(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

旦那への告白・・・

サイキ

旦那に秘密にしてる事。
学生の頃からの話しなんだけどね・・・
父子家庭で酒乱な父親とうまくいかず家に居るのが嫌でよくプチ家出をよくしていた。
最初は基本的に女友達の家を泊まり歩いていただけだったが・・・

タイミング的にどうしても泊まるところがなくて男性の家に行く事があった。

行くところがなく1人で駅前のマクドナルドの前でぼぉーっと座り込んで時間を潰してると40代くらいの笑

顔の男性に「どうしたの?」と声を掛けられ「家出中・・・」と言うと

「ここだと補導員に補導されちゃうよ」

といわれどうしようかと思っていると付き合ってあげるよと夜の食事をおごってもらいそのまま家に・・・。
正直やばいよ・・・と思いながらもどうしようもできず着いていってしまった。

家に入るとシャワーを勧められ言われるままに浴びて出された男物のパジャマに着替えた。
男の人は入れ替わりでシャワーを浴びに行きこの隙に逃げようかどうか迷ったけど、なんかもうどうでも

いいような気が強かったのでそのまま過ごす事にした。

男の人はシャワーから出ると笑顔のままビールを飲み始め、私も勧められたけど断っておつまみのお菓子

だけもらった。
しばらく雑談をし家出の理由とか聞かれ事情を理解してくれて、困ったらいつでもここにおいでと言われ

た。

いい人なのかな?

っと思ったけどそこはやっぱ男の人・・・
布団に入って寝る時になると当然のように一緒に入ってきて・・・

エッチしてもいいよね?」

と言ってを触りながら服を脱がされた。
それまではけっこういろんな面で強がっていた私だったけど、当時エッチの経験はあるけど彼氏もいなか

ったから数回の経験しかなくどうしていいかわからず困って泣いてしまった。

でも男の人は泣いてた私を気にもせずSEXを始め、最後は口に入れられ精液を口に出された。
そしてそのまま抱きしめられながら寝てしまった。

男の人は朝起きると笑顔で朝食を作ってくれて会社に行った。
カギを玄関の近くに隠してありこのまま家に居てもいいし、いつ来てくれてもいいから自由に使ってくれ

ていいと言われ昼食代と言って千円くれた。

私は行くところもないし家にいてテレビを見て過ごしていた。
夕方、男の人が帰ってきた。

男の人はすごく嬉しそうにしていて夕食をおごってもらった。
家に一緒に帰ると昨日のようにエッチ
その時は泣かなかったので濃厚なエッチになった。
そのときは1週間ほど泊まって休みの日は遊園地に連れて行ってくれたりもして、夜寝るときにはいつもエ

ッチをする関係になりいろいろとエッチなことを教え込まれた。

学校とかで先生や父親の泣き落としで説得されて自宅に戻っても父親はお酒をやめる気はないのですぐに

酒乱が起き、私は自宅を逃げ出して男の人の家に行っていった。
男の人はいつも最初に会ったときの笑顔で迎え入れてくれてうれしかった。

そんな関係が卒業しても続き、会社で旦那に告白されて付き合う事になってもしばらく続いていた。

旦那への告白・・・
付き合った頃に住んでる家を教えなかった理由はこれ。
もうずっとこの男の人と住んでたんだ。
その頃に父親が死んで実家に戻ってからが旦那の知ってる私の世界。
男の人との生活も終わりになった。

結婚式にあなたがあの人は誰って聞いてきたYさんがその男の人なんだよ。
でも私にまともな生活をさせてくれたのはYさんだから・・・
今いる私のために許してほしい。


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報