(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

スポンサーサイト

サイキ

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted byサイキ

「人妻・不倫」寝取られから寝取らせへ1

サイキ

1232-0636.jpg


貸し出した相手は妻の会社の上司です。
事の起こりはその相手との浮気。
つまり、寝取られ>公認という流れでした。
浮気相手は私が「公認」している事実を知りません。
公認してからは2回までは知っていますが、
浮気期間に何度の交渉があったのかは不明です。

本人は5回くらいと言ってますが・・・
新入社員の頃から狙われていて、
ふとしたきっかけから、そういう関係になったと。
かなり上の立場の人(年配)で、
もちろんダブル不倫ということになります。


最初にホテルの部屋に入った時、立ったまま、
おっぱいだけ剥き出され
「こんなスケベな体してたんだ。想像していた通りだよ。」
と言われながら ねっちっこく責められたそうで。
性感帯のおっぱいを長い間ナメまわされて、
「足がガクガクになった(本人談)」そうです。

年配の舌技にメロメロにされてしまった妻を思い、
めちゃ興奮しました。
割り切った関係ということもあって、
当初からかなりハードなSEXをしていたようです。

ある時は移動中の間ずっと、
タクシーの中でスカートに手を入れられたことも
あったそうです。 酔いも手伝って、
自分から股を開いて興奮していたと。
「多分、運転手さんに気づかれてたと思う。」
って恥ずかしそうに言ってました。

色々、その時の模様を聞き出していくと、
私とは今まで一度だってしたことないのに!
ということが結構あって。
そういうものかもしれないけど、やはり嫉妬に狂いますよ。

妻のMっ気に気づいた上司は、
羞恥心を煽るようなプレイを強要したそうです。
カーテンを開け放った窓際でのフェラ&パイズリは
上司のお気に入りのプレイで、
妻が一番感じたのは窓に手をついて、
後ろから貫かれた時だそうです。

「やっぱり非日常だから、つい大胆になっちゃうの。」
だと。(はぁ・・・


もともと、感じやすい妻の身体は ちょっと虐めれると、
パンツの上からでもわかるぐらいねっとり濡れます。
上司は軽いタッチや言葉責めをしておいて、
すぐには事に及ばずに ルームサービスを頼んだり、
シャンパンを飲んだりして妻を焦らすそうです。

ねちっこい愛撫で、妻をトロトロにさせても
イカせずに寸止めした状態で、
ホテルのラウンジに連れて行く事もあった
(しかもノーパンのまま)そうです。
年上の余裕をかましつつ、
人妻が欲情する様を楽しんでいたのでしょう。

何度目かのSEXからは、決して自分からは誘わずに
妻の口から求めさせていたと。
あまり詳細は言いたがらないのですが、
ずいぶん恥ずかしいセリフも言わされてたみたいです。


妻は、焦らし・言葉攻めをすると、
パンツがべっとり張り付くほど濃い汁を漏らします。

舌を出して絡めるキスを何度も重ねて、
唾液を飲まされると何も考えられなくなって、
股間が濡れていく感覚がわかるそうです。

上司に「こんなにスケベに濡れる子は初めてだ。」
と言わしめるほどです。 我慢できなくなって
自分から上司のマラをくわえてたそうです。
上司はキス・唾液フェチらしく、
ハメられながらずっと舌を絡めたままで、
初めは抵抗があった唾液交換も次第に妻の身体に
馴染んでいった様です。

その頃、
妻から自分で求めてくることは皆無でしたが、
上司には自分から、乳首や股間に舌を這わせてSEXをねだっていたのです。

寝取り・寝取られに関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。