FC2ブログ

近親相姦、娘と密かで激しい関係 - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



近親相姦、娘と密かで激しい関係

918-2-0606.jpg 

  帰省した娘を駅に出迎えに行った私は、改札口で娘の顔を
見てほっとしてました。
「お父さん来てくれたの」
娘も嬉しそうに微笑み、荷物を持ってあげ駐車場で車に
乗ったのですが
「お父さんいいわよ、私もよどこかホテルへ行って」
私は車を走らせラブホテルの門をくぐってました。
娘と激しいセックスになり、この時は久々だったのも
あり、娘に幾度か挑んでしまってました。
「お父さんすごい・・・もっと・・・もっとお願い
欲しかったのよ」

悪い父親で、過去娘に堕胎も2度もさせてしまったのです。
私のせいで妊娠ができない体にしてしまった。
「お父さんいいのよ、私の体はお父さんにあげたのよ
妊娠できなくてもいいの・・抱いて」
 娘の処女を貫通したのが20歳、それからの娘とセックス
は激しい時間を過ごしてきたのです。娘25歳、私48歳
禁断のセックスに溺れた親子です。
「お父さんお盆に帰るね、それまで待っていてね」
家にいる間は娘とセックスの日々を過ごしておりました。
娘が帰郷する前日は朝から激しいセックスになってました
「いっぱい舐めて・・・気持ちいいお父さんもっと
オマンコ舐めて・・・あーお父さん・・・もっとオマンコ
舐めて・・・オマンコがとろけるわー」
そして口を求められ私の顔は愛液だらけでそれでも舌をいれ
絡ませ吸い合い、私のも咥えた娘が舌で舐め回され
正常位で一度中出し、騎乗位で上になりオッパイを下から
揉みあげ、後ろから突き上げ、うつ伏せで我慢できず中出し
2度目になり娘のオマンコから精液が逆流してました。
「お父さんよかったわ・・あーもう離れるのはいや・・
お父さんオッパイ吸って」
食事など忘れてました。私のアレが精液と愛液まみれに
なっているのも構わず娘に咥えられてしまっていたんです。
「おーそんなにされたらあー・・」
咥えられ回復したのですが、硬さはやはりなくそれでも
娘に正常位にして肌を密着しながら突き上げてました。
娘とセックスを始めると時間も忘れてしまうのです。
「お父さん、待っていてね」
駅で娘を見送ったのです。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.