(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

未亡人に関連する告白体験談一覧 - 1ページ目

セックス体験、年上の未亡人と病室で中出し

0
  私が病院に入院してた時期、その頃16歳年上の未亡人三枝子と不倫の関係を持ってました。私が入院する前に電話をしたのですが、入院して落ち着き電話をすると顔を見たいといい、場所を教えたのです。そのすぐ日の午後だったかな、三枝子がやってきました。 目にうっすらと涙があったのが解りました。病室は私一人で、個室ではないのですが、看護師さんに聞いたら、来週手術がいくつかあり、入院予定があり今週はないと...

セフレ、若い未亡人に生で挿れて中出しを懇願させます

0
少し前まで定期的に会っていた未亡人との話です。7年前とあるSNSで知り合った秋頃は旦那さんを不慮の事故で亡くし色々と大変な時期でした。旦那さんは自営をしており財務処理に四苦八苦している中、色々とアドバイスしているうちに仲良くなりました。財務処理もひと段落した年末、彼女からお礼の食事に誘われました。それから頻繁に会うようになり、年明けの連休に結ばれました。それから数年関係が続き、彼女が子供達を学校に送っ...

淫乱未亡人、ペニスを取り替え自由自在に操って

0
 未亡人って、男の人は特別な目で見てるのね。それって、第一に独身であること。第二にセックスの経験を積んでいること。したがって肉体が熟れていること。つまり、男を喜ばせるテクニックにも通じていると思うわけね。 こんなこと書きだしたのは、あたしが未亡人だからです。そして、そんな男の目に、いつも見られているからなのです。あら、ウヌボレかしら。それはともかく、亡夫と結婚したのが三年ちょっと前、二人とも同じ会...

息子の友人との子どもを産みます年の差はあるけど幸せです。

0
 それまでの数年間、私は女を忘れ、捨てていました・・彼に出会うまでは。夫と別れ、一人息子を何とか大学に行かせ、酪農に進みたいと北海道へ。手が離れてからも、引越しをして、日々の暮らしに明け暮れていました。たまたまなんです・・彼を好きになったのも。たまたまなんです・・彼が私を好きになったのも。 車を買い替え、その時の担当者が彼でした。どこかで聞いた名前・・思い出せない日々でしたが、彼の方から私のことを...

人生の師匠で愛人

0
私が30代後半の若かりしころの話である。そのころの私は結婚はしていたものの女好きで常に相手を探していた。結婚して10年になっても、妻との夜の生活も週三回はあった。実際には相手が変われば毎日でもよかった。それほどにセックスに対しては、ある意味貪欲だったし自信もあった。但し、相手に求めるものは、ずばりセックスしかなかった。しかし、お金で相手をする商売女や水商売の女性には手を出すことはなかった。常に、素...

同じマンションに住む未亡人の30歳とのエッチ体験

0
ピアノメーカーの営業マンとして出発した頃、当時ワタクシは電車通勤をしておりました。大体、朝同じ時刻の電車に乗るのですが、通勤途中の密かな楽しみのひとつが同じマンションの10階に住むIさんの奥さんと一緒の通勤時間でした。Iさんの奥さんは美砂さんと言う名で女優の池上季美子にそっくりさん(30歳)の美人です。このご夫婦とは前年、町内会のソフトボール大会で一緒になり朝晩挨拶を交わすようになっていました。とても...

温泉宿の若未亡人との混浴セックスしまくり体験

0
ちょっと俺の体験も聞いてくれよ。俺は19歳から働き始めたんだけど、キツイ仕事でさ。休みも日月各週だった。4月から半年働いて、いい加減疲れたので、温泉でも行こうと思った。山奥まで電車で行ってひなびた温泉宿を捜したんだけど、行ったのは日曜だからなかなか見つからない。夕方になってようやく素泊まりで泊めてもらえるところが見つかった。そこは、ほとんど民宿のような小さな宿だった。早漏改善!イカせてから イキた...

セックスレスの出来たての未亡人を誘惑2

0
「だめだよ、先にしよう」 ゆったりと風呂につかり、美子が気変わりするのを、私は恐れた。「そうね、脱ぎますわ」 さすがにそういう言葉には恥じらいがあった。 全裸になるのは男の私のほうが早い。 美子はブラジャーのホックをはずしている。両手を上げているから股間に食い込んだレースのパンティが、太腿をよじり合わしていても、中央部が濡れているのがわかる。「じろじろ見ないで」「濡れているのが恥ずかしいんだ」「そ...

セックスレスの出来たての未亡人を誘惑1

0
私の住むマンションで、葬式があった。すなわち、後家が一人、誕生したのだ。 後家は大谷美子(39歳)で、喪服が見るからに哀しげだった。 マンションの住人として葬式に参列した私は、しずしず歩む美子の後ろ姿に、女盛りの色気を感じた。 葬式が終わってからも、美子とはよく顔を合わすが、挨拶を丁寧に返してよこす程度だった。 そうなると、なおさら、美子とのSEXを思い描いて、私はオナニーに耽った。 美子の新聞受...

体験談系サイトの更新情報