(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

好きな女を自分のものにする(実話告白)

サイキ

 去年の初夏のこと。おれはまた性懲りもなく渋谷のクラブAに来ていた。目的はナオに会うためだ

。ナオと知り合ったのはその1ヶ月前。始発までヒマをつぶすためにさして興味もない女の子と話し

ていたところ、たまたまドリンクを持って現れたのがその子の友人のナオだった。
 ひと目惚れだった。165cm以上はあるBLENDAモデルっぽい長身に小麦色に日焼けした肌。今どきの

お姉ギャルスタイルに男をバカにしたような、挑発的な切れ長の瞳。アルバの黒のタンクトップにジ

ーンズの短パン。そこから伸びた長くて触り心地のよさそうな脚を見ただけで思わずよだれが出そう

になった。

 19歳のナオにとって、身長も低く、30過ぎのオヤジのおれはあきらかに侮蔑の対象でしかないらし

く、シカト同然であしらわれただけだった。胃の腑が燃えるような屈辱感と、頭がおかしくなりそう

なほどの劣情が、電流のようにからだを突き抜けた。あのピチピチのからだを自分のものにしたい。

からだじゅうを舐めまわし、オヤジのセックスの味をからだに刻んでやりたい。

 そのためなら何だってやってやる。殺人を犯しても強盗をおかしてもナオをおれの女にする。汗を

飛び散らせながら乱れるライトの光のなかでからだをくねらせ、ギャル男の声援をあびながら踊り狂

うナオを見ながら、おれはねっとりとナオの長い脚を視姦し続けた。

 結局その夜もナオと話せたのはものの5分足らず。すぐに取り巻きのギャル男たちのなかへと消え

て行った。だけどおれは満足だった。やっと携帯番号を教えてもらったからだ。友人のコネでイグジ

ビットのライヴチケがタダで手に入ると教えたからだ。数日後六本木のクラブへ初めて二人で行くこ

とに成功。

 その時はいつもよりさらに大胆なファッションでおれの眼を楽しませた。オレンジのビキニからこ

ぼれそうな美乳に見とれていると「ってか何みてんの、金とるよマジで。」と憎まれ口をたたかれた

が、ナオは上機嫌だった。なるべく下心が見えすぎないように注意してはいたが、あとで聞くとおれ

のエロ視線には最初から気がついていて、からかって楽しんでいたらしい。

 それから1ヶ月、ある蒸し暑い夜のこと。部屋で寝ていると突然ケータイが鳴った。ナオからだ。

はやる気持ちを抑えて電話にでると六本木で飲んでるのだが、しつこいブラザーが離してくれないの

で迎えに来いという。よほど酔っているのか電話の口調がいつにも増して甘えっぽく、媚を含んでい

るように聞こえる。

 こんなチャンスは二度とないかもしれない。おれはすぐさま車に乗った。車のなかでナオの肢体が

目の前にチラつき事故りそうになるほどだった。最近ナオはおれに心を許しはじめているふしがある

。彼氏とはうまくいってないらしいとナオの友人からも聞いていた。

 いちど話している途中強い視線でナオを見つめたとき、ふと戸惑うようにナオが視線をそらしたこ

とがあり、おや?と思った。はじめてナオを本当に自分のものにできるかもしれないと思った。六本

木のNに辿り着くとナオはかなり泥酔状態だった。抱きかかえると大柄なナオのからだから、ムンと

甘酸っぱい汗の匂いがして頭がクラクラした。

 酔っ払いどもをなんとか振り払って車のバックシートにのせ、寝てろと言い置いておれの部屋に車

を走らせた。「ああンッ・・ううッ・・はンッ!」ベッドのうえに組み敷きしつこくディープキスを

くりかえすと、ナオはしだいにからだを弛緩させていった。もう何をされても逃がすつもりはない。

夢にまでみたナオの甘い息の匂いに、頭がおかしくなりそうになりながらチュッチュッとバードキス

を加え耳元で囁き、またねちっこくディープキス。

 朝までじっくりと味わうつもりだったので焦る必要はなかった。わざとクーラーをタイマーにして

おいたためそろそろ部屋に暑さが戻り始めている。もう逃げないからシャワーを浴びさせてというの

を許さず耳たぶからうなじ、肩から二の腕に鼻先をうずめナオの汗の匂いをたのしみながら、手のひ

らでお尻や太股を撫でまわす。

「ああンッ、オヤジ超エロいよお・・。」服を脱がさずナオの両手首を押さえつけて、裸の脇の下に

吸いついていくとナオは泣くような嬌声をあげてからだをくねらせた。これだよこれこれ、これを何

度想像したか。おれは笑い出したくなるのを抑えながら、ナオの横から最高の太股に吸いつき、指を

まるでクモのように這わせながら脚全体を味わってゆく。

「あッ・・あッ・・ああ嫌ッ・・!」ナオの口から声がとまらなくなっていくのを、横目でみながら

おれはジーンズの短パンのうえから太股のあいだをくすぐり膝の裏からふくらはぎ、そして汗でムレ

ムレになった足へとネトネトと舐めまわしていく。「ああッ・・そこは駄目エッ!」足のうらに鼻を

うずめて匂いを嗅ぎ、ペロペロと舐めまわすとナオは腰を跳ねあげて逃げようとする。

 汗と埃で蒸れたあの足の匂い。思い出しただけで勃起してくる。両足の指を1本ずつ口に含み、味

わい、短パンのむこうにあるナオの蜜の味を想像した。痺れきった頭でナオの脚にすがりつき、ゆっ

くりと指を舌をつかってねっちりと舐めあげていくと「ああンッ・・ああンッ!」今までの生意気な

姿からは考えられないような、かわいらしい喘ぎ声をあげながらナオは両脚をこすりあわせる。

 短パンのボタンをはずすと、焦れるように自分から腰をうかせるのを見ておれは内心ほくそ笑んだ

。黒のTバックから濃厚な匂いがユラユラと鼻先をくすぐり、それを伝えるとナオはイヤイヤをする

ように首を振った。そこからタップリと時間をかけてまわりから舐めまわし指でお尻を内股をソフト

に撫でまわしていくと、ナオはたまらなそうにビクッビクッと反応し舌がパンティのうえから軽く当

たっただけで、泣くような声をあげながらからだをくねらせた。

 ゆっくりとパンティをはぎとり、まだまわりからペロンペロンと味わうだけであそこには辿りつか

ないのがわかると「ねえ・・ねえ、もうッ・・!」と甘えっぽく訴えてくる。「何や?やめてほしい

んか、うん?」とわざとらしく詰問すると「ああンッ・・ちがうよお・・いじわるう・・。」と若鮎

のようなからだをくねらせて悶える。

 ゆっくりと太股の間に顔をよせていき、両手で腰を逃げられないようにつかみながら、ナオの蜜の

匂いを吸い込む。「ああンッ・・嫌ッ・・嫌ッ・・!」これからあたえられる電流のような性感を、

想像して怖くなったのかナオの声がうわずっていくのがわかる。「あああッ・・・嫌ああンッ!!」

忌まわしい爬虫類のような男の舌で濡れきったあそこを、ゾロッと舐めあげられるとナオは腰を引い

て逃げようとした。

 すかさず両手首をつかみ、吸いついていくとナオは泣くような声をあげて自分から腰をふりたてた

。ペロペロペロペロ・・クチュクチュ・・ペロンッという音が部屋に響く。「ああッ・・ああヤバい

・・ねえもうイキそう・・イク・・イクうッ!!」ナオはビクビクッと勢いよく腰を跳ね上げさせな

がら、最初の絶頂を迎えたようだった。

 おれはそれでもナオに吸いついたまま離れない。ビクッ、ビクッとまだ痙攣しているナオのからだ

を感じながら、しばらくするとまた内股から舌を這いまわらせてゆく。舌、鼻先を使って舐める、ね

ぶる、くすぐり、甘く噛む。「はあンッ・・ああンッ・・また・・またイキそう・・イク・・イッち

ゃうう!!」

 結局4回舌でかわいがるとナオは小刻みにからだを痙攣させながら「もういや・・もういや・・」

を繰り返した。バイアグラを飲んでおいたおかげで、おれはけだもののように猛り狂っており、ぐっ

たりとしているナオに握らせると「すごい・・ビンビンになってるう・・。」と汗で濡れた髪を振り

乱して自分から口に含んだ。

「ああンッ・・ねえ・・もういいでしょ・・たまんないのお・・。」甘えっぽくキスを求めながらか

らだをくねらせ、クチュクチュと自分の粘膜とこすりあわせてくるナオ。おれは下腹部に集まってい

く燃えるような血潮を感じながらナオの尻をつかみ、ゆっくりと味わうように犯していった。

「あああンッ・・きもちいいよお!!」夢中でナオのからだを抱きしめ、汗ばんだ肩に歯をたてなが

ら腰を突き上げる。脳髄がとろけるほどの強烈な快感。3分ともたなかった。

 それからバイアグラの力を借りて朝まで何度も交わり、うしろから責めたてながら、今日からあな

たの女になりますと何度も言わせた。ナオは今までAVのような当たり前のセックスしか経験したこ

とがなく、付き合ったのも年下ばかりだったらしい。いちどおれみたいなオヤジのねちっこい責めを

味わってしまうと、ひとたまりもなかった。

 交わっている途中でナオの携帯がしつこく鳴っていたが、おそらく彼氏からだったと思う。彼氏が

いいか?おれと別れるか?と聞くとナオは泣くような声をあげて首を振り、何度も腰をふりたてた。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報