FC2ブログ

近親相姦、隣の大学生と母親の激しいセックスの声1 - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



近親相姦、隣の大学生と母親の激しいセックスの声1

11237-0074.jpg 

私は32歳のフリーのカメラマンです。ある町のアパートに住んでいますが長く仕事で留守にすることが多く、部屋も写真の現像などのため雨戸をしめ切っていますので住んでいるのかわからない状態です。
アパートは一階が倉庫で、二階は2世帯で、私の隣は2年前引っ越してきた大学4年の佐藤真一(仮名)君というイケメンです。
体格は175センチぐらいで筋肉質ですが、ラグビー部だという割には細身だ。彼とはたまに道で会ったりして時々話したりするが、部活ではレギュラーではなく4年なのですでに引退していて、今は昼は授業(取得単位がギリギリだそうで)、夜は居酒屋でバイトだそうだ。
彼はかなりモテるようで、何人もの女の子とつき合っているようだ。引っ越してきてからずっと毎日のように女をつれこんではセックスしていた。
夜1時過ぎに帰っててきてはすぐにセックスしはじめ、30分ほど女のあえぎ声で悩まされる。何しろ、隣との壁が薄いのでとてもよく聞こえる。
精力も強いようだ。声から想像して、女は18歳から40歳くらいまで幅広い。ある時、近くにできたスーパー銭湯でばったりこの佐藤君にあった。
二人でサウナに入ると、彼は前も隠さず自信があるのか堂々と股間を開いて座った。なんと見事な巨根、15センチぐらいのとても太いもので亀頭は直径6センチぐらいありそう。
おまけに玉もでかい。他の人たちも皆「ほー」と言いながら眺めていた。風呂を出て休憩室で彼と話をすると、実家は車で2時間くらいのところで酒問屋をやっていて割と近いが、親がうるさいのでアパートを借りたとのことだ。
30歳まで好きなことをやって、その後家を継ぐと約束しているそうだ。母親は半年ほど前までスナックをやっていたが、今は止めたとのこと。

 
ちなみに父親は65歳、母親は59歳で彼は遅くできた一人っ子だそうだ。時々家に電話すると父の母に対する悩みばかりだそうだが、最近はそれもないようだそうだ。
話を聞くと、母親は結婚前多くの男とつき合っていてそれを覚悟で父親と一緒になったようで、彼が10歳のころから母親がスナックを始め、彼が高校に行くころから客と浮気するようになり父親が一年前にそれに気ずいていろいろもめたあげくスナックを閉めたそうだ。
ところで、二月ほど前から真一君は女をつれこまなくなった。何があったのかわからない。そしてその二週間後、私は帰宅したときアパート前で彼と御両親とばったりあった。
「どうも、真一の父です。」「真一の母です。」父親は白髪頭の小太りで母親は白髪交じりのショートパーマの少しおなかの出た普通のおばさんだった。
少し話しをしてそれぞれ部屋へ入った。隣の話は筒抜けで、お互いの近況報告していた。「そろそろ帰るか。」「もう帰るの。」「あす早くから仕事だからな。」「母さんとはまだ話したいからあとから帰れば。」
「そうだな、おまえはのこってやりなさい。」「そお、じゃあ後でかえるわ。真一もいろいろ話したそうだし。」まもなく父親が出て行った。
真一君と母親はしばらくするとビールや酒を飲み始めたようだ。2時間ほどすると二人ともだいぶ酔ったようで、テレビを見ながら大声で笑ったりしていた。うるさいなと思いながらも私は静かに写真の編集をしていた。
二人の話声はよく聞こえた。「母さんまだ浮気してるの。」「何言ってんのよ。もうスナックもお父さんにやめさせられたし、更年期も過ぎたし、そろそろお父さんとうまくやっていかないとね。」
「でも父さんの話だと、だいぶいろんな男と関係したってきいてるよ。30人ぐらいだって。」「何言ってんの。浮気は5人だけ。まあ結婚する前はそれぐらいいたけどね。」「何でそんなにもてたの。べつに美人でもないのにさ。」「失礼ね。これでも若い時はまあまあだったのよ。そのころはホステスやってたしね。
男が寄ってくるのは仕方ないの。あんたはどうなの。噂では40くらいのおばさんとつきあっているらしいじゃない。」「うーん、俺のはでかいから若い子は痛がるんだ。」「何言ってんの。
最近の若い子だって大きいほうがいいって言ってるわよ。どれほどのものか知らないけど、大きいチンコで産んでくれたお母さんに感謝しなさい。」「うん、そうだね。」「もう、私眠いわ。布団敷きましょう。」
「じゃあ母さんこれかたずけて。俺、布団敷くから。」それからすぐにテレビが消され床についたようであった。静かになり、10分ほどたち、編集もおわりかけたその時、突然、ドスンと音がして、「何するの、真一。」母親の切羽詰まった叱責する声。
ドスドスと壁に何かが当たる。「あんた、おかしいんじゃないの。ばかー。」母と息子が取っ組みあっているようだ。「母親に向かってなんてことするの。いいかげんにしなさい。」それでも真一君は無言で母親を責め立てている。
ドスン、バタン、ドスンとしばらく続いた。パチンパチンとほほをたたくような音がした。真一君が急にひるんだのか、静かになり、ハーハー息しながら「あんた、いい加減にしなさい。自分を産んだ母親とオマンコしようなんて。お母さんはそんな気はないんだから。」
「なんだかここのところセックスしてないから溜まっちゃって。なんか、母さんみてたらやりたくなちゃったんだ。」「そんなこと、自分の彼女に頼みなさい。わかった?」
落ち着きを戻した母の声に諦めたのか「わかったよ。」とふてくされたように真一君の声。そして再び静かになった。まじかに体験する本物の近親相姦を期待したが未遂に終わったかとがっかりしてベッドに入り寝ようとしたが、興奮してねつけなかった。
うとうとしていた深夜2時半ごろ再びドスンドスンと激しい取っ組み合いが始まった。「うわ。ばか。いいかげんにしなさい。お父さんに言いつけるよ。」しかし真一君の攻撃は止まない。今度は決死の覚悟のようだ。母親は激しくわめきながら必死の抵抗をしているようだ。
先ほど以上の取っ組み合いが30分ぐらい続いた。2人とも疲れたのかゼーゼーと息ずかいが聞こえた。「あんた、そんなことしたら罰が当たるよ。」母親のドスの利いた声がしてしばらくの沈黙の後、「ウワーアワワワー」とものすごい悲鳴がしてベッドから飛び起きた。
とうとうやったな。あの化け物のような巨根が自分を産んだ女性器をつらぬいたようだ。真一君とうとやったね。私は小さく拍手をした。
興奮して壁に耳を当てると、鼓膜が破れそうなほど母親のわめき声と息子の責め立てる振動が伝わる。すごいすごい、彼がいままで連れ込んだ女とのセックスなど比較にならないほど激しいセックスだ。
20分ほどすると腰を打ち付ける音がすごいスピードにアップした。同時に母親のわめき声がやんだ。失神したのか。
いよいよ射精か、パンパンパンと肉のぶつかるカン高い強い音とともに激しい震動がやみ、フーハーハーと真一君の息使いと、ウ、ウ、ウーンと、痙攣しているような母親のうめきが聞こえ野獣のようなセックスが終わった。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.