(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

近親相姦、主人の留守に義兄にバックで

サイキ

kittinsex.jpg 

  私の主人の趣味は魚釣りで、姉の御主人と釣りに出かけます。
主人が留守の時を狙うかにように訪ねて来ては、次の釣りに備えて主人の釣り道具の点検に来ます。
夕方の事です、私が台所で夕食の準備をしていると、姉の御主人が、私のお尻を撫でて来ました。
義兄「いいお尻してるじゃない」
私 「何、言ってるの?お姉さんがいるじゃない!」
義兄「あれは、もうダメだよ」
私 「聞いたらお姉さんが怒るわよ」
更に義兄は、お尻を撫でて来ます。」
私 「いい加減にして!」
しかし、義兄は辞めようとはしませんでした。
義兄は、更に股間を私のお尻に擦り続けて来ます。」
私のパンティは濡れ初めて来ました。
義兄「遊ぼうか?」
私はお尻に当たる義兄の股間の硬さや大きさを感じていました。
義兄はスカートの中に手を入れパンティの上から撫でました。
義兄「もう、濡れてるじゃない!」
義兄は、スカートを巻き上げパンティを下げられました。
そして、私の背後から抱きつき、オチンチンをオマンコに当てると、奥にオチンチンを押し込みました。
オチンチンを出し入れしながら、胸を揉んでいました。
15分ぐらいして、義兄はオマンコに精液を注入したのです。
それからも義兄とはラブホで注入してもらってます。

近親相姦に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報