(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

セックス体験、二月のウグイスの不器用な鳴き声

サイキ

JKsex.jpg

若いのが欲しくてサイトで探した18歳。
待ち合わせてみると150cm、小柄な黒髪のショートカット。

黒目がちの目で、大きめのトレーナーの袖から指だけ覗かせてる。
これはマズイと思ってホントの年齢を聞くと、
無言でポシェットから学生証を出して示した。

たしかに、18歳になったばかり。安心して近くのホテルに。

脱がせると胸は小さかった。
首筋、胸にキスしても目をつむって声を出さず、動きもない。

うすい毛の間からクリトリスに舌を伸ばすと、
少し呼吸が荒くなった気がする。

根気よく舐めてるとついに声が出た。
あーーーーー

薄い唇が開いて、細く長くA音を発してる。
二月のウグイスの不器用な鳴き声、

舌をま○こに入れるとA音は大きくなり、
いやいやをするように首を振る。

女の腕は俺の頭を押さえつける、しだいに腰がうねる。
催促するようにま○こがぴくんと動く。

挿入すると、女はすぐにイって反応がなくなった。

かまわずゆっくり動いてると、
次第に、はっはっはあと荒い呼吸。

俺の背中にしがみつき爪を立てる。

あばれる小さな身体を抑えつけながら、
女が三回イったところで俺も果てた。

経験をつむうち、この女も鳴き方がうまくなるのだろう。


男の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報