FC2ブログ

Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



近親相姦、愛する息子と結ばれた充実感

408-12782.jpg 

  私は、42歳のの女性です。大学に入って地方に出て行った息子の裕也(現在20歳)と同時に、主人の転勤が重なって、一人暮らしになりました。
時折帰って来る息子の、お風呂上りの上半身裸の背中を見ていると、立派に成長してくれて、今では主人よりも大きくなった息子を見て、嬉しく思っていました。
ある日、運転が出来ない私を、郊外のモールにお買い物に連れて行ってくれた裕也とのことです。
休憩して、フードコートの隅のテーブル席で、コーヒーを飲みました。
二人の他愛もない話が途切れた時でした。
「俺は、母さんのことを、一人の女として見ているよ。綺麗だし、はっきり言って好きなんだ。
この気持ちは、もう隠せないし、伝えたかったんだ・・・」
そんな告白を、裕也から受けた私でした。
それも、周りには多くの家族連れの人達がいるフードコートの席でした。
びっくりしましたが、好きだと言ってもらえるのは、いくら息子からだと言っても、恥ずかしいけれど、嬉しかったのが正直な気持ちでした。

続きを読む

泥酔した派遣の子をラブホに連れ込みセックス

918-2-0757.jpg 

  初めまして。俺の体験談です。4年ほど前ですが、会社の派遣の
女の子を送り狼した時の話です。
4月に派遣の子が入ってきて、スタイルは決して
良くなかったのですが、喰えそうな感じがして
ずっと目をつけていました。
早速、歓迎会が行われたのですが、その子は
非常に酒に弱く、段々目が据わってきました。
その時は狼の気持ちはありませんでしたが、
所長代理である為に、自宅近くまで電車で送る事となりました。
電車の中は多少混んでいましたが、始発駅の為に
ロングシートに二人で座る事となりましたが、
もう既にその子は泥酔状態で寝てしまいました。

続きを読む

初体験は憧れの美人教師に食べられた

 11234-0456.jpg 

高校時代に、当時20才ちょっと過ぎ位の、
超美人教師がいて、俺とかグループでからかったりしてた。
俺は、すっごい彼女のことが好きで、
毎日昼休みとか話しに行ってた。
それで、今度みんなで飲み会(?)みたいなのをしよう、
ってことになった。
俺は、結構飲んでたけど、あんまり酔えなくてぼーーっとしてたら、
何か、他の男子がその教師に手を出してて、何だかむかついて、ガンたれてたら、その女教師が友達のこれまたカナーリ可愛い教師に、
「○○君ってかわい~。食べちゃおっかぁ。」
とか言ってるのが微かに聞こえた。
俺は、童貞だったしかなり興奮してて、
ずーーっとその先生のこと見つめてたら、
その先生がいきなり俺の隣に座ってきた。
他の男子とかは、酔ってて気付かなかったか、
分からないが結構妖しい感じだった。

続きを読む

卒業パーティーから先生とホテルでSEX童貞卒業

img2-0579.jpg 

  高校の卒業式から数日後の春休み、仲の良かった男女数人で
簡単な卒業パーティーを開くことにした。
担任は嫌な奴だったので代わりに副担任の奈津実先生を呼ぶことにした。
奈津実先生は当時25歳の独身で生徒から「なっちゃん先生と」呼ばれ
友達のようなお姉さんのような親しみやすい気さくな先生だった。
パーティーの店は飲み屋なんだけど僕は下戸なので
親父の車を借りて乗って行くことにした(若葉マーク)
面子は男が僕を含めて4人、女の子も4人と奈津子先生の計9人で
みんな高校の3年間は仲が良く、一緒に遊んだ友達だ。
この面子の中からカップルになった奴は一人もいないのが不思議なんだけど
それだけ真面目(?)な友達付き合いだったんだと思う。
「卒業と新しい進路を祝して・・・かんぱーい!」みんなでビールを飲んだ。
でも僕はコップ一杯で気分が悪くなるほどの下戸なのでちょっと淋しかった。

続きを読む

放課後の教室で初めての立ちバックで興奮して

 kyousitukijyoui.jpg 

先週、私は週番で放課後一人で教室に残り日誌を書いていました。
しかもその日私は学校週番という当番に当たっていて校舎中の教室の鍵の点検をしなきゃならなくて、その点検を終えた後に日誌を書いていたので時間はもう午後五時を回ろうとしていました。
週番の相方は校舎点検が終わった後そっこー帰りやがった・・・orz
 
 
 
そんで一人で日誌書いてると突然教室の扉が開きました。この時間になると学校に残っている生徒は大概部活中か何かなので、こんな時間に誰だよと思い、扉の方に視線を向けるとすでにもう帰ったはずの彼氏が立っていました。
「なんでいるの?」驚いてそう尋ねると「いや、忘れ物した」と言って私の所までツカツカ歩いて来ました。「まだやってんの?大変だねw頑張ってw」と日誌を覗きながら笑って言う。
そして自分の席の体育着の入った袋を取り、帰ろうとしたので「へー手伝ってくれないんだーまじ冷たいねー」と嫌味を言ってやりました。

続きを読む

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.