FC2ブログ

近親相姦、涙を流してお願いし姉とやることができた - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



近親相姦、涙を流してお願いし姉とやることができた

123-2686.jpg 

  僕は高校1年生です僕の通う高校は長い間女子校で男の子は少ない
僕の姉は今年大学を出て僕の学校の先生になりました
僕はずっと好きだった景子が入ったので美術部に入りました
部員は僕以外女3年3人2年2人1年は僕と景子
始めは真面目に写生をして絵を描いていた ところがぼくの裸の絵を
書きたいと言ってパンツ1枚にされました始めは大丈夫だったのだけれと
好きな景子と先輩達が皆短いミニスカートはいてきた
はっきり言って皆可愛い僕のあそこが立ってしまった
先輩の部長がタカシ君どうしたのそんなに興奮してここまで来たら
パンツ脱いでよ君がパンツを脱いたら私達もパンツ脱ぐよと言われ
僕はパンツを脱いた景子達もパンツを脱いた景子がパンツを脱ぐ時
あそこが見えた僕はあそこを手で隠した何しているの手を取って
と言われ手を外した裸に成った僕を見てタカシ君今までSEXした
こと有るのと聞かれた僕は無いと答えたそれなら貴方のお姉さん
この学校で先生もしタカシ君が先生とHしたら初体験を姉としたら
私たち全員とHさせてあげると言い景子もうなずいた

私たち全員処女誰にも言わない 僕は近親相姦になるから駄目だと
言ったが皆僕の言うことを聞くと言ったので皆にやると言ってしまった
後で皆知らないと言われたら困るので皆にキスをしたもちろん景子も
家に帰った僕はどうしようと思い作戦を考えた
姉は何時も風呂に入ったらほとんど裸でうろうろしているその時を
狙うかそれだったらたぶん駄目寝込みを襲うかそれも駄目
金曜日の日決行することを決め作戦を立てた
金曜日自動販売機でコンドームを買って姉の帰りを待った
姉が帰ってきたそして風呂に入った作戦を始める
姉が風呂から上がったバスタオル1枚風呂から出るのを見て
僕は泣いた姉はないた僕を見てどうしたのと聞いた泣きながら
僕は答えた先週景子とデートしてHをしようとしたが出来なかった
日曜日デート今度出来なかったら嫌われると言って泣いた
姉はデートとHは違うもう少し大きくなったら考えなさいと言った
僕は泣いた大きくなったら景子は居ないお姉ちゃんはわからない
と言って自分の部屋に行った
姉はバスタオル1枚のまま僕の部屋に来て泣かないで私に何か
出来ること無いのと言った僕は女の事裸が解からないから
どうすれば良いのか解からないお姉ちゃんHした事あるのと聞いた
それは無いよと言ったどうすれば涙が止まるの
僕は今だと思いお姉ちゃん裸になってベットに寝て女の体が
どうなっているのか見たい姉は解かったといってバスタオルを
取ってベットに寝た後は少しづつ綺麗だこれが女の体か
次に姉に触っても良い聞いたうなづいたオッパイをもみあそこに
触れた気持ち良い柔らかいそして舐めても良いと聞いた始めは駄目と
言ったが泣きそうな顔をしたら良いといったもう先生を忘れている
オッパイを吸ったあそこに口を当て舐めて吸った姉はくすぐったいと
言った姉は黙って僕の言うまま僕も裸になって姉の上に乗り
キスの練習と言ってデープキスそしてあそこに指を入れた
ヌルヌルするものが出てきたもう一度あそこに口を当て
その間に姉に内緒にしてコンドームを付けた 
そしてあそこに指を入れ少し奥まで入れたそしてキスをした
同時に姉のあそこに僕の物を入れた姉は動けない目的達成今度は姉が泣いた

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.