FC2ブログ

女の告白、弁護士の先生に仕込まれて - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



女の告白、弁護士の先生に仕込まれて

11234-0495.jpg 

 私は平凡な主婦30歳、同じ歳の主人(初めての男性)子供二人の家族です、 
5年程前、長女が2歳に成った頃です。弁護士の先生(当時45歳)に犯されました。当時、主人方の相続の関係で、もめにもめて親の知合いを通して法律に明るい先生を、お願いして半年掛かりで解決し。
親が貸していた古屋を貰いリフォームして今は暮らしています。当時わたしは親戚の事、子供の事もあり、軽いウツ病になって病院に通い薬漬けの毎日でした。
先生は毎週その週に、あった出来事を、法律用語も解りやすく説明して下さったんです。先生は都内から外車で来て頂いていましたので、話が終ると何時も主人とお酒を飲み泊まっていったんです。 
先生の凄い経験談などの会話で盛り上がり、わたしも子供を寝かし付けると会話に参加していました。先生は女性を褒めるのが、とても上手で平凡で鬱病だった、わたしを「お洒落だとか、可愛い、処女の臭いがする」とか言われ、絶好調で、主人も、まんざらではなく。
先生は仕事の話が無くても、私達のことを気づかって、毎週金曜日の夜には、美味しいお土産をもって通って来てくれたんです。

 先生もお子様がお二人、家の子供と遊び方もとても旨く、お土産は子供も毎週楽しみしていたんです。わたしも先生が来られる日には朝から綺麗にお掃除をして、一時間も掛けてお化粧し、ワクワクしながら、子供達と待っていました。
相続の話も順調に進み、楽しい日々が毎週続いていました。先生のお話のジャンルは凄く広くて、お酒が廻ってくると、西洋の拷問、中国の拷問の話など、私たち夫婦は、カルチャーショックで先生の話に、のめり込んでいました。
主人は技術屋で現場出ることが多いのですが、お酒はとても弱く先生が話している内に何時も寝てしまいます。二人だけ深夜までお酒を飲んで話し込む事が多く、先生はわたしに先天的にマゾの素質があると毎回言い聞かしていました。
五回目に先生が泊まった日、主人は台風の影響で、仕事が遅れ遅く帰ってきて、先生と少しお酒を飲むと爆睡してしまい。
先生は一人で結構お酒を飲んで、私に隣に来るように話し、私も先生が嫌いで無かったので炬燵に入ると、いきなり後ろに手を廻され左手を掴まれ、右手は身体に押さえられ抵抗できない状態にされ、激しくキスをされました。
生まれて始めてのディープキッスで、窒息しそうでビックリして固まってしまいました。普段と違って先生は強引で、私のパジャマのボタンを外して、乳房を痛いほど激しく握って、その後、乳首を摘み優しく転がしてきました。
私は固まってしまい、遣られるまま、そのうち凄く感じて。声が出そうに成りましたが、わたしは既にハジャマの上着は脱がされて、オッパイが丸出し、凄く感じてしまって動けないでいると、スボンの中に手を入れてきてパンティの横から、アソコのなかに指を入れられて掻き回されました。
先生は「いやらしいな、クミ、おまんこビチョビチョだぜ!」いきなり呼びつけにされ、強引に立たされ殆ど脱げかかった、スボンとパンティーを、下げられ全裸にされてしまったんです。
襖一枚、隣の部屋で主人と子供が寝ているんです。ビックリして我に返り、声を殺し「先生辞めてください、主人に見付かります」せいいっぱいの抵抗で、お願いしたのですが、先生は「スリルが、あるだろー、旦那が起きてきたら、まるで、クミちゃんが裸で俺を誘惑しているみたいだね」と、
また強い力で炬燵に座っている先生の前、炬燵テーブルに座らされ「大きな声を出すと旦那と子供が起きるよ」先生は、わたしを前に座らせ、右手でオッパイと乳首を力をいれて、凄く痛いように、摘んだり捻ったりし、左手でアソコの中に指を奥まで入れて
「此処がGポイントだ」とピストンしました。わたしは異常な先生の行為に凄く感じてしまったのと、豹変した先生が怖くて、じーと耐えていましたが、そのうち頭が真っ白になり、生まれて初めて、アソコから潮を噴き炬燵テーブルが、ビチョビチョになったんです。
先生の顔にもアソコからのお潮が引掛かり、先生はペロペロ舐めまわすと、指で救って、わたしの口の中にも擦りつけました。先生の愛撫は、主人とは違って、強引で凄く痛い事をしたり、とても優しくソフトなピアノを弾くようなタッチで、
責められ.余りの気持ち良さで、再び頭が真っ白になっってイキそうになった時、主人と寝ていた子供が目覚め、私を呼び、とっさにどうして良いのか解らず、全裸で隣の寝室に飛んで行きました。
主人は寝ぼけていて、「今風呂か」と私にいい、私は「出たとこ」と誤魔化して子供をトイレに連れてゆきました。
私は助かったと思って寝室に入ろうとしたら先生は寝室の襖の前に全裸で立っていたんです。「直ぐに戻ってこい」と、低い声で言われ私は蛇ににらまれた蛙のようになって茶の間に戻りました。
先生は凄く怖い顔をして、襖を閉めて私を跪かせ髪の毛を持って、無理矢理にフェラさせたんです。先生は酔っていて中々大きくならず私が疲れて休むと、乳首を爪を立て摘みました。
わたしが痛がって涙を流し先生にすがるような顔を仕出したら、先生は勃起してきて、主人の寝ている襖の前に私の顔が来るようにし犬のように跪かせ、バックから生でアソコに挿入しピストン運動を始め。
その時、わたしは、ただただ怖くなって早く終れば良いと耐えていたんですが、先生はタフで、お尻を抓ったりして仕舞にはお尻の穴に涎をたらし指を入れて、私が声を出したり、騒がないのをいい事に、遣り放題され、指で大きくなったアナルに、最後は勃起したものを突っ込まれ、中だしされました。
あくる日の朝、朝食を済ませると、先生は何時もの紳士に戻っていて、主人に丁重に挨拶して帰っていきました。
その後もエスカレートして、先生には何度もアナルを犯され、ザクロのようなアナルのなってしまいましたが、先生が来るのを心待ちにするような淫乱な身体に成っていました。
アソコの毛も剃られ、主人には、スイミングのお母さん達は皆、剃毛していると嘘をついていました。その後半年近くわたしは先生専用の女のように扱われていましたが、お泊り後先生が仕事が忙しく明け方、車で帰ったときに高速道路で事故に巻き込まれ、先生は亡くなってしまい、私たちの関係が無くなりました。今でも先生に入れていただいた、乳首に小さな“ホクロ”の刺青、思い出すと、アソコが濡れてきます。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.