(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

女の告白、処女を隠して初エッチ…からセフレに

サイキ

kodomo.jpg 

  彼とはサークルで出会いました。
サークル部長が他大学の交流のあった彼を教えてくれました。
最初の印象は少しクールな感じ。
でも、何回かサークルで顔を合わせるようになってから、彼のほうも打ち解けてきて、
メールとかはするけど、二人でどこかで会うことは全然しない関係。
そんな中、私は彼のことをどんどん好きになっていっていきました。
まず、彼の見た目好みのタイプで、話し方や雰囲気も嫌いじゃないなって。
何気なくしていたメールから、なんとなくエッチな話もする関係になり、
その内、お互いに…したいという気持ちがあることを話しました。
セフレでよければしようか?」
SEX経験もなかった私は、正直いってセフレの言葉の意味が分かりませんでした。
友達に聞いたら驚いて説明されて、バカなこと考えるなって。
私は彼のことが好きだったから…の初めてが彼なら後悔しないって思いました。
彼と駅前で待ち合わせ。
でも、いきなりエッチする展開になるのはやだなぁと思ってたら、向こうもそのつもりなかった
みたいで、近くのゲーセン行ったりプラプラデート。
手こそ繋いでないけど、こうしていれば恋人同士に見られるのかなぁ?
遊びつかれてお腹がすいたので居酒屋に入り、隣同士のカップル席。
私は彼の事が好きなのを自覚していたので、ドキドキ。
彼は気遣ってくれたり、優しかったり、少し意地悪だったり、しながら飲んでいい気分になって、そのまま彼に付いて行ってラブホへ。
入ったのも初めてで、どうしていいか迷いました…。
とりあえず彼の横に座り、上着を脱ぎ、ベッドの上でモゾモゾ。
すると、後ろから抱きつかれ、頭をぽんっと撫でられ、そのまま二人でベットへ倒れました。
私のおっぱいを後ろからもみながら…。
「けっこう大きいね」と言いながら私を仰向けにすると顔をじっと見てキス。
あとはもう、慣れている彼に任せようと言う気になりました。
おっぱいを揉みながらもう片方にしゃぶりついてくる。見上げる彼の目が鋭くていやらしかった…。
アソコをズボンの上から少し触った後、私の手をぐいって引っ張り座らせると、
服を脱がしてくれて裸に。
男の人に裸を見られて恥ずかしいかった…。
けど、途端に抱きつかれて、足の間に体を入れられてアソコを触れられた私にとって、
裸を見られた恥ずかしさなんて過去の事になりました。
触られたアソコはすでにぬるぬる状態。
「なんでこんなに濡れてるの? なにもしてないよ?」
意地悪くそういうと指入れていじってきた。
オナニーでクリでイッてた私はそれを白状させられて、あとはクリ攻め。
私は声を押し殺してあえぎまくって…。
「ヤバイ、もう我慢できない」と彼も全部脱いで私の所にあてがってきました。
でも、実は彼には「処女」とは言ってません…。
ただ一年以上してないからと言ってあったのでゆっくりしてくれました。
嘘では無いです。 一年前に一度しかけたけど未遂に終わったことがあるから。
その時はフェラしただけでした。
その時見たアレは彼のより断然大きくて、彼のは小さいとわかりました…。
でも、彼とエッチしている事に私は感動しました。
もともと敏感な私は違和感や異物感、クリを触られる今までにない快感。
だんだんと彼が速くなってきて頭の中はもう何も考えられないくらいに。、
正直この先は覚えてません…。
その後 二人でお風呂に入りました。
彼が身体を隅々まで洗ってくれて、ムードもなにもなくて、さっきのこともなかったかのように
いつも通りに話しました。
でも、さっきの挿入のときにちょっと血も出てたらしい…。
お互いに友達だったから、あらためて男女と言う意識をするのが恥ずかしいんだと思います。
それから彼とは何度かエッチしました。
セフレだけど、彼が気持ち良くなってくれる、好きな人の役に立てるのは嬉しいなぁと
単純に思っています。

女の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報