(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

セックス体験、お嬢様の音大生が淫乱すぎてワロタ

サイキ

5053-10319.jpg


私の昔の彼女、当時某音大生でした。
皆さんがイメージするごとく、可愛いし、典型的なお嬢様育ちでした。
だって、学校から随分離れてるのに自宅通学だったし。

で、ある楽器のプロ目指して頑張ってたようです。
けど、プライドも高かった(結局それがやだったんだけど)。
学生の時から演奏会とかやってチヤホヤされて
金もらったりしてたんで仕方ないんだろうけどね。

で、そんな子だから、えっちなんか全然、と思って、こっちは教えるくらいのつもりで付き合ったら(雰囲気もえっちとかけ離れてたしね)、最初のキスでいきなり舌をねじ込んできたんですよ(^^;)。
それから、もう、彼女息が上がってて、「こりゃけるな」と思い、その決して大きくはないが、形のいい胸を揉んでみた。
すかさず、もう片方の手でブラのホックを外して生乳攻撃。
もう、乳首は立ちまくりだった。

一か八かで、下の方を触ってみた。
公園だったし、ジーンズだったので、嫌がるかと思いきや、私の手におまんこを擦り付けてきた。
もうこうなったら!と、ジッパーを下ろして、パンティ越しに指を割れ目に滑り込ませた。
もう、おもらししてるような濡れ方だった。

で、パンティの横から指を滑り込ませて、クリを触ったら、「あう、あ~、あ~」と声を出し始めてしまった。
何だか浮浪者の視線を感じたので(笑)、中断して、アパートに連れていった。

着いた途端に、玄関で胸を揉みまくり、お互い脱ぎまくってすぐに素っ裸。
乳首を咬んだら、隣に聞こえるぐらい、悶え始めた。
あらためて、まんこを触ったら、すごい!大洪水!
あんなに濡れる子は、あれ以来出会ってないくらい。

愛液が太股に流れてるし、愛撫する指を伝って手首まで濡れるほどだった。
クリを揉むと「ひあ、ひあ、ひあ」と悶え、中指挿入。
「うぅぅうああ、いひ~」。さらに2本(笑)。
何のことはない、すげースキモノだったんです、彼女(笑)。

顔と育ちとは裏腹に、淫乱に悶えてて、そのギャップだけで息子はぎんぎんに立ちまくり、一気に挿入した。
男性経験自体はそんなに多くなかったようで、ちょっと痛がったけど、「あうあうあうあう、い~い~」と悶えまくってた。
ちなみに騎乗位とバックが好きでした(笑)。

一番興奮したのは、彼女が演奏会とかで楚々として演奏してるのを見たとき(笑)。
あんなに清楚に楽器を弾いてて、夜は淫乱なんだよなぁ、とか思うと、それだけで超勃起ものでした。
楽しい思い出だったなぁ。
彼女の当時の話ではやはりスキモノとか不倫なやつとか多かったから、今もそうなのかな?

あれ以来、普通のクラッシックを見ても、綺麗な女性が楚々と楽器を弾いてるだけで勃起するようになってしまった。
バンドやってる女がスキモノなのは当然だから面白くともなんともないが、クラッシックだと、弾いてるときとのギャップで興奮しますよ。

女子大生に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報