(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

ゆきづりの不倫、主人以外の男性は知らなかったのに

サイキ

918-2-0190.jpg

26歳の主婦です。

今日、パチンコで負けて帰ろうとした時、隣のサラリーマン風の男性に声をかけられました。

その方は、営業中サボって打ってたそうです。

中肉中背で見た目も普通な方なのですが、スーツの装いとあまりにも自然に声を掛けられてので、

ついつい、近くのレストランでランチしました。

今日は、夕方まで予定がないらしく、ビールとワインをご馳走になりました。

営業の方だけあって、会話も上手で、ついついとグラスが進みます。

会話の中で、ついつい愚痴がでてしまたのですが、嫌な顔ひとつせず、熱心に聞いてくれます。

こんなに、男性に話を聞いてもらったことないかも。

少し下ネタみたいな話もしちゃいました。

普段から、1杯飲んだら火照ってしまうので、少しやばいかな?と。

主人とは、うまくいってないわけではないので、このまま、 変な方向へなんて気持ちはありませ

んでした。

この男性もそんな空気を見せなかったので、安心しすぎてしまったかも。

2時間くらい経ち、そろそろ帰ろうと、化粧を直しにトイレに行きました。 用を済ませ、個室の

扉を開けると、その方が目の前に。

にやっと笑い、そのままキスをされ、個室に押し戻されました。

最初は拒んだのですが、彼の強引なキスに、いつのまにか彼を受け入れてしまいました。 こんな

キス初めてでした。

しばらく、舌を絡ませた後、何を思ったのか、『舐めてあげようか?』なんて、言っちゃいました

多分酔ってたんだと思います。

彼の上からの厭らしい目つきを見ながら、舐めていたら、じとっと、私の中が濡れてしまい、我慢

できなくなりました。

彼にお願いをして、タクシーに乗り込み、ホテルまで連れて行ってもらいました。

タクシーの中でも、手を握られて、手の甲を摩られただけであそこが濡れてくるのが分かります。

部屋に入るなり、彼は私の膝を付かせ、顔に股間を押し付けてきました。

私は、キャミの上に羽織っていたジージャンを脱ぎながら、彼のものにむさぼりついてしまいまし

た。

そのまま、シャワーも浴びず、玄関でスカートをたくしあげられたまま、後ろから突かれました。

こんな隠微なSEXしたことありませんでした。

主人とする時は、必ずゴムをするのに、生のまま何度も何度も奥深くまで突かれ、中で彼の熱いも

のを受け入れてしまいました。

先ほど、家に帰ってきたのですが、思い出すとあそこが濡れてきてしまいます。

彼を想いながら、一人でしてしまいました。結局、彼は名前も連絡先も教えてはくれませんでした

今まで、主人以外の男性は知らなかったのですが、こんなSEXがあるなんて。

また、あの店に行けば逢えるかしら。後、2時間後には、主人が帰ってきます。

普通に接することができるか、心配です。

女の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報