(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

女の告白、エッチ大好き人妻は3Pよりも4P

サイキ

konyoku.jpg

こんにちは、愛子です。26歳主婦です。
私には結婚前から付き合っているセフレS君がいて、結婚後も切れないでいます。
高校時代のクラスメイトです。

彼は水曜日が休みです。だから、私は水曜日になると主人を送り出して、
彼のマンションに出かけます。この日は夕方までずっと一緒です。
エッチはいつも彼のマンションです。

彼はずっと3Pがしたいと言っていました。
愛子が他の男に辱められるのを見ながら、嫉妬心に駆られて、
激しいセックスをしたいのだそうです。
ずっと断っていましたが、ついにその日がやってきました。


どうせすぐ脱がされるので、ノーパン・ノーブラです。
外へデートに出かける日もありますが、そのときももちろんそうです。
おでかけの日はなるべくミニスカートにします。

この日はおでかけの予定はありませんでしたが、初めての男性とも会うので、
刺激的なかっこうをすることにしました。
おへその少し上からV字に割れたキャミで、編み上げになっています。

キャミの丈は短くて、ミニスカもおもいっきり腰ではかないと
お尻が見えてしまうほど短いものです。おなかまるだし。
彼のアパートに着くと、S君の知り合いだと言うHさんが「おお~」と、歓声を上げました。

その喜びように、私は恥ずかしさも消えて、エロエロ愛子ちゃんのスイッチオン。
そうなんです。私、エッチがとても好きなんです。
でも、さすがの私もビビリました。

S君とは馴染みまくった身体ですけど、そこにはHさんに加えて、
もうひとり男性がいたのです。Kさんと紹介を受けました。
「3Pも4Pもかわらないだろ?」

約束と違うじゃないと文句をいおうと思いましたが、
速攻でS君に押し倒されて、唇を奪われました。
舌を絡めながら、私は「もうどうにでもして」と心の中で呟きました。

いつもと違うセックスに期待している私を自覚しました。
どうせなら3Pよりも4P。なにかすごいことが起こりそうで、
じゅくじゅくとアソコが激しく濡れ始めます。
キャミとスカートをまくられ、乳首とアソコにも唇が吸い付いてきました。
いつもなら、S君が順番に味あわせてくれる快感。それが一挙にやってきたのです。


女の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報