(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

姪へのきわどいマッサージで叔父さんいささか興奮

サイキ

918-2-0945.jpg


ときわどい関係になりました。は、私の実弟の一人娘で、現在中3(15歳)です。私は41歳
のごく普通のサラリーマンです。

この夏休み中に、弟夫婦とその一人娘の3人で、私が住んでいる家に1週間泊まりました(弟は
仕事の都合で、先に帰りましたが)。滞在2日目に私との2人でテニスをしました。私は中高時
代はテニス部に所属していました。は吹奏楽部に入っており、普段あまり運動はしないそうで
す。急に体を動かしたせいで、は翌日筋肉痛を訴えました。

私が
「僕がマッサージしてあげるよ」というと、最初は恥ずかしがって
「大丈夫、大丈夫」といっていましたが、
「早めに手当てしないと、後でもっと痛くなるよ」と脅すと、
「じゃぁ、恥ずかしいことはしないって約束してくれる?」
「美奈が赤ちゃんのころは、僕がお風呂に入れたり、おしめを取り替えたことだってあるんだぞ」
「キャー、それはいわないで」というわけで、とうとうマッサージをすることになりました。

最初にシャワーを浴びてきてもらい、うつ伏せに寝かせました。服装はというと、下は濃紺のハー
フパンツ、上は白いTシャツです。

大きめのバスタオルを横にして美奈の腰周辺を覆いました。
早速、足の裏から揉みはじめます。手のひら全体や10本の指を使って、徐々に上がって膝まで進ん
だら、また足の裏に戻ります。

美奈の表情を見ると、気持ちよさそうです。両脚の膝から下の部分
が終わると、次は太ももです。マッサージしやすいように、ハーフパンツが少し見えるくらいまで
バスタオルをまくりました。太ももの裏を、同じように手のひら全体や10本の指を使って揉み上げ
ていくと、さすがに感じるらしく、特に私の手がお尻近くに届くとかすかに「んっ」とかわいらし
い声を洩らしながら、体をびくっとさせます。耳が少し赤くなってきていました。

太ももの裏側を両脚とも、じっくり時間をかけて揉みました。5分ほど続けていると、鼻にかかったかわいい声で「んあっいやっ」と喘ぎながら、お尻を上下させるようになりました。私が
「ちょっとこのハーフパンツ、邪魔だから取ってよ」というと、
「ええ~」と少し迷っていたようでしたが、私が少し命令口調で
「後ろを向いててあげるから、早く」といって、背を向けると、観念したのかゴソゴソと服を脱ぐ
音がしました。


「脱いだよ」といわれて振り向くと、頭のそばに脱いだばかりのハーフパンツが畳んでありました。
また太ももの裏側をマッサージし始めます。お尻に近づいたときに、手の甲をうまく使って、バス
タオルを少しずつ上にずらしていきました。美奈が私の指に反応してお尻を上下させたせいもあっ
て、とうとうピンクのパンティが見えてきました。少女のものとはいえ、ぐっときました。しかも、 なんと染みができているではありませんか!!大人になったんだなぁと思いました。

次は上半身です。指先から肩に向かって揉み解していきました。私の手が腋の下に近づくと、
「くっ、くっ」と笑いを体全体でこらえます。私がふざけてモロに腋の下をくすぐると、
「あははーんっ」と叫んで体を大きくよじりました。その拍子に、バスタオルが大きくずれて、パンティがすっかり露わになってしまいました。美奈は慌てて、バスタオルでお尻を隠します。

次に、美奈の体にまたがって、背中をマッサージし始めました。やはりお尻の近くは感じるようで、 私の手が近づくと、体がびくっとなります。マッサージ中にブラのホックを外しました。そしてしばらく揉んでから、「やりにくいからTシャツまくるよ」といって、返事も聞かずに肩の方までまくりあげました。少し脇 の方からオッパイが見えてきました。

美奈は現代っ子というのか、けっこうオッパイが大きく、たぶんFカップくらいあると思います。私の手が、ホックを外されて緩んだブラの下からオッパイの近くに届くと、またもや「んあっいやっ」と両脚をバタバタさせながらかわいらしい声をあげます。耳から首筋から、もう真っ赤です。

次に、仰向けになってもらいました。姿勢を変える際、美奈はブラのホックをかけようとしましたが、 私が「そんなのはいいから、早く早く」と急かして、結局ホックは外れたままになってしまいました。仰向け状態でまた脚から揉み始めました。ただし、あまり時間はかけませんでした。

膝から下はさっさと済ませて、ピチピチ肌の太ももに時間をかけます。美奈は恥ずかしいのか、右腕で両目を覆い隠すようにしていました。唇が半開きになっていて、呼吸が明らかに乱れています。左手は、シーツをギューと掴んでいます。

私はまたもや、手の甲でバスタオルを少しずつ上にずらしていきます。私の手が股間に近づくたび
に「んっ、ああ~っ」と声を洩らします。体がビクっとなり、少し膝を立てるようにしたのでバスタオルがさらにずれ上がり、ピンクのこんもりした膨らみが顔を覗かせました。さっきも見たばかりですが、チラリズムの楽しみというべきでしょう。

片脚ずつ太ももを揉む際、片方の膝を立てさせました。美奈は「ああんっ、いやっ」とかすれ声をあげながら、慌てて左手でパンティを隠そうとしました。この愛らしい仕草を見て、理性を失いそうになりましたが、ぐっとこらえました。美奈の手をどけてクロッチ部分を見ると、グッショリになっています。かなり濡れやすい体質のようです。

いよいよ上半身に進みます。また美奈の体にまたがって、お腹をマッサージし始めました。くすぐったいのと、性的に感じるのとが混ざっているらしく、「あんっぐっ」と声を洩らしながら小刻みにビクッビクッと痙攣します。それに合わせてブラが緩んで動きやすくなったオッパイが、Tシャツの下でブルッブルッと揺れるんです。

赤ちゃんのころから見知っている美奈が、私にマッサージされて、こんな風に乱れた姿をさらすようになるなんて… などと、今こうしてある程度冷静に書いているからこういう言葉を並べられますが、そのときは実はものすごく興奮していました。よく理性を失わなかったものです。甘い体臭
がかすかに漂いながら、眼下にはオッパイが揺れているのですから。

「Tシャツを少しどかすよ」といって、返事も聞かずにブラが少し見えるところまで、まくりあげました。
パンティとお揃いのデザインです。
「かわいいデザインだね、このブラ、似合ってるよ」と耳元でささやいてあげると、嬉しそうな表情が口元に現れ、体をくねくねさせました。思わず抱きしめそうになりましたが、がまんしました。

ピンクパンティのウエスト部分、アクセントになっているリボンが見えるところまでバスタオルを下げて、マッサージしてあげます。指先を立てて、爪でおへその周りをツーっと撫でるようにすると、「んああっんぐっ」と声を洩らしながら大きく仰け反りました。きつめのTシャツを着ていれば、こうならなかったでしょうが、けっこうゆったりしたTシャツだったので、押さえが効かなかったようです。オッパイも大きくブルンッと揺れたため、ブラがかなりずれて、オッパイの下半分が露出したのです!!

連続してこの爪くすぐり責めをやると、最初は唇をぐっと閉じてできるだけ声を出さないようにしていたせいで、「んんっ」「ぐっ」という声を洩らしていましたが、やがて我慢できなくなったのか連続的に「んあんっ、いや~ぁ」と少女らしい甘えた声をあげるようになりました。

体をよじるたびにブラの下のオッパイがブルンッブルンッ揺れて、甘い香りが立ち込めます。いっそのこと、ブラを外してしまおうかとも思いましたが、さすがにそれはやめときました。代わりに、オッパイの露出した部分にも爪を這わせてあげました。多分後2センチくらいずり上がっていたら、乳首が見えていたはずです。こんな感じで、たまには腕の方にも戻って、上半身をマッサージし続けました。

またうつぶせになってもらいました。ブラを押さえながら恥ずかしそうに横たわります。美奈は自分からバスタオルを脇にどけました。ピンクのお尻がぐっと盛り上がっています。そのお尻に遠慮なく手のひらを当て、円を描くようにして揉みまくりました。相変わらず、「んあんっ、いや~ぁん」とかわいらしい声をあげています。私が手をチョップの形にしてお尻の割れ目に沿わせたところ、小さな声で「ああんっ、そこは…だめっ」と体をよじって抵抗します。

お尻をよじったために、かえって私の手がお尻の割れ目に食い込んでいきました。美奈は「く~っ」と子犬のような声をあげて、両脚をばたつかせます。お尻の感触をしばらく楽しんでから、上半身に向かいました。体の脇に押しつぶされてはみ出ている白いオッパイの近くを集中的にマッサージします。

美奈は「あんっ、いやっ」と繰り返しあえぎながら、腰を上下に激しく振っています。目の前でピンクの山がモゾモゾ動くのは、すばらしい眺めでした。最後に脚の方をマッサージして、終了しました。

翌日の午後、妻と弟夫婦がそれぞれ外出した直後、美奈が体をくねくねさせながら私に近づき、顔を真っ赤にしながら私に言った言葉が忘れられません。

「また…マ、マッサージ…して…」

今年の夏の体験は、お互い一生忘れられないでしょう。


男の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報