(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

セックス体験、出張で処女の女性上司と愛し合い

サイキ

 1607-1034.jpg


その当時私の直属の女性上司でした。
部長と出張になり、泊るホテルは上司に予約を任せたのです。
ホテルに行ったさい、部屋が一部屋の予約になってまして、
おかしいと思いましたが、上司が<いいのよ、経費節約になるでしょう>と言い、
言われるまま部屋に入り驚いたのが、ダブルベッドの部屋で、
そのホテルは休憩とかに使用できる、いわばラブホテル兼用のビジネスホテルだったのです。
上司から<先にシャワーをして、私もしたいの>と言われ、
脱衣所がなく背を向けて、浴衣で隠し、シャワーをしに浴室に入り、
5分位でしょうか、上司が裸になって入ってきたので驚きました。
まさか上司が入ってくるとは思ってもいませんし、そして、
驚いたのがもう一つヘアーがまったくないパイパンでした。
オマンコが見えてました。
オッパイは形が崩れず乳首がツンと上を向き、いい形のオッパイでした。
 
 
私のペニスは上を向き始め、上司がそっと触れ<硬いのね>
と言い丁寧に洗ってくれたのです、交代にオマンコを洗わせてもらい、
ベッドに入りオマンコを舐めさせてもらい、
可愛い喘ぎ声で、上司の上にのりディープキスをしてから、
オッパイを吸わせてもらい、下にずれ両脚を開いたとき
「私、まだ処女なの優しくして」
ビックリでした、もう一度オマンコに吸い付き舐め上げてからゆっくりと挿入、
上司は私にしがみつき、私は子宮を突き上げ、
可愛い声でした<あん・・・痛い・・・・あ〜ん・・痛い>
私が突上げるのをやめると<いいの・・もっとしていの・・
お願い私を女にして・・・・名前で呼んで>と言い、
上司の名前は美代子で、私は<美代子、愛してるよ>
と突き上げ、処女を貫通し、終わった後、裸の上司を抱き上げ、
浴室でオマンコをそっと洗ってあげ、出血を洗い流してあげたのです。
上司が私の教えてくれたのですが、
「ヘアーが生えてこなくて、結婚はあきらめていたけど、
処女を誰かにあげようと思っていたの・・・・・
あなたなら、まだ独身だし、安心してあげられると思ったのよ、
この事は二人だけの秘密にしてね、
これからは、時々は私を抱いてもらえるかしら・・・
妊娠はしないから安心して、子供ができずらい体質なの、
このホテルに泊ったのも秘密よ、
○○の○○ホテルに宿泊するって会社には言ってあるの」
今でも時々はホテルで愛し合っています。

女性上司に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報