FC2ブログ

近親相姦、処女の義妹との最高のセックス - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



近親相姦、処女の義妹との最高のセックス

 123-1688.jpg


俺が10歳の時、両親が離婚した。親父が浮気をしていたらしい。お袋が出て行った。そのお袋が出て行った翌日、親父が新しい母親を連れてきた。よりによって翌日とは・・・。俺は親父も新しい母親も好きになれなかった。
新しい母親には連れ子がいた。名前はアズサ。当時3歳だった。前のダンナとの子供らしい。なかなかカワイイ子だった。しかし、母親同様にどうしても好きになれなかった。一緒に住み出してからも俺はアズサを避け続けた。もちろん新しい母親も、親父も。
俺は家に寄り付かなくなった。実母のいる家にいる事が多くなり、家にはただ寝るだけに帰っていた。やがて時は過ぎ、俺が15の時、親父と殴り合いの大喧嘩をした。
殴り合いの最中、俺はそれまで溜まっていた不満をぶちまけた。半分泣きながら。でも喧嘩が終わった後、今までよりも家族に対して違和感を抱かなくなっていた。
俺はだんだんと家族と打ち解けていった。母親とも普通に会話ができるようになっていた。特にアズサとは打ち解ける事ができ、休日には買い物に付き合って上げる事もあるくらいまで仲良くなった。
そして18の時、少し家から離れた場所にある大学に行く事になった。そのため、俺は1人暮らしを申し出た。親父と義母は別段、反対はしなかった。

1番反対したのはアズサだった。泣いてまで俺を止めようとした。そこでアズサはある条件を俺に突きつけてきた。それは「俺の家に遊びに来る」というものだった。別にその程度だったら、と思い俺もOKした。かくして俺の1人暮らしが始まる。
アズサは月1くらいのペースでうちに来た。うちに来てもたいてい俺がゲームしてる所を見てるか、本を読んでいるくらいしかしていないが。やがて日帰りだったのが一泊するようになっていった。土曜日に来て日曜日にかえる、というパターンだ。アズサが晩御飯を作ってくれる事がおおかった。
寝るときは一緒のベッドで寝た。前から一緒に寝ることが多かった為、違和感は全くなかった。最初は泊まるときはパジャマとか持参だったのだが、やがてめんどくさいからと置きっぱなしになる。こんな状況なので恋人なんかできても長続きしなかった。
やがて大学での俺の評価が「バカ兄貴」「シスコン」といわれ始めた。俺はそんなつもりはなかったが周囲からはそうとしか見えなかったらしい。
そんな状況が2年弱続く。事件が起こったのは俺の成人式の夜だった。実家の方の成人式に出席した俺は同級生と再会、その後の飲み会に行く事になった。もともと酒に弱い俺はアッという間に酔いつぶれた。
やがて飲み会もお開きとなり、帰ることになったがタクシーを呼んで乗ったとこまでは覚えている。そこからは記憶が全くなかった。
翌朝、目を覚ました俺はとんでもない物を目にする。
俺が寝ていたのはアズサのベッド。
それはまだいいとして、隣に寝ていたアズサの格好が不味かった。
なんとショーツのみ、という姿だったのだ。
今まで一緒に何度も寝ていたが、こんな事は初めてだった。
アズサの育ちかけ、とも言うべきバストが丸見えだ。
呆然として視線を時計の方へやる。
更に驚いた。実は成人式の翌日にテストが入っていたのだが今から出ても間に合うかどうか、という時間だったのだ。
俺は叫びそうになりながら大急ぎで服を着る。
ここで俺は気づいた。俺は全裸だった。
トランクスすらない。まさに全裸。
俺は叫んでいた。
急いで学校に向かった俺はなんとかテストに間に合った。
しかし朝の出来事は、頭の中に入っていた知識の全てを吹き飛ばしていた。
そのため、テストは白紙に近い状況で提出せざるを得なかった。
その次のテストでも勉強した内容を思い出そうとしても
頭に浮かんでくるのは朝の事だった。
自分が何をしたのか、何もしていないのか。
考えるだけで頭がいっぱいになり、テストどころではなかった。
結局その日のテストは全滅状態だった。
大学からの帰り道、俺の部屋の隣に一人暮らししているクラスメイト(女)に相談した。
結果彼女曰く「やった」との事。
目の前が真っ白になった。
ただその後に彼女がアドバイスをくれた。
過ぎた事よりもこれからをどうするのか。
彼女は俺に実の兄妹じゃないなら別にいいんじゃないとお気楽に言ってくれた。
また、それよりも目の前のテストに集中しろ、とも言ってくれた。
俺もとりあえずはそれに従い、テストに集中する事にした。
次にアズサが来るのはテスト明け。
テスト時期には来ないように言ってあるためだ。
それまでに何かしら答えを見つけないと。
勉強には隣のクラスメイト(以後、日奈とする)が付き合ってくれるとの事。
友情に感謝した。
テスト期間が終了する。
結局答えは見つからなかった。
気持ちもまとまらないまま、アズサがやってくる。
いつになく笑顔が眩しく感じた。
そしていつになくアズサが俺に擦り寄ってくる。
さて、どう切り出すか。
いつも通りのことをしながら考えていた。
でも擦り寄ってくるアズサはそんな俺の思考を妨げる。
髪から漂ういい匂い。肌の柔らかさ。甘ったるい声。
今までは感じた事のない感じ方をこの日はしていた。
夕食が終わっても変わった事はなかった。
俺が意識してしまうこと、アズサがいつもより多めにくっ付いてくる事以外は。
そして夜11時を過ぎたぐらいだったか、アズサが風呂に入る。
この日はもう何もないと思い込んだ俺はゲームをしながら何事もなく送り出した。
アズサが風呂から上がってきた。
入れ替わりに俺が風呂に入るつもりだったが、出てきたアズサの格好を見て驚く。
バスタオルを巻いただけの格好だったからだ。
いつもはこんな事はなかったのだが。
俺は平静を装って早くパジャマを着るように言って風呂に入る。
風呂の中で、再び俺はどう切り出すかを考えるハメになった。
覚悟を決めた俺は風呂から上がる。
俺はバスタオルのみを腰に巻いて出る。
これは別に意識してというわけではなく、いつもこうだからだ。
風呂から出て部屋に戻るとアズサはバスタオルのみのままで
ベッドに俺に背中を向ける形で座っていた。
俺は手に持ったタオルで頭を拭きながらアズサと背中合わせになる形でベッドに腰掛けた。
アズサが何を求めているのかはわかった。
俺もそれを実行するのに躊躇いはなかった。
成人式の翌日以降、俺はアズサを義妹としてだけではなく女として考え始めていたからだ。
でもどうしてもハッキリさせておかなきゃならない事があった。
背中合わせのまましばらく沈黙が続く。
それを破ったのは俺の言葉だった。
俺「あのさ・・・」
ア「ん?」
俺「成人式の夜さ、俺たち一緒に寝てたよな。」
ア「うん。」
俺「次の日の朝さ、全裸だったよな。」
ア「・・・うん」
心なしかアズサの声がトーンダウンした気がした。
俺「あれさ・・・やっぱ・・・やっちゃったんだよな・・・」
アズサが隣へ来て怪訝そうな顔で俺の顔を覗き込む。
ア「・・・覚えてないの?」
俺「・・・申し訳ない・・・覚えてないんだ・・・」
ア「・・・そう・・・」
そう言って少しの間、沈黙が続く。
ア「そんなの・・・あり・・・?」
俺「・・・・・・」
ア「・・・ひどいよ・・・」
俺「・・・スマン」
ア「私・・・あれが・・・」
そういってアズサは両手で顔を覆った。
見ると肩が震えていた。
俺はやっぱ言い方をマズッたかな、と思った。
だが次の瞬間
ア「・・・プッ・・・」
俺「!?」
ア「ククククっ・・・・」
俺「???」
アズサが急に笑い出したのだ。
最初は無理やり堪えてたような笑い方だったが
次第に耐え切れなくなったのか大声で笑い始めた。
俺には何がなんだかよくわからなかった。
やがてアズサの笑いが収まってくる。
相当可笑しかったのか、笑い終わった後もしばらく呼吸を整えていた。
ア「嘘だよ~ん」
俺「??????」
何が嘘なのか。
ア「実はあの夜、なーんにもなかったんだよ~ン」
俺「・・・は?」
俺の頭はまだなんの事だか良く分かっていない。
アズサによるとあの日の夜、俺が帰ってきたのは深夜だった。
既に親父や義母は眠ってしまっており自分だけが起きていたのだが、玄関で眠りそうになっていた俺を布団に連れて行こうとしたらしい。
しかし、俺の布団など実家には存在しなかった為急遽自分の部屋に引っ張って言ったらしい。
そして自分のベッドに乗せ、俺の着ていたスーツを脱がしてくれたようだ。
スーツとネクタイ、ワイシャツを脱がしたとき。
ふといたずら心が浮かんだらしい。
俺のトランクスまで脱がし、自分もショーツのみでベッドに入った。
やりました、という状況を自分で作ったのだ。
本当なら翌日、ネタバレしてすぐに誤解を解くつもりで。
ア「でも起きたらもう兄貴いなかったから・・・。」
俺「・・・・・」
ア「本っ当にゴメン!」
俺「・・・・・・」
喉まで怒鳴り声が出掛かっていた。
だがそれを出す事はなかった。
俺「・・・はぁーーーーー」
ため息しか出なかった。
何のためにテストを犠牲にして悩んでいたのか。
日奈に恥をさらすことを承知で相談したのか。
なんだか自分が情けなくなった。
俺の覚悟はなんだったんだろう。
ア「・・・もしかしてスゴイ悩んじゃった?」
俺「ああ、恐ろしいくらいにな。」
ア「怒ってる?」
俺「怒る気にもならん。なんだか拍子抜けしたよ。」
俺は肩の力が抜け、一気に肩を落とした。
ア「でもさ、もし・・・本当だったら?」
抜けた肩に再び力が入り、ビクッと俺は跳ねた。
ア「もし・・・本当にしちゃってたら・・・兄貴どうした?」
俺「・・・・・」
予想外の展開で答えられなかった。
まさかあれが嘘でこんな展開になっていくとは・・・。
ア「・・・責任・・・取ってくれた?」
この問いに対する答えは既に決まっていた・・・はずだった。
だがあれが嘘だった事で俺の決意は揺らいでしまった。
自分からいくはずだったが。
揺らぎのせいで俺は動きが遅れた。
そこへアズサの顔が近づく。
両手で俺の顔をつかんでいる。
俺の顔の寸前、呼吸が感じられるくらいまでに接近する。
ア「なんであんなコトしたか・・・分かる?」
アズサの呼吸が荒くなっていくのがとてもよくわかる。
俺の呼吸も荒くなっていた。
やがて俺の顔がアズサの顔に引き寄せられ・・・唇が重なった。
重なっただけ。それだけで俺は体中が熱くなった。
10秒、いや20秒して唇が離れる。
ア「・・・こうする・・・ためだよ・・・」
俺は迷った。この続きをするのは簡単だ。
でも出来る事なら避けたかった行為。
でも俺の本能は躊躇の必要は無いと叫んでいる。
理性がそれを遮っている。もう責任を取る必要はないのだ、と。
その葛藤が俺の動きを更に鈍らせる。
そんな表情を読み取ったのか、アズサは更に俺に接近してきた。
顔を耳元に近づけ、囁く。
ア「私たちが初めて会った時の事、覚えてる?」
そういいながら俺の髪に指を絡め、撫でる。
ア「初めて会った時、すごく怖い顔をしてたよ。」
そういって、俺の首に吸い付いた。
首の皮膚と一緒に神経まで引っ張り出しそうなくらいに。
確実にあとが残りそうなくらいに。
吸われてる間、俺は息を止めていた。
チュポン、という表現が似合うような音を出して離れた後、再び耳元で語りだす。
ア「一緒に暮らすようになってからもいつも怖い顔だった。
でもだんだん時間がたって、それが無理矢理だって感じ始めた。
ほんとはとても優しいんだけど、本当のお母さんの事を考えるととても優しくはできない、っていう感じがした。」
そういって今度は反対の首筋に吸い付く。
指は相変わらず俺の髪を撫でている。
吸い付きが終わって今度はそっち側の耳で語り始める。
ア「私が8歳の時、義父さんと大喧嘩してから兄貴は変わった。
だんだんと優しさを見せてくれた。嬉しかった。
やっぱりそうだったんだって。兄貴も辛かったんだって。
母さんはあんまり近づいちゃダメだって言ってたけど・・・。」
今度は俺の膝の上に横向きで座り俺の首に腕を絡めてきた。
正面から見つめ合う。
ア「でも私は兄貴の事がもっと知りたかった。だからダメって言われてもたくさん近づいた。兄貴もだんだんと私に打ち解けてきてくれた。
やっと仲良く慣れた、って思えたのは10歳ぐらいだったけど。
それ以来、私はいつも兄貴の事ばっかり考えるようになってた。」
唇が再び重なる。今度は舌が入ってきた。
アズサが首を傾け、唇同士がスキマなくつながる。
舌同士が激しく絡まりあった。
舌同士が押したり、引いたり。
ものすごく濃いディープキスだった。
動いて重なり合った唇の間に隙間ができるとそこから2人の唾液が溢れ出る。
俺はもはや抵抗しなかった。本能が理性を殆ど打ち倒そうとしていた。
唇が離れる。離れた唇の間に唾液の糸が架かる。
上気した顔にトローンとした目をしたアズサがまた語りだす。
ア「それがただの兄妹愛じゃ無いってコトはすぐに分かった。
誰にも話せなかったけどとても幸せな気分。
1人暮らしを始める、って言われた時は辛かったけど考え方によってはこれはチャンス。2人だけの空間になるから。」
そういってアズサは俺の手首をつかむ。
そしてその手を自分自身の股の中央に導いた。
既にそこはヌルヌルになっていた。
ア「私の女の子の部分、こんなになっちゃった。」
そういって俺の手首を前後に動かす。
ニチャっという音が連続して聞こえる。
アズサのまとったバスタオルの下端が俺たちの手の動きにあわせてユラユラと動いている。
そして俺の『槍』も既に反応し、限界まで反り上がっている。
ア「兄貴・・・」
俺は何だ、というつもりだったが、声がかすれて言葉にならなかった。
ア「名前で・・・呼んでいい?」
俺はうなずいた。
ア「○○(俺の名前)・・・ずっと・・・好きだったの・・・」
そう言ってアズサは目を閉じた。
ア「・・・お願い・・・」
もはや止めようはなかった。本能も、『槍』も、俺自身も。
今度は俺からキスをした。
始めは重ねるだけ。
アズサがやったのと同じ。
10秒ぐらいやってすぐに離れる。
アズサは物足りない、って顔をしていた。
再び唇を合わせ、俺から舌を入れた。
アズサの舌を吸い上げ、そこに俺の舌を絡める。
互いの唇を大いに堪能しあう。
やっぱり唇を離すと唾液の糸が伸びた。
俺はアズサを俺の膝の上から下ろしてベッドに横たえた。
そしてアズサの身体に纏っていたバスタオルの結び目に手を伸ばし、はずす。
アズサの首下に左手を入れ、右手でバスタオルを右、左と捲っていく。
未発達の身体があらわになった。
俺はアズサの胸に手を当てる。
もみ上げるほどの豊かさはなく
まさに撫でる、といった感じになってしまう。
それでも乳首周辺に当たるとピクッと反応する。
何度か撫で上げた後、試しに乳首を摘んでみる。
撫で上げるよりも更に激しい反応を見せた。
ここで俺は右手で部屋の電気を消した。
今まで気づかなかったことに後悔する。
そして再び愛撫を再開する。
今度は手ではなく口を近づける。
まずは首の回りに沿ってネックレスが掛かりそうな位置に見当をつけ、痕は付かないように優しく首筋に何箇所かキスをした。
そしてキスした部分をつなげるように舐め上げる。
何度も往復した。
アズサは俺の頭を抱えるようにして耐えている。
俺は舌で舐め上げながら頭を胸元へ動かす。
まずは右の胸に吸い付く。
俺の頭に添えられていたアズサの片手が口元に動いた。
俺はそれにかまわず、吸い付きながら舌でチロチロと乳首を舐めた。
アズサは小さな反応を連続で繰り返す。
ある程度したら今度は乳輪に沿って舌を回す。
今度は長いため息のような感じ方をする。
それを左右何度も繰り返す。
アズサの反応もだんだんと堪えきれなくなったのか、声が大きくなる。
いい頃合で今度は右手をわき腹から肌に這わせながら下腹部、そして女の子の部分に当てる。
既に蜜が溢れ出しており、すぐにでも受け容れられそうだったがもう少し愛撫を続けていたかった。
まずは女の子の上端部、そこにある芯の部分を右手中指で引っ掻くように擦り上げる。
「ああッ!」と今迄で1番大きな反応があった。
もう1度引っ掻く。
今度も「アハッ!」と大きな反応がある。
更に何度も繰り返す。
引っ掻く度に声を上げて感じていた。
そのうち引っ掻く範囲を広げ、女の子の部分全体を引っ掻き上げるような感じになっていた。
アズサの声も芯を引っ掻いた時よりも大きく、長くなっていた。
蜜も既にかなりの湧出であり、準備は万端と思われた。
俺の槍も既に出番を待つ状態になって長い。
俺は右手を引き上げ、中指と親指をすり合わせて離し、濡れ具合を確かめた。
そろそろだな、と決心した。
アズサの胸部にあった俺の頭をアズサの顔の前に持っていく。
ここで俺は意識して笑顔を見せた。
アズサが少し不安そうな顔に見えたからだ。
俺の顔を見たアズサも笑顔を見せた。
俺はアズサの頬ににキスをした。そして耳元で囁いた。
俺「いくよ・・・。」
アズサはうなずいた。
俺は右手で槍を支える。
槍の先端がアズサの女の子の部分に触れる。
ここでもピクッと反応し、アズサは両手を俺の背中に回してきた。
俺は更に槍に力を込め、腰を押し出した。
アズサは「あっ!」といって俺にしがみつく腕に力が入る。
俺は更に腰を押し出す。
先端が少し入った。
アズサは今度ははっきりと「痛っ!」といった。
俺の背中に回った手に更に力が入る。
爪が背中に食い込むのが分かる。
さらに入っていくに従ってアズサは明確に痛みを訴えた。
その痛みは背中に回された腕を通じて俺にも伝わってくる。
だが半分くらい入ったところでついにアズサが「ちょっと待って!」をかけた。
俺「大丈夫か!?」
ア「チョッときついかも・・・」
俺「もう止めとくか?」
ア「いや、続けていいんだけどさ・・・」
そういって言葉を濁らせた。
俺「?」
ア「あのサ・・・好き、って言ってくれないかな。嘘でもいいから・・・」
また大ポカをやってしまった。
俺「ああ・・・好きだよ。アズサ・・・大好きだよ。」
俺は心を込めて、本気で言った。
ア「嘘でも・・・嬉しい・・・」
そう言って涙を浮かべた。
ア「もう一回言って・・・。」
俺「おう・・・」
そういって俺は少し考えた。
どう言えば本気であると信じてくれるか。
そして俺の口から出た言葉は、俺「アズサ・・・愛してるよ・・・。」
何ともありきたりなセリフだった。
それだけではインパクトが足らないと思い、流れ出たアズサの涙にキスをした。
だがこれが直撃した。
感激のあまり、アズサは更に大量の涙を流して「ありがとう」を連発した。
ア「いいよ・・・もっと奥まで来て・・・。」
とついに言ってくれた。
俺は更に「大好きだ」と「愛してる」を連発しながら奥へと進んでいく。
アズサは更に痛がり、俺の背に爪を更に食い込ませたがもう止める事はなかった。
そして俺は最深部に到達する。
最深部で少し休憩する。
俺「奥まで入ったぞ・・・。」
ア「う、ウン・・・」
俺「まだ痛いか?」
ア「痛いけど・・・なんか気持ちイイ・・・」
俺はここでキスをする。
しっかりと唇を重ね、舌を絡ませあう。
今度は口腔内だけでなく、外でも絡めた。
これは頑張ったご褒美、と言う意味合いを込めてだ。
キスを終え、今度は俺から訪ねた。
俺「動くぞ・・・。」
ア「いいよ・・・。」
俺は慎重に腰を振った。
引いて、押す。そしてアズサを観察した。
アズサは依然痛がったが、どうやらそれだけではなく
快感も感じているようだった。
それに安心した俺は更に腰を振った。
欲望を放つ為に。
10分?20分?30分?
どれだけ経ったかも分からないくらい俺はアズサに没頭した。
やがて俺の限界が近づく。
俺は放出場所を考え始める。
だがそれを察したのかアズサは両足で俺の腰をロックした。
ア「離れないで!」
俺「ちょっ!流石にそれはっ!」
ア「大丈夫!まだだからっ!」
ロックされた腰はアズサの中で動くには十分なスペースだったが抜く事はできなかった。
限界はすぐそこだった。
俺は我慢しながらアズサに脚を解くよう訴え続けたが聞き入れられる事はなかった。
そしてついに・・・。
俺「クッ、もうダメだっ!」
ア「来てッ!すべてを私にッ!」
俺は最後の抵抗として腰を限界まで引いてみた。
アズサの体内に少しでも入り込まないようにと。
だがアズサはそれを察知したのか偶然そう力んだのか分からないが動くくらいのスペースは残しておいた脚を閉めてきた。
俺の槍は最深部で固定された。
俺がそれに反応しようとしたときには既に遅く最深部で放出してしまった。
我慢した時間が長かったせいかそれとも背徳感のせいかは分からないが今までの人生の中で最大の快感、最大の放出だった。
その上長い。
すべてを放出し終える頃にはアズサの脚も解かれていた。
俺はアズサの中から少し硬度のなくなった槍を抜く。
そしてアズサの右隣にうつぶせに倒れこんだ。
そして息を整える。
隣のアズサも仰向けになったまま呼吸を整えていた。
やがて俺は首だけアズサのほうを向ける。
アズサも俺のほうを向いた。
俺は右を向いて寝る。
アズサは左を向いた。
俺たちは抱き合ってキスしあった。
ディープではなく。優しいキスを。
俺「愛してるよ・・・アズサ。」
ア「私も・・愛してるよ。」
そういって抱き合いながら眠りに付いた。
俺の人生の中で最高の夜は終わった。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.