(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

セックス体験、人気アーティストと混浴、セックス②

サイキ

r523-10162.jpg


 きっとこれまでには芸能界の凄い大物とも、
関係を持ってきたんだろうなぁ、
と僕はため息をつくような思いで見惚れていました。
しかし、少なくとも今は僕の体を求めて、
その奥まった場所から
じわじわと潤んできているのが分かります。
密度の濃い茂みをかき分け、襞の合わせ目を探ると、
そこに埋もれたいかにも敏感そうなクリトリスも、
露に濡れたような姿で震えていました。
 通常では決して考えられない、
あゆさんとのこんな状況に圧倒され
ながらも、僕は少しずつ大胆になって、
舌と指での愛撫に没頭しました。

「ああ、いい・・・」あゆさんは身をよじるようにして、
切ない声を漏らしはじめました。
その度に、彼女の可愛いらしいお腹が波打つように動く
のが分かります。


そんなあゆさんの反応を、
自分がひき出していることにたまらない歓びを
感じながら僕は汗まみれになって
愛撫を続けていきました。
その際にも、外縁にまばらに生えた茂みの名残や、
遠慮がちなアナルの窪みの刺激的な眺めが目に入ります。
今やあゆさんの全身から発せられている淫らな雰囲気に
酔いしれながら、僕の興奮はますます高まっていきました。
 次第にあゆさんの声が、
悲鳴にも似た大きなものになってきました。
そして遂に耐え切れなくなったように、
「あゆ、もうこれ以上ダメ。早く入ってきて・・・」
と言って起き上がると、
体勢を換えて僕の上に跨ってきました。
ペニスを手に取って合わせ目の部分を探ると、
そのままゆっくりと騎乗位の体勢で腰を沈めてきます。
 熱いぬかるみに吸い寄せられ、
僕のペニスはあゆさんのなかに根元まで完全に包みこまれました。


「うぅ、んっ・・・」
あゆさんは眉をひそめて、
少し苦しそうな表情を浮かべています。それでも
すぐに自分から激しく腰を使って動きはじめるのだから、
女の子の性欲は不思議なものです。
 動きが一定のペースに乗ってくると、
さらにあゆさんは僕の両手をとって自分の胸まで導き、
その弾力をしっかりと押し付けてきました。僕は掌で
その柔らかな胸の感触を味わいながら、
一方では彼女の締めつけに対抗して、
思い切って腰を突き上げていきました。
「ああ、いいよォ。スゴイ、奥まで届いてるよぉ!」
あゆさんは頭を振りながら、
泣き叫んでいるかのように声をあげています。
しかし、やがて彼女はその体勢に耐え切れなくなり、
倒れるようにして僕の体にしがみついてきました。 

あゆさんは両手で僕の頭を鷲掴みにして、
そのまま唇を吸ってきます。
口のなか一杯にあゆさんの滑らかな舌の動きを感じながら、
僕はその激しさにつり込まれて、
思わず彼女の華奢な体を強く抱き締めました。
あゆさんはそれでもなお「もっと強く、ギュッとしてよぉ!」
と繰り返し訴えてくるので、僕はさらに力をこめて、
小刻みに震えている彼女の体を抱き締めていきました。
 僕はあゆさんの体をそっと抱き起こし、
体勢を入れ替えることにしました。
今度はこちらから思いっきり攻めることにしよう、
彼女もそれを望んでいるように感じたからです。
 しかし残念なことに、正常位になるには洗い場の床は固すぎて、
さすがに彼女の体を痛める可能性がありました。
僕が躊躇していると、あゆさんもそれを察したのか、
「ねぇ、今度はバックからして」と、
自分ら僕の前にヒップを突き出すと、
手を突いて屈んだ姿勢になりました。
決して大きくはないものの、惚れ惚れするほど形の良い
ヒップがこちらを向いています。

僕はしっかりと両手で掴むと、角度をあわせ、
あらためてペニスを彼女に押し入れていきました。
「ああ、いい・・・」
またしてもあゆさんはすぐに反応し、
声を発すると、自分から両腿を寄せる
ようにして、さらに締めつけてきます。
それまで以上の快感に包まれて、
これには思わず僕も唸ってしまいました。
 そのままゆっくりと奥まで進み、
少しずつ腰を動かしはじめます。
視線を落とせば、
あゆさんの透明な液に濡れて光っている自分のペニスの
出没する様子がはっきりと見え、
ああ、あゆさんと繋がっているんだ
という実感があらためて湧いてきました。
 僕はもう一度息を整え、
あゆさんのくびれた腰を掴み直すと、
ヒップを自分の下半身に打ちつけるように、
大きな振り幅で突撃を続けました。

「凄いよ。あああ、ダメっ、いきそう・・・」
あゆさんは苦痛を訴えるかのように、
いよいよ切羽詰った声であえぎはじめました。
すると不意に、僕は下腹部の一帯に何か温かいものを
感じたのです。
そこだけ不思議な温かさに包まれたような、
くすぐったい感覚でした。
 すぐに、これは彼女が潮を吹いたのだと気づき、
感動した僕はあらためて結合部を見つめながら、
さらに激しく腰を動かしていきます。
「ああ、ダメっ、出る・・・」
またしても、あゆさんは勢いよく潮を吹きながら、
絶頂に達していきました。
それを眺めるうちに、
いよいよこちらの快感も限界に近づいてきたので、
僕はそのことを彼女の耳元に告げました。


すると、あゆさんはすぐに自分からペニスを抜き、
そのまま僕の足元に跪いて、
急き立てられたかのように口で咥えてきました。
今度は前回より手の動きを強くしながら、
僕を追い込むために最初から激しく攻めたててきます。
 時折ちらちらと僕の反応を窺ってくる、
あゆさんのその表情だけでも、
僕の快感は一気に加速し、
膨れ上がっていくのが分かります。
「ああ、もうホントに、いきそう・・・」
果たしてそのまま口のなかに出してよいものかと、
僕は無意識に腰を引きかけたのですが、
それでも彼女は口にくわえたまま離そうとしません。
その代わりに、僕の方を見ながら、
さらに動きを速めてきたのです。
快楽の波が一気に押し寄せ、
眩暈のような一瞬を迎えると
すべてがあゆさんの唇に吸い込まれていきました。

もちろん、あゆさんとはこの時以来、
一度も会ったことはありません。
自分でも、あの日の出来事は、
人気アーティストのあゆさんにとって、仕事の合間の、
気まぐれなハプニングだったのだろうと思っています。
ただ後になって、
スタッフの方の振る舞いなどを考え直してみると、
意外にこういうハプニングというのも、
普段からあるのかもしれないと、
ついつい邪推してしまうのですが・・・。

男の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報