(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

近親相姦、妹にムリヤリ生挿入

サイキ

123-1021.jpg 

  俺は今年高校の受験を控えていて、ストレスがたまりイラついていた。
今日、俺が勉強しているのに妹は勝手にゲームソフトを借りにに部屋に入ってきた。
妹はミニスカだったので、下から手を入れてアソコを触った。その瞬間妹はびくっと体を動かした。逃げようとする妹の手をつかみ、抱きつき、そのままキスをした。
「いやっ!」そんな言葉は無視し、俺の手は自然に妹のアソコを触っていた。激しくもがいていたが身長も体格もケタ違いなので突き放せる力なんて妹にはない。
そのままエスカレートし、妹をベットに押し倒した。無理矢理服を脱がせ、手をベルトで縛った。俺も裸になり、妹の胸を愛撫し、なめた。俺のアソコはビンビンだった。
とりあえず、フェラをさせた。高速に腰を振ったせいか妹はとても苦しそうだった。
10分くらいやったところで、次は、マンコを責めた。まず、バイブを入れた。入れた瞬間妹は体をびくびくさせながら、「いや!もうやめて!!お兄ちゃん!!」鳥肌も立っていた。
数分後妹は逝ったが、責めは終わらない。次に潮吹きを5回程し、妹は失神寸前だった。あとは妹のマンコを奥の方まで舐めたり、首や耳など体のすみずみまで舐め回してやった。
「気持ちいいか?」「やめて。気持ち悪いよ・・・」力ない言葉だった。そして
「よし、入れるぞ!」と言った瞬間「やめてーーーーーー!!!いやーーー!」と絶叫した。
そんな言葉なんて無視。妹は何度も逝かせたから、マンコはぐちょぐちょで、さらに超敏感になっていた。可哀想と思ったが、バックから生で入れた。
「いやっ、やめて!いやっ!!痛い!あっ」逝った。でもそのまま続けた。次は正常位でやった。
(でもやっぱ中出しはまずいよな、家族だし。)と思い精液は妹の口で処理し、妹を解放すると、号泣しながら体をびくびくさせ倒れこんだ。
ベットで寝かせておくと1時間くらいして、目が覚めた。
「ゴメンな」と言ったら「お母さんに言いつけるから」と答え立ち上がった瞬間「言っておくけど、母さんに言ったら子供作るぞ!それからもっとひどくやってやるからな」と言ったら悔しそうな顔をして下唇を噛んだ。
最後にキスして妹の部屋に連れて行った。でもまた明日もやってやろう。

近親相姦に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報