(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

「人妻・不倫」寝取られから寝取らせへ最終話

サイキ

sx001.jpg


翌日。妻は何事もなかったかのような顔で帰宅しました。
「心配したでしょ?」と微笑む妻の顔が、
妄想の中で見た妻と重なりました。

服を脱がせた私の目に見慣れない下着が飛び込んできました。
真っ赤なブラと同じデザインのTフロントを身につけた妻は
「買ってもらっちゃった。」と恥ずかしそうに言いました。
箱根の温泉では、人目をはばかる事無く
思いきりSEXを楽しんだ様です。

なにしろ行きの道中から車中、
上司のチン○をしやぶらされていたそうで、
結局、人気の無い路肩に停車して挿入されたそうです。
「旅館に着くまで我慢できなかったの?」と聞くと
ペロペロしてるうちに頭がぼ~としてきて、
欲しくなったそうです。

 出掛けに見た妻が太腿で
止めるタイプのストッキングをしていた理由が
わかった気がしました。(想定範囲内?だったのかな)
その後も貸し切り露天で精子を飲まされたり、
浴衣の帯で縛られて、上司の上に跨がって
腰を振りながら何度もイッたそうです。

騎乗位好きの妻がおっぱいを弾ませながら、
腰をグラインドさせる姿が目に浮かびました。
しかも連泊をせがんだのは、なんと妻の方からでした。
それは、浮気相手との旅行をあまりに素直に
快諾した私に拍子抜けした妻が
私を困らせるため(さらなる嫉妬を引き出す為)に
仕組んだ悪戯でした。

本当のところはわかりませんけどね。(苦笑)
意外な事に、翌日は都内で過ごしていたそうです。
下着は着替え用に買ってもらったとのことでした。
あの時、妻はすぐ近くのホテルから電話をかけていたのでした。
しかも、買ってもらった下着姿で上司の前で電話したそうです。

人妻が目の前で夫を裏切るんですから、
男としてはたまらないでしょう。
その後、上司は私のことを引き合いに出して虐めながら
妻にオナニーを強要。 妻は四つん這いになって、
お尻を軽く叩かれながらオナったそうです。


真っ赤なTフロントの裏側に、
べっとりと白い淫液が生々しくこびりついていました。
さらに妻の内太腿には、
明らかにそれとわかるキスマークが残されてました。

セックスレスだと言わせているので安心したのか、
お仕置きだと言ってつけられたそうです。
「これで、しばらく旦那とはできないだろ?疼いたら、
また可愛がってやるよ。」

そして激しく腰を使われながら、
私への謝罪の言葉を何度も言わされたそうです。
その時、妻はやはり一匹の雌として
完全に上司に征服されていたのだと思います。

最後は自分でお願いして、顔射。
ちなみに射精後のチ○ポを、
口できれいに舐めとることを教育したのも上司です。

報告を聞き終えて、チ○ポを掃除させながら
「もう、アイツとのSEXが忘れられないんだろ?」と尋ねると
コクリとうなずく妻がいます。

ツボを心得た妻はおもいきり淫らな顔で
「○○さんのオ○ンチンじゃないと、イケないかも」と囁くのです。

寝取り・寝取られに関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報