(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

AV女優体験告白。。素人の処女喪失でデビュー

サイキ

1232-0748.jpg


私は何人もの男子生徒から
告白されました。そうなると勘違いしてきます。

私は将来女優になる女なんだと思うようになっていきました。

高校では、他校の生徒からも告白されて、高校3年の時には、
ついに当時30歳の先生から、卒業したら付き合って欲しい
と真剣に告白されてしまいました。

私は、入学以来ずっと憧れていた先生だったのでとても迷いました。
高校を卒業してすぐ、私は先生のアパートを訪ね、

「私は東京へ出て、アルバイトしながら女優を目指します。
でも、先生の事はずっと好きでした。だから、先生に抱かれてから、
先生の思い出を胸に東京へ旅立ちたいんです。」

この日、私は先生に処女を捧げました。
たった1回の思い出を抱いて、私が東京へ出たのが11年前でした。

私は、アルバイトしながら劇団巡りをするうちスカウトされました。

ウキウキとドキドキとソワソワが混じった気分で指定されたビルに入ると、
飲み物やお菓子を出されて飲みながら色々と質問されて、
少しずつのせられて、気が付いたら水着や浴衣の写真を撮られていました。

そして、あまり記憶が曖昧なのですが、ヌードまで撮影されていました。
和室の柱にもたれて、浴衣をはだけて乳房を出していたり、
アソコのヘアを露出したりしていました。

飲み物に何かが混入されていたのだと思います。
目を覚ますと、和室の布団で40歳過ぎのおじさんと寝ていました。

周りには何人もの人がいて、私とおじさんを撮影していました。
セックスはしていなかったみたいでしたが、後で見せられた写真では、
おじさんのモノが私のアソコに入っているように見えました。

私は眠っていたのですが、それは感じてウットリしているようにも見えました。

「目を覚ましたようだから、本当にやらせてもらえば?
父娘相姦の設定でいこうよ!」

え?ええ?っと状況をよく把握できないままアソコをいじられて、
あれよあれよと言う間に感じさせられて、おじさんのモノが入ってきました。

半年前に処女を失って以来生涯2度目のセックスは40歳過ぎのおじさんでした。
先生のときよりは痛くありませんでしたが、
それでもビリッと感電でもしたような感じでした。

「お、おい、この女、処女だったんじゃねえか?
おいおい、血が滲んでるぜ。マジかよ・・・」

私は、父に処女を奪われた素人の女の子と言う設定で、
投稿ビデオの素人の処女喪失で、エロDVDデビューしました。

私は流されるように、素人が撮影または素人を相手にナンパセックスした設定
のモデルで、主に女子高生や短大生という役柄で30本くらいビデオ出演しました。

メジャーなAVには出ませんでしたが、結局私は撮影されたり、
スタッフ側にまわったり、スタッフとの乱交に参加させられたりしました。

23歳のとき、こんな生活はやめて田舎へ帰ろうと思ったとき、
最後の仕事を頼まれました。

いくら童顔でも女子高生は無理だろうと思ったのですが、
時代錯誤もはなはだしい昭和レトロのセーラー服を着せられて、
髪は三つ編みにされて和風の古い旅館で撮影されました。

本物の荒縄で縛られて、恥ずかしい格好でアソコを丸出しにして、
古臭い背広を着た中年男性に陵辱される写真を撮られました。

その後、もっと狭い別の部屋で、若い青年とのセックスを撮影されました。
出来上がった写真を見て驚きました。

そこには、昭和30年くらいの世界が広がっていました。
写真は全てモノクロで、セピア色に色褪せていました。
カメラマンが説明してくれました。

「赤貧の女学生が、親の借金のカタに町の名士に陵辱されたのです。まだ15歳の
女学生は、体をもてあそばれながらも、この名士に学費を出してもらって
いるのでじっと耐えるのでした。

女学生には好きな大学生がいましたが、名士に隠れて逢瀬を楽しんだのです。
どうです、昭和30年前後に見えるでしょう?女学生に見えるでしょう?
とてもモデルがあなただとは分かりませんよ。」

本当にそうでした。この写真は、ある資産家の古い蔵から出てきたと言う設定で、
雑誌に載せるそうです。もちろん、性器にはボカシが入るでしょうけれど、
本当に昔の写真みたいでした。

私は23歳で東京を去り、故郷に帰ってきました。

私の地元は東京と比べたら田舎ですが、そこそこ都会ですから
バイトならたくさんありました。

地道に働いていると、何人もの男性に声をかけられましたが、
私はしばらく男性とお付き合いする気持ちになりませんでした。

そして、24歳で先生と再会したのです。
「一応、待ってたつもりなんだけど、だめかな・・・」

「私、東京で散々汚されて逃げてきた女です。
先生に愛される資格はもうありません。」

先生は、私が東京でどんな目に遭っていたのかを一切尋ねません。
唯一途に私の事を愛してくれるのです。

一体何人の男性のモノを挿し込まれたか分からない私のアソコを
喜んで愛でてくれました。私は、先生のお嫁さんになりました。

「すごく可愛い奥さんですね。」
「卒業後に再会した教え子と結婚しちゃったんです。
女優さんみたいに可愛いでしょう。」

いつもニコニコして私の事を自慢します。

私は、可愛いと言われた昔に戻って、
先生の自慢の清純な教え子妻を演じる女優なのです。

女の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報