(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

セックス体験、デブ男に処女奪われ未だに結婚できない私

サイキ

img0205.jpg


当時、大学3年。
女子大でしたが、サークルに入っていたこともあり男性はまわりにたくさんいました。
女子高→女子大で男性にあんまり興味もありませんでした。

当時のバイト先は女性が多くて人間関係が複雑。昨日の友が今日は敵。。。。

そんな時、自分が原因ではないミスを押し付けられ、上司には
「そんなことじゃ就職もできねぇだろうなぁ」と罵られました。
「なんでバイトなのに・・・」一人で部屋で泣いていたら、サークル仲間で1つ下の
Kから電話が来ました。

明るく振舞ってはいたのですが、泣いていたことがバレたのか心配してくれます。
ちなみにKはデブ。しかも、メガネだわという感じでヒトがイイのだけがとりえで、
まったくの恋愛対象外。

30分後、お酒をたくさん持って原付でKが家に来ました。
本当に来るとは思っていなかったのでビックりしました。

それまでカクテルやチューハイぐらいしか飲んだことがなかったのに、
勢いで赤ワインやズブロッカというお酒も飲んでしまいました。

Kが「悪くない。大丈夫だよ」

急に、頼れる存在に感じました。
酔っ払っているのと、すでにコンタクトをはずしていたのでよく顔が見えていません(笑

横からギュっと抱きしめてくれました。
そして、突然キス・・・・手馴れています。

『デブは太っているだけで、イイヒトに見えてガードが甘くなる』
と、言っていた友達の声を思い出しました。

そのまま押し倒されて、胸を触ってきました。
すでにノーブラだったので触りたい放題です。
電気はついたまま、Tシャツは胸の上までまくられてKがなめています。

気がつくと目の前に、パンパンに大きくなったアソコがあり(今思えば69の体勢)
『年上の姉さん』を演じなきゃ!と思いフェラのマネをしてみました。

でも、どこまで口に入れればいいかわからないので大変でした。
その時の私は下半身はパンツどころかズボンもはいたまま。

口に入れられながらパンツとズボンを一気に取られて、
そして、足を大きく広げられてアソコを舐められました。

口から抜かれて、私の足の間にKのが来たら”グリッ”って初めての感覚に
身体が裂けそうでした。
しかし、簡単に入らないのでイライラしたのかKは、私の足を高くあげて
私は自分の膝が顔に当たる体位になりました。

デブのKの体重を一気に乗せられて、重たいのとアソコが痛いのとで大絶叫です。

それでもKはガンガン腰を振り続けて私は放心状態で彼を受け入れていました。

どれぐらい時間が経ったのでしょうか、Kが「いきそうだ」といって、
手を引っ張られながら、ブルブルっと震えました。

抜いて解ったのですが、Kは気づかない内にゴムは付けていました。

その後Kとは何故か1年付き合いました。
その間に初Hの時のことを聞くと、最初からHする気満点で、
処女だとはまったく思わず、H好きだと思ってたと言っていました。

それから誰とも付き合わずに今24歳になりました。
初めてをデブのKに奪われて、kしか知らない私って。。。

女の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報