FC2ブログ

見えちゃった、家の向いの奥さんと不倫のデカチンのおじさん - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



見えちゃった、家の向いの奥さんと不倫のデカチンのおじさん

123-1257.jpg 

  俺は今大学受験を落ちニート生活だ
毎日親父、お袋は仕事でいない
もちろん彼女もいない
なぜなら俺の理想は向いの奥さんだから
多分40過ぎだと思うが肌が綺麗で理想のボンキュッボンだ
庭の手入れや車を洗ってる時にチラチラ見ると胸がいちいち揺れている
そんな巨乳なのに胸元があいた服を着てるから丸見えだ
お尻も素晴らしい
ウエストが細いから綺麗なハート型になっていて引き締まってる
顔も綺麗で文句無しだ

奥さんの情報はこれくらいにして
ある日昼くらいに腹が減ってコンビニに行くため外に出た
必ず向いの家をチラッと見る
するとたまたま奥さんもいた
ちょうど車から荷物を引っ張り出していた
突き出したお尻は最高だ
もし許されるのであれば写メを撮りたいくらいだった
俺が昼を買って戻ってくると見知らぬおじさんが向いの家に入って行った
なぜかキョロキョロしていたため俺が向いの住人だと知られないように一度家の前を通過した
おじさんは俺をずっと見ていて少し離れた所まで行き振り返るとおじさんはいなくちょうど玄関が閉まった所だった
俺は誰だと思ったのとキョロキョロして入って行った事で気になりリビングの方に回って中を見た
二人はいなかった
すると寝室の方からドンと音がなり隣の寝室を覗いた
すると予想だにしない光景が目に飛び込んできた
ベッドの近くで激しく抱き合いこれまた激しく頭を動かし口を大きくあけキスをしお互いの股間を貪り合う裸の二人がいた
奥さんがこちらに背を向けてるためおじさんは見えないが奥さんの腕の動かし方とお尻がブルブル揺れるくらい腰が動いてる事から貪ってるのがわかる
俺がそんなにされたら数秒でイクんではないかと言うような腕の動かし方だった
おじさんは奥さんの頭をがっちり掴み逃がさないようにしてるみたいだ
多分奥さんも同じようにしてる
暫く見ていたと思う
が、とにかく長い
自分の中の時計だが20分はずっと同じ光景
取り敢えず1度家に帰って昼を食べた
よくよく考えたら人ん家の事情
覗くのはちょっとあれだなと思い生尻も見たしもういっかと言う気持ちになりそのまま家にいた
だがやはり気になるのが男だ
1時間は経過していたのでさすがにもう終わってるかなと思い見に行くと俺が覗いてた窓がわずかに空いていた
俺はそのままいたらヤバイ事になってたなと少しホッとし中を覗いた
するとさっき立っていた場所に奥さんが座り込みベットに寄りかかっていておじさんはいなかった
もう終わったかと思ったがどうも変だった
普通ならベッドに横になってそうだがその場から全く変わってない位置に奥さんが座り込んでいた
それにティッシュとかも近くにあってもいいと思ったがティッシュすらなかったし奥さん1人でその場にいるのもおかしい
俺が疑問に思っているとドアがあいておじさんが入ってきた
俺はそのおじさんを見て正直ビビった
おじさんの股間のデカさが俺より遥かにデカかった
おじさんは奥さんの肩を揺らすと奥さんが動いた
時間があまりないから気を失ってる暇ないぞ
奥さんが動かなかったのは気を失っていたからだ
奥さんはすぐに立つとまた最初の貪り合いが始まった
違う所と言えば奥さんはもう足がガクガクで立ってるのがやっとだった
ただ手は相変わらずの速さで動いてた
そしてすぐに69を始めた
おじさんは腰を動かし奥さんはそれに合わせて手と頭を動かす
奥さんも腰を擦り付けるように動かしおじさんは頭を縦に動かし舐める
激しすぎる69もまた暫く続いた
二人が横になり上下が逆になっても続いた
おじさんは遠慮なく奥さんの口に股間を突き出す
奥さんもそれを受け入れるように頭を上げ股間を迎えながらおじさんの頭に両足をかけ腰を突き上げる
どんどん腰の動きが激しくなりついにはおじさんが奥さんをそのまま持ち上げたち膝になり奥さんが逆さまのまま69が続いた
奥さんが降ろされバックスタイルに
ゆっくり
ゆっくりお願いします
奥さんが言う
あっおっきい
裂けちゃう
ダメ
お願いゆっくり
待って奥に当たってる
あぁもうダメおっきい硬い
奥さんからは想像出来ない声が聞こえた
まだ全部入ってないのに奥に当たるなんて聞いた事ない
奥さんはベッドの枠に捕まり逃げようとするがおじさんはそれでもまだ入れようとしついに奥さんは壁に上半身をくっつけてお尻だけ突き出すようなスタイルになった
まだ子供を産んでない奥さんの小さいマ○コには俺のはデカすぎるかもしれないけど我慢して下さい
あぁだめ
それ以上は本当に
はぁぁぁんイクぅ
あぁぁぁ
あうっ
奥さんは入れてる最中にイキ腰をビクつかせると自分で根元まで入れてしまった
おじさんはイッてる奥さんを構わず突きまくって胸が激しく動いていた
正確に言うと奥さんの全てが激しく動いていた
お尻が波打ち胸が暴れ頭がガクンガクンなり髪が宙を舞う
おじさんは激しい手コキ
激しいフェラを長時間されていたのにもかかわらず全くイク気配すら見せない動きで奥さんを次々とイカせた
それはスタイルを変えても変えても見せなかった
奥さんもおかしくなっているのか激しく動き止まらない
俺がされていればもう5回は中に出しているだろう
そもそも中に出されたらまずいような気がするが奥さんの動きはきっと出ると言っても止まることがないだろう
お互い無我夢中で腰を動かし合いお互いを犯しあってるが1番しっくりくる光景だ
そしてついにその時が来た
騎乗位
お互い後ろに手を付き腰を振り合うとどんどん激しくなっていく
ぶつかる時の音と奥さんとおじさんの声
さすがにこのマ○コじゃ長持ちしないな
出すぞ
そのまま出して
お腹の奥に出して
私もイク
そしてすぐにお互いイッた
ような感じがしたが動きは暫く続いた
まさかと思ったがそのまままだ続ける気か
もう旦那帰ってくるんじゃないか
巻き込まれるのはごめんだと思い俺はその場から逃げた
旦那は意外に遅く帰ってきた
いやそれよりも意外なのがおじさんが旦那が帰って来る少し前に出て行った事
俺が家に帰って来たのが4時前
つまり2時間は合体していた事になる
そしておじさんが出て行った時間が7時半ちょい過ぎ
出て行ったのを確認してすぐに見に行ったらリビングの電気はついていたが奥さんは寝室でベッドではなく床に座り込んでいた
多分リビングの電気はカモフラージュ
つけていれば回りに怪しまれないと思ったに違いない
だがその明かりで寝室が照らされていた
奥さんの体には白い液体が大量にかかり
座り込んでる床にはこれまた大量の液体
それに丸くなったティッシュの塊がざっと10個以上
奥さんは肩で息をしていて全身汗まみれで電気の灯りで光っていた
髪はボサボサで汗がたれいた
まさに今終わった光景
てことは俺が家に帰っててからも続いてた事は確実
約3時間出した後もしていた
奥さんはすぐに立ち上がり後片付けを始めた
それからすぐに旦那が帰ってきた
それから何回か見たが今は見てない
奥さんが怖くなってきた
あれが本当に取られると言う意味なんだと思わされた
最後に見た奥さんは口から舌を出し唾液を垂らしたままひたすら腰を動かし自ら自分の胸を揉みながら両乳首に吸い付き
あなたの巨大ち○ぽじゃなきゃもう私イケない
そのまま奥で出して
あなたの精子を全て子宮に出して
とおじさんの動きが弱くなったように見えるくらい奥さんの動きが激しくなり中出しを求めていた
最初はもしかしたら俺も出来るかもしれないと思い奥さんを見て裸を想像し股間をデカくしていたが奥さんはそれに気付いてもニコッと笑いまるで眼中にないかのように普通に接してくる
それはそうだ
あんなデカイのに夢中な奥さんからしたら俺のなんてみすぼらしいとしか見えないだろう
俺は奥さんとは会わないようにした
その後どうなったかわからないがおじさんは来ていたけどそれも回数が減り全く来なくなった
それとは逆に奥さんが出掛ける回数が増え昼から夜までいない事が多く最近では友達と気晴らしに一週間旅行に行ったと旦那に聞いた
俺はおじさんと行ったに違いないと確信した

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.