(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

セックス体験、名器Dカップ妻に性の歓びを指南

サイキ

123-2686.jpg 

  その「妻」は32歳。
見事なDカップの乳房は、きっと毎日のように旦那の手にかかって愛撫されているに違いない。
「キレイなヌード」の撮影のために、その人妻はやってきた。
最初は着衣、下着姿は恥ずかしいというので、一足飛びに入浴シーン、ワードローブできれいな脚を嘗め回すような撮影。
そして、いよいよ待望のヌード。
甘い言葉をかけて表情を引き出し、相当ヒワイなポーズをとらせ、恥ずかしがるのをお構いなしに局部にもレンズを向ける。
ひととおりの撮影を終え、メモリーカードをパソコンに接続して取りこむ。
その大きなバスタオルを巻いてでいいから、どんな写真が撮れているか見てご覧と、一切の下着を身に着けず、バスタオルを巻いたままの彼女がテーブルの上のモニタを覗き込んでいる。
マウスをクリックして、自由に見ていいよと勝手に操作させ、ときおり出てくるヴァギナのアップを見てはきゃあきゃあと、消去してちょうだいと騒ぐ。
自分のヌードに夢中になっている彼女は、オレが下半身のすべてを脱ぎ去ったのに気がつかない。
このマウスはどうかな?と右手をとって、勃起したペニスを握らせる。
え?と身を硬くする人妻。
男の前でパンツ脱いじゃって、ただで済むわけないことくらい、大人なんだから承知だよね。そういって、彼女の乳房を背後から掴んだ。
バスタオルが床に落ち、彼女は全裸になった。
ヌードを撮るだけって・・そう彼女は抗議するが、そんなことは知ったことではない。
そのまま大きなダブルベッドに倒れこみ、ヴァギナをまさぐりすぐにインサートした。
つるっと挿入したときの感触の良さ。そして奥まで到達し、子宮にコツンとあたったときの、クリっというペニスの先に感じる硬さ。
名器だ。
挿入されて観念したのか、大きな声はあげないものの、すっかり抵抗をやめた彼女は見事に感じていた。
20歳そこそこの女が絶頂に達するときのごとく、ぎゅっと膣がペニスを締め付ける。激しいピストンでペニスの先に当たる子宮の入り口も、その当たり方から充血して開いてきているようだ。
それまでガマンをしていたのか、声を出さなかった彼女が大きく絶頂の悲鳴をあげ、同時に達したオレは明らかに開いている子宮口にペニスの先を押し当てて、一気にすべての精液を放出した。
あああ・・・と、事態を把握した彼女はうめき、オレの体を押しのけようとする。
彼女の中で萎縮してきたペニスを抜いた。浴室に駆け込むDカップの人妻。
しばらくして、なきそうな声がした。
出てこないよ・・・
あれだけしっかり絶頂に達して、ベストタイミングで射精したのだ。全部が子宮に吸い込まれてしまってもおかしくはない。
全部入っちゃった?どれ・・・
彼女をベッドに四つんばいにさせ、指を奥深くまで突っ込む。
子宮口を人差し指と中指で押し開き、ぐりぐりとすると、むるっとした感触がした。
指を抜くと、ドロドロベタっという感じで大量の精液が一気に流れ出た。
それを見ていたら、先の射精から15分くらいしかたっていないのに、ペニスは完全に臨戦態勢。
もういい・・・いやだと抵抗する彼女を無視し、そのままバックから挿入し、乳房をもみくちゃにしながらしつこいセックスを強要した。
さっきのような締め付けを感じることもなく、一方的に絶頂を感じ、再び膣内に射精。
だが今度は抜いたペニスを追いかけるように、すぐに薄い精液がトロトロと流れ出した。感じていなかったんだ。
子供が欲しいと、旦那とのセックスは毎回中出しだそうだ。
だが、今日のように全部が吸い込まれるようなことはなく、いつも二度目のようにすぐに流れ出してしまうらしい。
それって、本当に感じてはいないんじゃないかと尋ねると、どうやらそのような感じだ。だから旦那の精液は子宮に吸い込まれることもなく、すぐに出てきてしまう。だから子供もできない。
もしかしたら、オレの子供ができちゃうかもしれないよと彼女に言った。
もしできちゃったら、子供が欲しいから生むよと言っていた。だが、実は生理が終わったばかりなので可能性は低いだろうと。
それを聞いて安心したオレは、彼女を強引にひきとめ、時間をかけてさらに2度も名器の感触を味わったのだった。もちろん子宮の中に全部入ってしまうような、本当にイクことを彼女に教えながら。

セックス体験に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報