(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

おんなの告白、オナニーでオマンコから頭に電気のような衝撃が流れて

サイキ

 
on001.jpg

さかえ、23才です。
私のオナニーを覗いてください。
部屋の電気を真っ暗にして、窓のカーテンを開たままでのオナニー
私が足を開いて男の人にオ○コを舐めさせている所を想像してます。
そして、その行為を窓から覗かれている所を想像しながら…。
最初はパンティー1枚だけの姿で、左手でオッパイを揉みながら、
右手でパンティーの上から割れ目を軽く触りながら始めました。
想像では、男の人にオッパイを揉まれてオ○コを触られているところです。
だんだん感じてきてパンティーにやらしい液体が染み出してきました。
パンティーの横からオ○コを触ってみました。
指を動かすとオマンコから「クチュクチャ」とやらしい音がしました。
 
「あ…さかえのオマンコってこんなにやらしい音をだしてるの…」
とかって言うと、余計に気持ちが高ぶってきました。
だんだん指の動きも速くなってきました。
溢れ出てきた体液を乳首に塗ってみたり、パンティーに染込ませたりしました。
 パンティーを脱いで、ピンクローターのスイッチを入れました。
想像では、私が足をM字型にして、割れ目を私が自分の片手でパックリと開いて,
もう一つの手では男の人の頭をオマンコに押し当てて舐めさせているの。
「さかえのやらしいオマンコ舐めてぇ」とか言いながら、
ピンクローターをオマンコに当てました。
 ピンクローターを当てるときは始めは触れるか触れないかぐらいの感触で、
太ももや足の付根・オマンコの回りから、じっくり焦らすようにしています。
クリトリスの回りも軽くなで回す様にピンクローターを動かしながら、
もう一方の手ではオ○コを触っていました。
 ピンクローターをクリトリスに当てながら、オマンコを指で触っていると、
「グチュグチャ」とやらしい音がたくさんしてきました。
体が熱くなり、背中やお尻なんかも汗ばんできました。
クリトリスもプクッて大きくなっていました。
オマンコから染み出したやらしい体液を、クリトリスに塗りました。
 「あっ…窓から覗かれているの…いやぁん…やめてぇ…はずかしいよぉ…」
「やっ…止めないで…もっと舐めて…いかせて…あぁん…あぅ…あぁん…」とか言いながら。
もうこの頃にはオマンコの中に指も出し入れしてしまいました。
 今度はバイブレーターのスイッチも入れ、まず、お口で舐めまわしました。
私達の行為を覗いていた男の人のモノを咥えている所を想像しながら…。
足が何故なのかどんどん開いてきます。腰も浮いたりしています。
この時、もし部屋が明るかったら、わたしの濡れ濡れのオマンコは丸見えだったでしょう。
ピンクローターをクリトリスに当てながら、いよいよバイブレーターを私のオマンコに挿入しました。
 「はっ…はやくぅ…さかえのオマンコに来てぇ…グチャグチャにしてぇ…」
バイブレーターは少しずつ入れたり出したりしました。
「熱い…はっ…深くっ…深くいれて…いいっ…いいっ…すごいっ…」
「はあっ…はあっ…もっと動いてっ…もっと!…あっ…あっ…あっ…」
「グチュッ!ジュポッ!グチュ!ジュポッ!…」と、
オマンコにバイブレーターを出し入れする音をさせながら激しく動かしました。
私のオマンコから溢れ出たやらしい体液が、お尻まで流れシーツも濡らしています。
バイブレーターをオマンコをかき混ぜるようにしました。
ピンクローターの振動も速くてクリトリスに強く押し当てました。
「はあああっ…壊れちゃう・・・」って声がでて、
オマンコから頭に電気のような衝撃が流れて、オマンコの入り口がヒクヒクしてました。
 その後は、しばらくボーっとしていました。
バイブレーターをオマンコに咥えたまま。
「漏らしちゃったかなぁ」なんて考えながら…。
でも、シーツはびっしょり濡れていました。
すごくよかったの♪ やらしい声を出しながらオナニーをすると、
凄く気持ちが高ぶっていいの。
それと、私の投稿を読んでオナニーをしている人がいると思うと、
オマンコがなんだかジュンってしてきちゃいます。

女の体に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報