんにも夫婦生活のことを聞いてみた。痩せおばさんは、再婚したてでけっこう現役で子作りにも励んでたが(既に前の夫の子供が二人もいるんだけど)、「うちはもう全然。たまに酔って襲ってくるけどね」とセックスレスではないけど、ご無沙汰っぽい。
デブおばさんは肝心なところに触れると、ぎゅっと太ももを閉じてきたけど、触っても何にも言わなかった。痩せおばさんも触らせてくれたけど、ワンピースの丈が長いのでさすがに中には入れられなかったけど、服の上から恥丘の当たりを触った。だいぶ面積の小さなパンティっぽかった。
「こら膀胱押すなってば・・・またトイレ行きたくなっちゃう」痩せおばさんは俺が触ってることもバラして、またトイレへ駆け込んだ。またデブおばさんの股間に触れると、ストッキングに小さな穴が空いてて、指をねじ込むと直接パンティに触れた。
汗ばんでしっとりしてる股間の柔らかい部分を押し込むと、「ダメだって、気づかれるから」とずっと無視してたデブおばさんが初めて言及した。
「指入れていい?」デブおばさんに耳打ちすると、痩せおばさんみたいに躱したりしなくてウブだった。「そんなのダメだって」そういうデブおばさんの言うことを無視して、ストッキングの穴を拡げて右手をスッポリ突っ込むと、ぽちゃぽちゃした内股を撫ぜたり、パンティに縁に指を引っ掛けて忍ばせたり。
シャリシャリした陰毛に触れ、指先でかき分けてヌメヌメした湿地に触れた。「いたずら、ダメやって・・・ん・・・」デブおばさんのスカートはたくしあがって手を突っ込んでるのが丸見えだった。クチュクチュと弄ってると、他のお客さんが大勢来たので、手を抜くと痩せおばさんと入れ替わりでデブおばさんがフラフラとトイレへ向かったので、こっそり後を追った。
トイレは一旦、店から出た奥にある男女共用のトイレだった。おばさんがトイレのドアを開ける前に声をかけて抱きついた。ムニュっと柔らかい唇を奪うと舌を送り込んだ。
最初は頑ななおばさんも抱き合ってるうちに力も抜けて、舌の侵入を許した。身体の力が抜けたおばさんを広めのトイレに連れ込むと、大きく穴の開いたストッキングの中に手を入れてパンティの中に指を入れた。
クチュクチュとさっきの続きをすると「あん・・・」と、おばさんから甘い声が漏れた。おばさんが離れようと必死に押してきたけど、おばさんの中の指は暴れまくってしっかりとほぐし終えた。
小柄で柔らかい身体を抱きしめて、シャツのボタンを外すとブルンっとしたおっぱいにも指を食い込ませた。
おばさんを便座に座らせると、ストッキングに手をかけてパンティごと脱がせて手マンを続けた。手の平がどんどんと濡れてびしょびしょになってきた。
「あっ・・・あっ・・・」指を広げると真っ黒な陰毛の奥に、歳のわりに綺麗な肉穴が見えた。デブおばさんや痩せおばさんほどの熟女を食うのは初めてだった。
「ダメだって・・・イヤ」中腰でおばさんの割れ目に肉棒を押し当てると、体重をかけて一気に貫いた。「ああ!!あああああああ!!!」悲鳴のような声をあげるおばさん。「おばさん、外に聞こえちゃうって」ちょっとビビりながら、デブおばさんを犯した。さっきまでお姐さんと持ち上げてたけど、挿入してからは「おばさん」呼ばわり。
デブおばさんが陥落したので、おっぱいをむき出しにして乳首も揉みながら、旦那とご無沙汰の肉穴を堪能した。熟したマンコがこんなにいいと思わなかった。風俗で35ぐらいの人妻とセックスしたことがあったけど、このおばさんは可愛かった。
おばさんは背中に手を回してきて、抱きついてきたので「おばさん、旦那とどっちが気持ちいい?」普段はそんなこと言わないけど、おばさんを苛めたくなってそういった。「そんなこと言えない・・・」と言ったけど、おばさんの態度を見ればそれだけで十分だった。
「気持ちいいんだ?じゃあ、中に出してあげるね」「ダメ・・・それだけは・・・」おばさんはそういったけど、体重をかけて深いところを突くと「あっ・・・んっ・・・いやっ・・・」と言葉にならず大きな声で喘ぎまくった。トイレの外にまで聞こえてるだろうけど、このトイレでセックスするのは皆やってることだった。
デブとはいえ、小柄なおばさんなので抱えるのは大変じゃなかった。ぐいっと持ち上げて、密着すると人妻の肉穴にたっぷり精子を注ぎ込んだ。「あっ・・・イクっ!!イクっ!!」射精したあとも尻を引き寄せてズコズコを精子でヌルヌルになった熟マンを貫き続けると、おばさんが仰け反った。
便座におばさんを座らせると、ドロっとした白い汁が便器の中に垂れた。ぐったりしてた、デブおばさんは、「どうしよう・・・」とメソメソ泣いた。聞いたら、こんなふうに他の男とセックスしたのは初めてだったらしい。中に出されたことよりも若い男に溺れて浮気した自分にショックだと言ってました。 
デブおばさんと一緒に店に戻ると、痩せおばさんが他の客に口説かれて尻を揉まれてた。見ると、スカートをたくし上げられて手が入ってるようだった。滾るような性欲がなくなったあとだったけど、自分の女を盗られたみたいでムカっとしたので痩せおばさんに話しかけたときに、薄い唇を重ねた。
舌先で歯を触るとすぐに痩せおばさんも応じてくれた。痩せおばさんは、ディープキスしながら他の男にマンコを弄られてた。「ん・・・ん・・・」とキスのせいか、ペッティングのせいかわからないけど痩せおばさんの喘ぎ声が頭蓋骨を伝わってきた。
「さっきまで、エッチしてたんでしょう?」意地悪く、痩せオバサンが言うので、「お姐さんも試してみる?」というと、「3人で・・・?」と冗談っぽく笑うので、「泰子(おばさんの名前)はもう女にしたからさぁ・・・今度は亜紀さんと」というと、痩せおばさんはニヤっと笑った。
「ちょっと外で待ってて、すぐに出るから」と店の外でデブおばさんと、痩せおばさんを待った。しばらくすると、痩せおばさんが出てきて、「さっきの人、やらせろってしつこいからさぁ・・・」セックスしたの?と聞くと、「好みじゃないからさ、ちょっとだけね」痩せおばさんはそれ以上言わなかった。
受付のおばちゃんに困るんだけどねぇ・・・とイヤミを言われたけど、なんとか3人でラブホに入ることができた。
デブおばさんを四つん這いにして、パンパンと尻肉にぶち当てるセックス。それを見ながら、痩せおばさんはオナニーしてた。痩せおばさんは恥丘にちょっと毛が残るだけで、ほとんどパイパン。
黒々したデブおばさんの人妻マンコにまた中出しすると、ドロっと出てくるところをみて、「うわ・・・すごい」と興奮してた。
デブおばさんは、ハァハァと息を切らせて、そのまま横に倒れた。俺も疲れて仰向けになってると、痩せおばさんがデブおばさんの愛液で汚れた肉棒を口に含んだ。イッたばかりで敏感なのに、痩せおばさんのフェラチオはすげー気持ちよかった。
痩せおばさんが、デブおばさんとセックスするところ見せてくれたら、なんでもやらしてあげると耳打ちしてきた。デブおばさんとしたばっかりだったから、痩せおばさんと最初にしたいというと、「若いんだから、それぐらい出来るでしょ?朝まで時間あるんだからさ」とニヤニヤ笑った。
3Pするといったとき、デブおばさんはびっくりしてたけど、痩せおばさんが「私だって初めてだから。今日だけ。3人の秘密・・・」とデブおばさんを説得した。
「ちょっと、また私とするの?」身を捩るデブおばさんを脱がせながら、愛撫してシャワーを浴びずにベッドに押し倒した。柔らかい身体にキスマークをつけまくって、乳首を吸いながら愛撫した。
痩せおばさんも裸になって、俺の肉棒をフェラチオ。さっきの精子がまだ残っててドロっとパンティを汚してる肉穴を指でほじくると柔らかい襞が指に絡みついてきた。
精子がついたままの指を痩せおばさんに見せると、「ダメ、そんな手で弄ったら」と精子のついた指をしゃぶった。デブおばさんは息子がひとり、痩せオバサンは子供がふたりで新しい旦那と子作り中。もうカラカラになってる肉棒を無理やり立たせて、痩せおばさんは跨ってきた。
「すごい・・・固い」痩せおばさんは、腰を使ってグチョグチョ音を立てて飲み込んだ。パイパンだから、割れ目が広がってクリトリスが飛び出してるのがよく見えた。かなり大きいクリトリスだった。
指一本で触ってあげるんじゃなく、小さなチンチンを掴む感じで皮に包んで上下してやった。「あっ!・・・ああぁ!!」相当これがキクらしく、痩せオバサンは仰け反って手を握ってきた。
痩せおばさんが覆いかぶさって、キスしてきた。ピチャピチャと貪り合ってるのを、見ているだけのデブおばさん。腕枕でデブおばさんを引き寄せると、3人で絡み合った。
デブおばさんに金玉やアナルの近くを舐められながら、痩せおばさんの肉穴に精子を流し込んだ。「今、子作りしてて妊娠しやすいから気をつけてね」痩せおばさんがフェラチオで備え付けのコンドームを被せてくれたけど、デブおばさんがアナル舐めをしてきて、その最中にコンドームを外してきた。
そして手で生の肉棒を痩せおばさんの肉穴に導いてしまった。痩せおばさんだけが、それに気づいてなかった。「ちょっと中で出てるよ」痩せおばさんが身体を起こしたけど、もう全部流し込んだあとだった。
おかげで、約束のアナルSEXはさせてくれなかったけど、もう十分おばさんたちとセックスした。結局、4回射精して全部中出しした。5回目のときはもう射精できなかった。
「3P、またしようね」痩せおばさんはそう声をかけて先に帰って行った。デブおばさんとはずっと手を繋いでた。
3Pはあのとき一回だけだったが、デブおばさんとはなんだか離れるのが惜しくて、あの日からずっと不倫してる。毎回、避妊もせず中出ししてるが、デブおばさんは注ぎ込まれるのが快感になったみたいで、泣きながら抱きついてくる。
ちなみにデブおばさんは46歳、痩せおばさんは40歳。痩せおばさんはSEXもうまいし魅力的なんだけど、マルチをもちかけてきたので敬遠するようになった。デブおばさんとも単にバーの常連同士ということで、特に友達というわけではないみたいで、安心感のあるデブおばさんとばっかりセックスしてる。

3P体験に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報