(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

近親相姦、二十年前息子を彼女から取り上げて近親相姦、二十年前息子を彼女から取り上げて

サイキ

fe005.jpg 

  六十五歳の主婦です。二十年前から息子と肉体関係があり、四十四歳の息子とは今でも関係がつづいています。私は現在夫と死別して一人暮らしですが、息子は嫁と二人の子供と三人で私の家から車で三十分離れたところでくらしています。
まず初めに息子と肉体関係が出来たきっかけについて話します。その頃は主人も出張がちで息子とはよくドライブに行きました。息子といると恋人気分で自分も若返る気がしていました。
ある日遠出のドライブに出かけた時帰りも遅くなったのですが、息子が『疲れて事故を起こしそうだから何処かで休憩したい』と言い出したのです。
私も心配になり休憩して行くことになりました。息子はいわゆるモーテルに車を入れたのです。私はそれまでモーテルなどいったこともなかったのですが、耳学問でそこが男女の愛し合う場所だとうすうす気づきましたが、息子のことが心配で部屋まで入ったのです。
息子は『僕は少し休むからお母さんお風呂はいって汗を流したら』と言われお風呂にはいることにしました。お風呂に入っているといきなり息子が入ってきたのです。
私は状況が呑み込めず、息子にどうしたの?と聞くと息子は私を抱きしめあそこに指を入れようとしたのです。私が激しく抵抗したため息子はそれ以上のことはしませんでした。
それからすぐ家に帰ることとなったのですが、車の中ではお互い無言のままでした。翌朝息子は休みで寝ていたのですが、私は息子と顔を合わすのが恥ずかしく置き手紙をして出掛けたのです。
手紙には『お母さんはあなたのためならどんなことでもするつもりです。でも昨日のようなことはダメ』と書いておきました。
それからは二人ともなにごとなかったように生活していましたが、半年くらい過ぎて息子が付き合っている人がいると言って家に綺麗な娘さんを連れてきたのです。
その日は主人もいて『いいお嬢さんじゃないか』と言って気に入った様子でした。私は母親として喜ばなければいけないのに素直に喜べませんでした。
息子は私一人を好きなんだだから半年前はあんな行動を取ったんだ、女としても私のことを好きだったんだと勝手に思っていたのです。
それからは息子の帰りが遅いとヤキモチを焼いて『なにやってたの』となじるような言い方をしていたので息子もビックリしていました。
ある日息子が外泊をした日があってその夜は嫉妬で一睡も出来ませんでした。その夜は息子と二人だったので息子が風呂に入っていた時間違えたふりをして風呂に入って行ったのです。
息子は慌てて風呂から出ようとしましたが、私が『いいじゃないたまには背中を流してあげる』と言って座らせて背中を流してあげました、前を向かせると、息子は私の身体を舐め回すように見ていました。
私は息子のおちんちんを手に取りゆっくりと撫で回すように洗うと息子のおちんちんがビックリするほど大きくなったのです。息子はお母さんと言って私を抱きしめ乳房を鷲掴みにしてきたのです。
私は『ここじゃイヤ』と甘えるような声で言い『お部屋で待ってて』と言うと息子は素直に風呂から出て行きました。私は心の中で『あの子は私のもの』と叫びました。
息子の部屋にいくと息子は裸でベッドに座っていました。私が『お母さんでいいのよしこさんに悪い』と言うと僕はずっとお母さんが好きなんだよと言って抱きついてきました私はよしこさんに負けまいと息子のおちんちんを念入りに舐めまわし袋まで愛撫しました。
息子は『やっぱりお母さんがいいよ』と言って私にいきなり挿入してきました。私は息子を恋人から奪ったよろこびで何回も気を行かせてしまいました。その後のことは次の機会に書きたいと思います。

母子相姦に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報