(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

弟を誘惑したら大変なことに

サイキ

うちのは超カッコ良くって の私の自慢です。
背が高くて細いのに筋肉質で、顔だって芸能人並です。
何回も家にかかっ てくる女の子からの電話を面倒くさそうに受けているを見ると、本当にもてるんだなあと実感します。

だけど、もてすぎるからなのか、に彼女が出来たことがありません。
それどころか 家に女の子を連れてくることさえないんです。
私はって高2にもなって奥手なんだなあと思って ました。

最近の猛暑で私は家で薄着になってることが多いです。
私ももお互いに意 識することなく家の中では下着姿でうろうろしています。
それにしても… 暑さで頭が変になって いるのか、の股間の部分が気になってしまってます。

もう女の子とエッチしたのかな?こ んなにもてるんだからきっとやってるよね…
自慢の弟が女の子とエッチしている所を想像して軽く 嫉妬してしまいました。
弟相手に私は何を考えているんだろう?
そうは思っていても弟のこ とを男性として少し意識しだしたこの頃です。

いつも下着姿でいるので遊びで弟を誘惑した ら面白いかな、なんていたずら心がおきました。
昼間、出来るだけ電気を使わないようにと扇風機 だけでエアコンはつけてません。
「本当に暑いね、私もう死にそう…」
何気ないフリをして ブラジャーの前をパタパタしてみます。

といっても私の胸って大きいから全然隙間なんて出 来なくて涼しくないんだけど…
やってみると大きな胸がタプンタプン揺れてしまって、ちょっと恥 ずかしかったです。
それとなく弟のほうを見てみると… 見てる見てる。
私に気付かれない ように気にしながらもチラチラと胸の辺りを見ています。

嬉しくなってしまった私は調子に 乗ってもっと力を入れてパタパタ。
するといきなり背中のホックが外れてしまい、胸がブルンと飛 び出してしまいました。
「キャッ!」
「わっ、ちゃん!なっ、何してんだよ」
調子 に乗りすぎました。
モロに生乳を弟に見せることになってしまったんです。

「み、見 た?」
「う、うん… ちょっとだけ…」
「や?ん、恥ずかしい?」
私は恥ずかしくなっ て自分の部屋に駆け込みました。
でも… 部屋を出るときに弟の股間を見てみると…
ちゃん とパンツの前がテントをはっていました。
成功、成功…

ただ… 今まで私が見てきた オチンチンと比較しても…
明らかに弟のそれは大きいように感じました。

次の日から はさらにいたずらがエスカレートしていき、弟に見せ付けるように胸を寄せて谷間を強調したり、わざと 弟が入っているお風呂に裸で入っていったりと、どんどん過激な感じになっていきました。

そんな事が続いた夏休みの中盤、お盆で両親が親戚の家に泊まりで行ってしまい、2日間私と弟だけにな る時がありました。
といっても別に普段と変わりなく過ごしていたんですけど。

その 夜寝ていたら身体の自由が利かなくなるいやな夢を見てしまい目が覚めました。
あれっ?何これ…
私の身体は右手首と右足首、左手首と左足首がヒモで縛られていてうつ伏せになっています。

やっ、私なんて格好をしているの?それよりも… 強盗?
怖くなって部屋の中を何とか見 回しましたが誰もいません。
状況がいまいち把握できなくてパニックになっていると弟がドアを開 けて部屋に入ってきました。

「ねえ、これどうなってるの?強盗?」
「いや、違うよ 」
声のした方向を見ると全身裸になった弟が立っています。
股間のものを大きくさせたまま …

その時になってはじめて自分が裸であることに気がつきました。
「嫌っ、なにして いるの?私に何したの?」
ちゃんが悪いんだ… いつも俺のことを誘惑して…」
「そん な… 謝るわよ、ゴメン… だからこれほどいてよ!」
「無理だって!もう俺だって我慢の限界な んだ。今夜はちゃんとセックスする」
「そんな… 私たち弟なんだよ… 近親相姦なんて良く ないってば!」
「そう言うと思った!縛っておいて正解だったよ。無理やりにでもするから…」
弟は私のお尻のほうに近づいてきて、いきなりお尻をぐいっと広げました。

「キャアッ! 見ないでぇ?!」
ちゃん、あそこもお尻の穴も丸見えだよ…」
両手足を縛られた不自由な 身体では何も抵抗できません。
私の大事な所がひんやりと外気に晒されて気が遠くなるほどの恥ず かしさがこみ上げてきます。

「姉ちゃんのあそこ、キレイだね… それに…、お尻の穴もか わいいよ」
「ダメッ!本当に見ないで!こんなのヒドイじゃない!」
「酷いのは姉ちゃんの 方だよ!いつも俺のこと誘惑して!」
「だからってこんな…」
「俺、姉ちゃんのことが好き だったんだよ。でも実の姉だからって我慢してきたのに… それも限界だ」
「ゴメン、本当に謝る から…」
「もう無理だよ。こんな事までしてしまったんだ。後悔したくない!」
言い終わる と弟の口が私のあそこに吸い付いてきました。

長くザラザラした舌がクリトリスから肛門ま で行ったり来たり何度も往復してきます。
「ひゃあっ!ダメッ!そんな…」
「ああ… これ が姉ちゃんの… すごくおいしいよ!」
弟は私のお尻を力いっぱい押し広げて何度も何度もその行 為を続けます。
いくら私が我慢していたってこんなにされたら無理です。

それに私だ ってもともと弟のことは好きだったんです。
好きな人にこんなエッチなことをされたら感じちゃう のは当然のことです。
弟にレイプされてるて言うのに自然とあえぎ声が出てしまいました。

内からどんどん蜜液が溢れ出てしまって姉の威厳なんてありません。
でも… 弟に入れ られちゃってもいいかも…
お尻の穴を舐められながらそんな事を思っていました。

「 姉ちゃん、俺本当に姉ちゃんのことが好きなんだ。女の子が何人も近寄ってくるけどどうしても好きにな れなくて… だから… 初めての相手はどうしても姉ちゃんとしたかったんだ!」

え?童貞 だったの?
あんなにもてていたカッコいい弟が経験が無かったなんてちょっと意外でした。
それと私のことが好きで他の女の子の事に興味がわかなかったなんて…
胸がキュンッてなっちゃい ました。

姉の私に思いの丈を告白した弟は後ろに回りこむと挿入体勢に入ります。
で もエッチをしたことがない上にバックからだからなかなか入れることが出来ません。
弟のオチンチ ンは私の割れ目を行ったり来たりしているだけで中には入りそうもありません。

もう開き直 ってしまい、弟の挿入を待っていた私は逆にいらだってきます。
レイプされている私だったけど、 少しは自由になる腰を動かして弟の挿入を助けてあげました。
先端が私のぬかるみに嵌り、入り口 が分かった弟はその大きなものをどんどん押し込んできます。

ふ、太い… それに、硬い…
弟のオチンチンは予想通りの大きさでした。
狭い私の内をメリメリと音を立てて侵入して きます。
そのままどんどん奥まで入ってきた弟の剛直は、今まで入ってきた事のない所まで届いて しまってます。

「入った、入ったよ、姉ちゃん!何て気持ちがいいんだ!」
「やあ?ん 、弟のオチンチンが入ってきちゃったよ?」
「スゴイッ!姉ちゃんの中、すごく熱くて締め付けてく るっ!気持ちい?」
「ダメッ、ダメなのに… 何て大きいの?こんな大きなの入ってきたことないよ 」
「姉ちゃん、俺動くからね。姉ちゃんの気持ちのいい穴で楽しんじゃうからね!」
「だめ よっ!姉弟なんだから気持ちよくなっちゃダメ、ダッ、ダメなのにぃ?」
弟は硬くて大きなもので私 の内を楽しもうとしています。

こんなに太くて大きなものを入れられたのは初めてでした 。
何人かのボーイフレンドとエッチをしてきたけど、ここまでの存在感はなかったんです。
弟は私が縛られて抵抗できないのをいいことに、両手でお尻を撫で回しながら長くて太いもので余裕たっ ぷりにグルグルと腰を回し始めました。

今まで入ってきた事の無い所をパンパンに張った亀 頭で攪拌してきます。
弟に私の肉の感触を調べられてしまう行為にただただ恥ずかしく、目をギ ュッと閉じながら耐えていました。でも身体の方は勝手に反応してしまい奥から分泌物がどんどん溢れ 、攪拌行為を助けます。

何度もそんな事を続けられて、しっかり弟のオチンチンの形を覚え させられた頃、弟は宣言します。
「姉ちゃん、今から姉ちゃんのあそこでセックスする。そして中 で射精する!」
「そんな… 中に出したらダメだよ?」
「ダメだ。これはおしおきでもあるん だからね。じゃあいくよ…」
姉の私に中出し宣言を終えた弟は両手で腰を掴むと凄い勢いでピスト ンしだしました。

途端にやってくる激しい快感。
弟の暴力的な抜き差しに激しく感じ てしまってる私。
はじめはぎこちなかったグラインドもすぐに慣れてしまってスムーズに腰を使っ てきます。

奥まで入っていたものを入り口近くまでゆっくり引き抜き凄い勢いで一番奥に叩 き込む…
そんな事をずっと続けられてしまってます。
引き抜く際のカリが壁をゾゾッと削 り取っていく感触。
そしてバチンッと音を立てながら一番奥まで突き入れられる時の感触。
こんな大きなもので激しく責められておかしくなりそうでした。

次々と押し寄せてくる快感 に身動きのとれない私は髪を振り乱しながらアエギ声を上げ続けました。
「激しすぎるよ?!私、お かしくなっちゃう…」
「おかしくなっちゃいなよ。弟のチンコ気持ちいいだろ?」
「気持ち よくなんかない!気持ちよくなんかない?!」
「無理しちゃって… これならどう?」
「ああ あああああっ!」

感じてしまっているのを知られるのが嫌で嘘をついた事が逆に火に油を注 ぐことに…
バチンバチンとなっていた音がバチバチバチバチと変化する頃、私は弟に本当のことを 言いました。

「ごめん、うそなの?!本当は感じちゃってるの?!弟のオチンチンが気持ちい いの!」
「知ってるさ、こんなに締め付けてくるんだから… いっぱい楽しんでよ、いけないお姉 さん…」
「やあああっ、激しいっ!壊れちゃうっ!もっと優しくして!」
「無理だよ、もう イキそうなんだ… このままイクよ!」

全然ペースを緩めてくれない弟。
暴風雨のよ うに次々と送り込まれてくる快感に私は絶頂が近いことを感じました。
「やだっ、まだイキたくな い…」
相手はこれが初めての経験の弟なのに… 私お姉ちゃんなのに…
そんな事を思ってい ても全くの無駄でした。

どんどん目の前が真っ白になってきて身体が勝手に弟を締め付けて しまいます。
「姉ちゃん、俺、そろそろイクよ… 中に出すからっ!」
弟の中出しするとい う言葉に反抗しなければならないのに声が出ません。
うっうっとうめきながら弟を締め付けるだけ でした。

「こんなに締め付けて… いいんだね?いくよっ!うっ、ぐうっ!」
最後に 猛烈な勢いでピストンして、そのまま一番奥に叩き込んだまま動かなくなる弟の身体。
私の膣内を 隙間なく満たしている硬いものが一段と膨れ上がったかと思ったらビクッビクッと脈動を開始しました。
あっ、出してる… 私の中で出しちゃってる…
自分の子宮に弟の熱い精液を流し込まれてい るのを感じると私の身体は痙攣しだしました。

「やだっ!出てるっ!弟が私の中で射精して るっ!…イクッ…」
ガクガクと震えだす自分の身体を止めることが出来ません。
レイプされ たって言うのに2人同時にイッてしまうなんて…、私なんてダメな姉なのかしら…

少しの間、 私の中で余韻に浸ってた弟が私の身体から出て行きました。
膣内に大量に射精された精液が逆流し て溢れ出し、開かれたままの両脚の間から糸を引いて床に滴り落ちていきます。
「姉ちゃん、弟の 精子をあそこから滴らせて… なんてエロいんだ…」
イッてしまった後で疲れ果てて、その言葉に 何も言い返せません。

しばらくそのままの体勢で放心していたら後ろからカシャッという携 帯のカメラの音がします。
「あっ、何してるの?こんな姿撮らないでっ!」
「記念だよ。俺 の初体験と最初の中出し近親相姦のね…」
「やめてっ!それ、誰かに見られたらどうするの?」
「見られることは無いよ。姉ちゃんさえ俺のいうことを聞いてくれればね…」
「それ… 私を脅 す気?」
「脅す気なんてないよ。ただ、大好きな姉ちゃんが俺の気持ちをちゃんと受け止めてくれ るまでのお守りだよ」
「そんな事しなくても言うこと聞くから。私だってあんたのこと嫌いじゃな いし…」
「ダーメ」
そう言った弟は携帯をパソコンにつないで何かしています。

きっと弟しか分からない所にこのいやらしい画像が保管されてしまったと思います。
「これでも う誰にも見られないからね。怖かっただろ、姉ちゃん。今ほどいてあげる」
手足を自由にはされた けど弟からの近親相姦を拒む自由はなくなりました。
自慢の弟だっただけにこんなことをするなん てショックでした。

「さあ、姉ちゃん。身体も自由になったことだし俺を受け止めてくれる ね?」
弟の股間のものはもうはち切れんばかりに大きくなっています。
もう断ることも出来な い私はこのまま受け入れるしかありません。
「分かった、分かったから… 妊娠だけは気をつけて ね…」
「そうだね、姉弟で子供ができちゃうなんてシャレにならないもんね」
近親相姦を続 けることはもう仕方が無くなったとして、姉として弟にこのことだけは約束させました。

「 でも今日はもう中出ししちゃったし、何回出しても同じでしょ?」
「そ、そうだけど…」
「 じゃあ、今日は記念日ってことで生でやりまくろう!ね?姉ちゃん!」
「そ、そうね…」

その後、親がいない間の2日間、昼といわず夜といわず私たち姉弟は中出しエッチをしまくりました。

この先どうなるか分からないけど今は弟との近親相姦を楽しむしかないと諦めています。


近親相姦に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報