(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

綺麗で淫らな義姉(1)

サイキ

半年前、急に兄貴の海外転勤が 決まった。
行き先は中国…、当然単身赴任になる。
「正樹、あいつのことを頼むよ」
そう言って兄貴は海外へ旅立った。

あいつとは結婚して2年目になる奥さんのこと。
義姉になった絵里さんは、まだ24歳の若奥さん。
兄貴が心配するのも仕方ないほどキレイな女性だ 。

絵里さんはお嬢様育ちだったせいか家事などはほとんど出来ないとボヤいてた。
あ んなに美人な嫁さんなら家事ぐらいいいじゃないかと思う。
実際兄貴はそのへんは眼をつむって結 婚したはずだ。
もちろん兄貴は絵里さんにぞっこんで、あれほど遊び人だったのに結婚した途端お となしくなった。

あの兄貴を真面目にしてしまった絵里さんの魅力ってすごいと思う。
だから兄貴としては出張中に浮気をされないように弟の俺に監視役を頼んだんだ。
絵里さんはた だキレイと言うだけじゃない。
去年家族で海に行った時にみた絵里さんのビキニ姿は凄かった。
背が高くてスタイルも良く、何より形の良い大きなオッパイに釘付けになった。
いまだによくナ ンパされるというのも分かる。

兄貴の嫁さんじゃなかったら俺だって声をかけずにはいられ ない。
そんな絵里さんだから兄貴は気になって仕方が無かったらしい。
「任せとけって。義 姉さんが浮気しないようにしっかり見張ってるから」
空港で見送る際に俺は兄貴に誓った。

しかし実際はそんなに甘いものではなかった。
俺は24歳の若妻の欲望を甘く見すぎていた 。
気が付くととんでもない事になってたんだ。

兄夫婦はうちの近所にマンションを借 りてすんでいる。
兄貴が海外へ行ってからは絵里さんが一人きりになってしまう。
大学へ通 うついでに外から部屋を監視したり、たまに遊びに行ったりしてた。
1ヶ月ぐらいは何も怪しい行 動なんて無かった。
これなら大丈夫なんじゃないか?兄貴の考えすぎだよ…

そう思っ た矢先、ついに恐れていた光景を目撃してしまった。
いつもの様に外から部屋を眺めていたら、中 から見知らぬ男が出てきたんだ。
ビックリしてそいつが出て行った直後、義姉の部屋に直行した。

チャイムを鳴らすとさっきの男が忘れ物をしたと勘違いしたのか義姉がすぐにドアを開けた 。
ドア越しの絵里さんはパンティー1枚しか着けていないみたいだった。
俺の顔を見た絵里 さんはビックリした顔ををしたがすぐにいつもの笑顔になった。
逆に俺のほうが焦ってしまい、そ の場を逃げ出すように離れてしまった。

部屋に行ったのはいいが、何を話していいのか笑顔 で接する義姉の顔を見ていたら分からなくなったからだ。
やはり義姉は年上だけあって、こんなま ずい場面を見られても笑顔でいられる強者だった。
それ以来何度も部屋から出てくる男を見るよう になった。
しかも毎回違う男…
はじめは黙認していた俺だが兄貴との約束だってある。
義姉が浮気しているのを黙っているわけには行かない。

浮気をやめるように説得しに行っ たら変な展開になってしまった。
「絵里さん、もう浮気なんてしないでよ。おれ、浮気しているの が分かってて黙ってる訳にいかないよ」
「だって、あなたのお兄さんがいなくって寂しいんだもん …」
「だからって浮気はいけないでしょ… 我慢しようよ」
「え?、そんなの無理?」
「無理じゃないですよ。他の男と浮気はやめなよ」
「じゃあ、正樹君。私の相手してよ…」
それはマズイっしょ…

兄貴の嫁さんとセックスするなんて浮気よりもはるかにいけないこと だ。
義理とはいっても姉と弟なんだし。
絵里さんの言葉にしばし唖然としていたらソファー に押し倒された。
頭の中に兄貴の顔が浮かんでくる。
何とか理性をたもって義姉を押しのけ ようとした。

が、絵里さんのキスのほうが一瞬早かった。
いきなり押し付けてきた義 姉の唇は、驚くほど柔らかな感触だった。
しかもすぐに舌を入れてきて、器用に俺の舌に絡ませて くる。
シャンプーなのか香水なのかは分からないがとてもいい匂いがする。

義姉に押 し倒されてキスをしているうちにあっという間に下半身が硬くなるのを感じた。
だって仕方ないじ ゃないか。
相手が兄貴の嫁さんだからって、美人な女性にそんな事されれば理性なんて吹っ飛ぶよ 。
それにこれは許されぬ愛ってやつ。

やっちゃいけない事っていうのは何でもやって いい事よりも興奮する。
気がついたら俺は、夢中で絵里さんと舌を絡ませあっていた。
俺の キスはまだ幼稚なテクニックだったんだと思う。
義姉はキスの合間に時々ふふっとか、ぷっとか笑 った。
それがまた、年上の女性に誘惑されているみたいで堪らない。

「私まだ24なん だよ。ひとりじゃ寂しいよ…」
絵里さんの囁きに俺は完全に舞い上がってしまった。
義姉の 魅力にはかないっこない。
もうどうなってもいいや… 兄貴、ゴメン…
覚悟を決めたからか 、全身の緊張がほぐれていった。

それが絵里さんにも分かったのか、ジーンズの股間の部分 をやわやわさすりだす。
「ねえ、いけないお姉さんになってもいいかしら?」
いつもとは違 う、甘えたような口ぶり。
何も答えられないでいると義姉の指がボタンを外し、チャックを下ろす 。
ジーンズとパンツを同時に引きずりおろされると、ばね仕掛けみたいにチンコがビュンッと跳ね 起きた。

「まあ、とっても元気なのね…」
感心したように俺のチンコを眺めた後、ご く自然な感じで下半身に顔を埋めていく。
いきり立ってる肉棒に舌を絡め、先端を口に含んだりし て大きさを確かめている。
俺には同じ大学の彼女がいるんだけど、エッチの時にはフェラもしてく れる。

でも絵里さんのは彼女とは比較にならないほど激しく気持ちも良かった。
根元 を掴んで唾液をたらしながらジュボジュボと音を立てながら頭を上下させる。
お嬢様育ちの上品な 口に、俺の赤黒い肉棒が出入りしているのを見ていると頭がくらっとする。

「私ね、オチン チンが大好きなの。正樹君のって大きくて中に入れたらとっても気持ち良さそう…」
普段の絵里さ んからは想像も出来ない嫌らしい言葉。
本当においしそうにおしゃぶりを続けている義姉を見てい るうちに、もうイキそうになってしまっていた。

すると、義姉にもそれが分かったようだ。
「まだイッちゃダメ!」
すっと立ち上がって、目の前でワンピースの中のパンティーを脱ぐ 。
そのままソファに横たわっている俺の頭をまたぎながら股間を顔に押し付けてくる。
「ね ぇ、舐めっこしましょ…」
そう言うと絵里さんは、また俺のチンコにしゃぶりつきジュボジュボ音 を立てはじめた。

今俺の目の前には妖しく濡れて光るマンコと、その上の密やかなアナルが あった。
美人でキレイなくせに絵里さんのあそこはぬるぬるに光っていてスケベに俺を誘っている 。

真っ白なお尻を両手で持ってクリからアナルまで何度も舐め上げる。
義姉はもっと 舐めて欲しいかのようにお尻を振って俺を誘う。
今度は尻タブを広げアナルの中心に尖らせた下を ねじ込んだ。
義姉はビックリしてお尻を引っ込めるかと思ってたが逆だった。
むしろ大きな お尻をくねらせてアナルを俺の口に押し付けてくる。

「やんっ、そこ恥ずかしいけど感じる の… お尻の穴が感じるお姉さん、嫌い?」
「全然!アナルでいっぱい感じてよ…」
「あぁ … ダメ… そんなに深く舌を入れたら… 変になっちゃうよ…」
俺が深く差し込んでるというよ り絵里さんの方からアナルを押し込んでくる感じ。
なのにまるで俺がお尻の穴を虐めている様に言 う。
でもそんな言葉に興奮してしまう俺。

「本当はね、私、お尻でエッチするのが好 きなの。でもあの人には言えなくて…」
「絵里さん、お尻でエッチした事があったの?」
「 うん。あの人と付き合う前は結構遊んでたから…」
義姉のような清楚なお嬢様がそんな変態プレイ をしていたなんて少し驚きだった。

目の前の色素沈着の少ないおちょぼ口に何度もぶっとい 肉棒を咥え込んでいた?
ちょっと想像がつかない告白をされてビックリしたと同時に下半身に血液 が集まっていく。
「正樹君、ここが硬くなってきてるわよ。私のお尻、試してみたいの?」
「はい…」
義姉の淫らな誘いに震えるような興奮を覚えた。

本当にこんな小さな穴に 俺のものが入るのか?
指先に絵里さんのあそこから溢れ出ているヌルヌルした液体をすくって肛門 に押し付けてみる。
ゆっくりと押し込んでいくと何の抵抗も無く根元まで入って行ってしまう。
入り口の輪っかの様な締め付けを心地よく感じながらヌコヌコと出し入れ。

「あん… す っごくエッチな感じ… もっとして…」
絵里さんは俺におねだりしながらフェラチオを続ける。
指を2本にしてもそれほど痛そうなそぶりも見せずにいる。
本当に入れても大丈夫そうだ…
そう思ったら、初めてのアナルセックスへの期待でいてもたってもいられなくなる。

「絵 里さん、もうここに入れてみたい」
「いいわよ。私も欲しくなっちゃってたところ…」
近く にあった引き出しからローションを取り出してオレに渡す。

「これ使って。私の中と正樹君 のオチンチンにたっぷり塗るの…」
言われるままにたっぷりとローションを指先に出して、姉のア ナルの中に塗り込む。
ローションをお尻の中にまぶしている間も気持ちよくて感じてしまってる絵 里さん。
あそこからは別のヌルヌルが溢れ出ているのが分かる。

今度は俺のチンコに 塗ってみる。
初めてこんな物を使ってみたんだが、ものすごくヌルヌルしていて気持ちいい。
これなら楽にこの小さな穴に入れることが出来そうだ。
「早く入れてみて。私、もう待てない」
そう言って俺の上から離れ、四つん這いでお尻を突き出す絵里さん。
自分からパックリと両 手で開き、ぬるぬるにテカって光る肛門を晒している。

俺は絵里さんの突き出されたお尻に フラフラと近付いていくと、期待に昂ぶっているチンコを肛門にあてがう。
おちょぼ口をしている 所に太いチンコを力を込めて押し付けていくと、意外とあっさり呑み込んでしまった。

本来 出す事にしか使わない所にこんな太くて硬いものを押し込んでいったんだ。
義姉のアナルが拒否反 応を起こすように、急にすごい力で締め付けながら排出しようとする動きを見せる。

「うう っ!すごい締まり!折れそうだよ!」
「んんんんんっ!おおきいっ!く、苦しいっ!」
押出 される力に抵抗しながら、なおも深くまで突き入れていく。
ローションの手助けもあって、内部の 抵抗に逆らってどんどん奥の方まで入っていく。
絵里さんの苦悶の声を聞きながら、括約筋の輪を 根元に感じる所まで突き進むことができた。

「はああっ、絵里さんのお尻に根元まで入れち ゃったよ。すごい締めつけだね」
「ずっとお尻にオチンチン入れてなかったから、ちょっと苦しか った…」
初めて入った直腸内の感触をチンコをぐるぐる回すことで確かめる。
入り口の締め 付けは確かに厳しいけど、中はそれほどでもない。
むしろ膣内のほうが気持ちがいいくらいだ。
ただ、入れちゃいけない所へ入れてしまってるという背徳感はハンパない。

「そんなにぐ るぐる回したら開いちゃう!優しくして」
アナルセックスなんて初めてだったけど、俺は何となく 普通のセックスと同じようにピストン。
「やああっ!は、激しいっ!めくれちゃうぅ?!」
絵 里さんはそんな動きに反応して、悲鳴のような声をあげて髪を無理乱す。

美しい義姉がお尻 を丸出しにして、アナルにぶっとい肉棒を突っ込まれて身悶えしている。
なんかもう信じられない 光景だった。
俺の肉棒はヌルヌルなのにギュッと締め付けられてて反り返りっぱなし。
絵里 さんも待ちに待ってたアナルの快感にあえぎっぱなし。
あそこから汁が溢れ打過ぎてて俺のキンタ マがベチョベチョになってくる。


近親相姦に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報