(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

乱交H体験告白。。常に誰かのが入ってる状況でした

サイキ

konyoku.jpg


飲み友達でもあるセフレ♂から、男3・私♀1で深夜の家飲みに誘われました。

コレってマワサレフラグたっちゃいますか??
ただの飲みって言われてるけど、やっぱ行ったらそういう流れになるのかな。

ってか行ったらマワサレ覚悟で来てると思われるんでしょうね…


今帰ってきました。やっぱ結局セックスになりました。

自分でも病んでるんじゃないかと思うけど、大好きなセフレが望んだ事で喜んでくれたから幸せです。

帰りは手を繋いだままタクシーで二人で帰ったので、それだけでも幸せです。
性欲処理とか肉便器って言われても大丈夫です。

セフレは爽やか系イケメン、セフレの連れは明るいキャラで外見は普通、共に30歳。

私は20代後半、よく言われるのは杉本彩似?Fカップです。
セフレは完全S、私はMで、精神的に奴隷状態って関係です。

連れサンのお家で飲んでいて、連れサンがエロトークを挟んできてました。

私はセフレの手前、そのノリに乗っていいものかわからずに軽くかわして話題を変えたりしていました。

お酒がなくなったので連れサンがコンビニに行っている間に、セフレが抱きしめてキスをしてきて、

「なぁ〇〇、エッチしてもいいよね?服脱ごうよ」
って言って、私のニットに手を入れて胸を揉み初めました。

私は「でも△サン(連れ)…ビックリするよ…ダメ」って言ったのですが、

大好きなセフレにキス&胸を攻められているだけで、自分のアソコがぐちゃぐちゃに濡れているのをわかっていました。

私のそういう体質をセフレはよくわかっているので、手を止める事はなく、リビングで全部服を脱がされてベッドにつれていかれました。

濡れ濡れで言いなりの私に興奮したのか、セフレはもうカチカチに勃起していて、私をベッドに座らせるなり強引に頭を押さえてフェラを要求してきました。

セフレがこんなに勃起してくれているのが嬉しくて、コンビニ行ってる連れサン達の事はもうどうでもよくなって、夢中でフェラを始めてしまいました。

そのうち連れサン達が帰ってきて、「マジで~?」ってニヤニヤしながら服を脱いでベッドにきました。

こんな状況でも、セフレの手前、他の人としてもいいのかわからずにセフレを見つめると、セフレは

「○○いいよね?みんな○○で気持ち良くなりたいって。させてあげる?」
って優しく言われ、私は頷きました。

そのあとはもう夢中でよく覚えていません。

ただ、節目節目にセフレが私に「○○、コイツのもフェラしてあげる?」とか「○○、アイツにいれさせてあげてもいい?」

とか優しく確認してくるのが(自分が言えば私が断れないのをわかっていて)嬉しくて、そのたびに頷いてました。

結局フェラしたり、誰かが入れてもイかずに抜いて攻めてきたりフェラされたりして、常に誰かのが入ってる状況でした。

連れサン達はセフレに気を遣ってゴムあり、セフレだけは生。
セフレが「俺は最後にイかせてね」って言っていました。

セフレがイく時、他の人達が「顔に出したのが見たい」と言い出して、セフレが「○○、俺も口と顔に出したいな。いい?」と言ったので頷くと、顔射されました。

そのままセフレのをお掃除フェラして終わりました。

終わったあと、連れサンは気を遣ってくれたのかベッドに二人きりにしてくれて、
セフレが腕枕で「○○は最高にエロくて俺の自慢だよ」ってキスしてくれました。

こんな感じです。

セフレがセックスの最中に他の人に、「この子ホントに気持ちいいだろ?」とか「めちゃくちゃ濡れるだろー?」とか嬉しそうに言うのが、

なんか自分のおもちゃを自慢してるみたいな感じで…それが嬉しかった。

私やっぱり異常ですね。


複数プレイに関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報