(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

生まれてきた子供が俺の子じゃない!DNA鑑定するまでもなく、血液型が違った・・・

サイキ

 123-1688.jpg


最近DNA鑑定で、夫の子供でなく、
浮気した相手との子供だったとニュースで
取り上げられていますが、
リアルに私はそれを経験してしまいました。
自分の場合はDNA検査ではなく、
血液型で分かったんですが・・・
当然妻の方の家族を含め修羅場です。
まず、妻の名前は祐美ということにしとこう。
勿論仮名。
祐美との出会いは、大学3年の時に、
ゼミで一緒になったことがキッカケで付き合い始め
彼氏・彼女の仲に。
祐美は結構病なヤキモチ焼きで、
俺が他の女の子と談笑するのすら
快く思ってなかったみたいでしたが
一方、俺はその手の束縛は全くしていなかったし、
そんなことする意味すらないと感じてました。
 
基本的に信頼していたし、
恋人同士、付き合うってそういうもんだと思ってました。
大学卒業後は、院に進学することもなく、
二人とも地元の企業(別々の)に無難に就職し、
お互い「多分結婚するんだろうな」という予感を保ったまま、
何事もなく1年が過ぎていきました。
社会人になって2年目の夏、まぁ、
避妊に失敗したと見え、祐美は妊娠しました。
「できちゃった婚かぁ、
だらしないなぁ、俺」
なんて思いながらも、ぶっちゃけた話、
ものごとの順序がちょっと
前後しちゃっただけのような認識で、
「それならまぁ、結婚しようか」
ということになり、
すぐに親に挨拶にいってそのまま入籍。
もちろんできちゃったことは内緒。
うちの親も祐美の両親もそういうことには厳しいので。
まぁだらしない話ですが。
挙式後、祐美の実家の近くに
部屋を借りてから、およそ10ヶ月。
祐美は無事に2670gの男の子を出産。
月並みですが、「
俺もひとの親かぁ」と一潮の感慨。
物凄く嬉しかったですよ。
でもね、すぐにおかしいことに気付いたんですよ。
俺の両親はAB型とB型。そんで俺はB型。
祐美の両親はA型とB型。そんで祐美はA型。
で、生まれた子共の血液型はA型。
理科の話になりますが、
祐美の両親はA型とB型、
AとBから生まれるA型ということは、
祐美は間違いなく(AOです)。
父親の方がB型らしいんですが、
(BO)のB型なんでしょうね。
で、うちの両親はAB型とB型ですが、
母が(BB)のB型ため、
俺も同じく絶対に(BB)ということなります。
(BB)の俺と(AO)の祐美から生まれてくる
可能性があるのは、AB型とB型だけのはず。
なのに祐美が
「この人がお父さんですよ~」
とか話しかけてる子供はA型。
今考えてもおぞましい。
当然、祐美に問い詰めましたよ。
どうゆうことなんだって。
祐美ははじめなにがおかしいのか
わかってなかったみたいですが、
上に書いた事をものすごく
根気強く丁寧に何度も説明したら、
ようやく理解したと見え、いきなり
「そんなこといったってもう結婚しているし、
子供も生まれているのよ」
と怒鳴って
号泣しはじめました。
はぁ?なんじゃそら、ですよね。
こりゃ話にならんと思い、
速攻で義父母に電話連絡。
なんだろうと駆けつけてきたところで
上の説明を施すと、さすがに一発で理解してくれました。
その後は2人とももう祐美を問い詰めて
叱責するは俺には泣いて謝るわで、
気付いたら夜が明けてましたよ。
その間も夜通し
「知らない」
「わからない」
とわめきながら泣き続けている祐美。
しかし朝の6時くらいになってようやく涙も枯れてきて、
耳をふさいでうつむいて下を見て
ずっと押し黙りはじめました。
ほんとにこれじゃラチが開かないので、
もう離婚は決定的だなと思いつつも、
「ちゃんと説明してくれないと
離婚しなきゃいけないだろ?ちゃんと説明してよ。」
と話掛けると、ほんとバカみたいな話ですが、
ちゃんと話せば離婚を免れると思ったんでしょうか、
ポツポツと白状しはじめました。
それによると、子供の父親は、
どうも会社の同僚らしいです。
「そんならなんでその人と結婚しなかったんだよ!」
「OO(俺)と結婚したかったから。」
「ざけんな!こっちの身にもなれや!」
「…」
「大体、普通バレるってわかるよな?
なんで騙しとおせると思ったわけ?」
「その人もB型だったから。」
「は?」
「その、相手もB型だったから、
OO(俺)と同じ血液型だから、バレないと思った。」
「…」
「アホか。」
恐らく、その相手は(BO)だったんでしょう。
それにしても危なかった。
運悪く子供がAB型だったら、
気付かず仕舞いでしょうから。
もちろんその場で、
子供の父親を呼び出しました。
部屋に入るなり、ばっと土下座して、
一言「申し訳ございませんでした。」と謝罪する間男。
義父もものずごい形相でそいつのこと睨んでたよ。
でも義父も俺も殴りかからなかった。
「あんた自分の子ができたんだろう、
なんで黙ってたんだ」
「実は、私、妻子のある身で。」
俺としては、
そうだろうなとはうすうす感づいてたけど、
こうもあっさり言われるとほんと腹がたつ。
だから、
「ざけんな!」
と土下座のままの体勢の間男に蹴りを入れ、
「こっちの身にもなれや!」
と大声で一喝。
無言で堪える間男。
すると、ここで義母が
「認知して責任とって下さい!」と泣きながら
堰き切ったようにわめきちらしだした。
義父が
「なんだ、こんな席で、
控えろこの馬鹿者!OO君の気持ちを考えろ」
と義母を叱るも意味なし。
まぁ、義母の気持ちも理解できるし、
こっちとしてももう未練ないんで、
「おとうさん、いいんです。
祐美さんとはどうせ離婚するんですから。」
と言うと、
「なんで!
ちゃんと話したじゃない!!」
とここで祐美が乱入。
「ふざけんな!
誰がおめーなんかと暮せるかよ!」
「だってさっきそういったじゃない」
「知るかそんなもん!
責めるならてめーを責めろや」
流石に押し黙る祐美。
祐美は相手にしてらんないと状況なんで、
「んで、さっきの話だけど、
責任とって認知しろな。」
と間男に詰め寄る俺と義母。
「…」
「返事はっ」
「…」
ここでもう一発蹴り。
またしても無言で堪える間男。
なぜかここで泣き出す子供。
「もういいわ、嫁に連絡しろや。」
「…はい?」
「おめーの嫁に連絡してここに連れてこい。」
「…」
「はやくしろやっ!」
「…それだけは勘弁してください。」
勿論また蹴り。
「お前状況わかってんのか!」
「…」
ここで義父が
「OO君。祐美の会社の同僚なんだから、
私が祐美の会社に電話すればわかることだ。」
と言うと、間男も観念したと見え、
「認知いたします。」
と土下座の体勢のまま声を絞りだした。
おいおい嫁には黙ってるつもりかよ、
と思いつつもとりあえずそれは棚上げ。
てか。
その場で義母がいきなり間男に
養育費の話とかしだしたんで、
俺は急に冷めてしまった。
とりあえず、俺と祐美は離婚、
間男は子供を認知し、
養育費を払うという基本事項だけ決めて、
解散ということにして、
泣きじゃくる祐美と子供は、
その日は義父にひきとってもらい、
急に静かになった部屋でひとりで
ずっとひとりで泣いてました。
会社休んで。
その後、嫡出否認等を済まし、
祐美とは無事離婚。
義父が最後の最後に涙を流して
「OO君、申し訳なかった。」と言ってくれて俺も泣いたよ。
で、間男はその後逃げもせず、
というか義母が逃がさず、
なんと嫁と離婚して祐美と再婚したと聞きました。
義父は最後まで猛反対していたようですが、
義母が押し通したようです。
俺は、一応祐美と間男
(結局苗字すら知らず仕舞い)に慰謝料を請求、
まぁ、ここでは特に修羅場もなく、
ほぼ言い値を支払ってもらいました。
しかしトラウマレベルの傷心です。
今もう30歳過ぎて彼女もいますが、
あの時の修羅場を思い出すと、
いまいち結婚に踏み切れない自分がいます。

男の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報